サイト内の情報をキーワードで検索
私たちは愛知の子育てを応援しています!
  • 名古屋おやこセンターバナー
  • らららルーム


あなたの興味や得意なことを生かして情報発信しませんか?
子育てナビゲーターの登録はこちらへ
もどる   子育て情報案内人ブログ
愛知県内各地の子育てナビゲーターたちが、地域でのイベント、おススメの遊び場やお店、本やおもちゃの紹介、子育てや暮らし、食に関する話題など、子育て中のママ・パパに役立つ情報をブログ形式で発信します。
下の一覧からテーマを絞って読むことができます。


2007/10/24
執筆者: みわ@海部 (8:50 pm)
誘われて、講座に飛び入りしてきました。

以下、一部要約です。

「家庭でする、モンテッソリー教育」とは?

「自由に遊ぶ」→「選んだことを繰り返しする」→「繰り返しながら集中する」→「完了感・充実感・達成感をもって終了する」

 ● 子供は行動をパターン化させることで、自分の世界を守ろう   とする。
   従って、変化に富む日常は欲していない。
   一日をスケジュール化して、それに基づいて生活する。
   例えば、おもちゃの片づけも、分類・整理をしておこなう    (ごちゃ混ぜは駄目!)
   物がいつも決まった場所にあること。
   
   
 ● 親は子供の行動の先回りはせず、子供サイズのお手ふき、椅   子、テーブルなどを用意することで
   子供が自らの力でやり遂げる、手伝いをする。

   子供が、どこで躓いているのか、今、どの発達段階にあるの   かを、踏まえた上で、子供の状態にあわせて、手本となるも   のを理解するまで繰り返し、見せて   やる。

 ● 何事も、「初めに模倣ありき」。子供は遊びを通じて、親ま   たは周囲の人々の模倣をすることで身につけていく。(スポ   ーツや芸術と一緒ですね〜)


 敏感期(0歳〜3歳)と呼ばれる、時期に、「自分でやりたい」とう意欲を伸ばしてあげること

 
 
 クーヨンという、育児雑誌にも、簡単に説明されて分かりやすい と思います。

  参考文献
 「ママ、一人でするのを手伝ってね」 相良 敦子 講談社
 「幼児期には二度チャンスがある」  同上


 個人的には、分類・整理の好きな親でないと、忠実に実行するのは難しいと思います。
ものが、常に定められた場所にあり、使ったら元に戻す習慣が・・ですね。

 まあ、食育と同じで、自分のうちに合いそうな部分を取り入れればいいかと・・
親の、ストレスにならない育児が、一番!!


 今日の講師は、名古屋おやこセンター 副理事長の、竹内 由美さんでした。
2007/10/03
テーマ: その他 : 
執筆者: みわ@海部 (12:40 pm)
エンジェルネットみわでシュタイナーの講座を企画した1年生と年長の娘をもつママです。

シュタイナーと出会ったのは本なんですが、シュタイナー学校に通った子どもの手記でした。
「学校がこんなに楽しくていいのかな」というその子の言葉がとっても印象的でした。

本来、学校や幼稚園って楽しいものなのに何でこんな苦労して通わなくちゃ行けないの〜と言うのが私の学校の印象だったので、目から鱗。

何冊か本を読むうちに子育てにもいかせることがたくさんあることが分かり、自分にあったできそうなことをしています。
子どもの不可解な行動が、実はこんな意味があったのかと知るとちょっと気が楽になったりして。

今回、機会に恵まれ、ドイツまでシュタイナー教育を勉強されに行った先生をお呼びし、講座を開くことができました。
私的には念願だったので、すご〜くうれしかったです。

今更、勉強なんてこりごりという人も多いと思いますが、子供を持った今だからこそ理解できることもいっぱいあります。何年か先、自分の子がどんな風になっているか想像もつきませんが、あの時学んだことが意外と役に立ってるじゃんなんて言えたらいいな。

エンジェルネットみわでは、これからも賢い親になるためにいろいろな講座を企画しています。特に美和町にお住まいの方、広報に入ってくる「にくじゃが」は要チェックですよ〜!
2007/09/22
執筆者: みわ@海部 (3:10 pm)
9月13日、木曜日七宝町と合同でシュタイナーについて学ぼうという企画があり、行ってきました。


講師の先生は日本でシュタイナーの学校の先生をされている方で、小学生の女子のお父さんでもあり、幼児期の子供とのかかわり方というテーマで身近なエピーソードもまじえて気さくにお話ししてくださり、あっというまの一時間半でした。


シュタイナーって?と言う方のために私が聞いて印象深かった事を少しお話しますね。


「意志」を育てるのが重要で、それは体を動かすことで備わり、子供達は模倣をして成長するということ。

それゆえ、周りの大人がどうしているのかがとても関係しているということでした。


それともうひとつ。
自分で考えてみなさい。っていう言葉。
これって年長サンくらいになってくると親が子供に言ったりするようになると思うのですが・・・私も言ってました・・・
思考は記憶と想像力からなっていて、この一言は記憶の方をたどる事になり、想像をしぼませてしまうというお話でした。
自主性をもってほしいと思いいいがちですけどねーー。

ちなみに想像力を育てるには絵本を読むことがいいですって。
想像力は、いろんなことにとても大事ですよね。
こうしたら、相手はどんな気持ちがするのか、また夢を実現するにも想像力はないといけないし・・・
他には生活の中で静と動をきちんと作るととてもいいよなど、時期にあった環境や接し方を聞く事ができました。


時間の関係上、ほんの一部でまだまだが奥深いぞ、シュタイナーという感じでした。

美和図書館に、シュタイナーの関連本をまとめてあるそうです。なので興味のある方はどうぞ。

私、2冊読みましたが、むずかしかったです〜。
2007/08/31
テーマ: その他 : 
執筆者: みわ@海部 (9:40 am)
絵本を自分でつくろう!とう企画です。

私も、準備のお手伝いに、少し行って来ました。

厚紙に布や紙を張ったり、シール、ラミネート、

イラスト素材の準備などもあったので、

思いのほか、準備に時間がかかったようです。

当日は、下の子が具合を悪くし、

行ったものの、すぐにドロップ・アウト。

サンプルに、とうちで作ったものが写真です。

中の台紙に、好きなように描いたり貼ったりしてもらいました。

東海テレビの方が、取材に見え、

なんと、その様子が、9月25日午前10:55〜11:10の

家庭教育テレビ放送番組として、紹介される予定です。
2007/08/09
テーマ: その他 : 
執筆者: みわ@海部 (8:30 pm)
今月のおやこふれあい広場は「世界で一つだけの絵本をつくろう」という企画です。
が、絵本の作り方をしらないスタッフばかりで、どうやって作るか四苦八苦
先月、打ち合わせをしたのですが全く話が進まず、昨日また集まり、ようやく絵本を形ができあがりました。
本の紙の材質やストーリー、使用する絵など何もない状態で作り上げるのは本当に大変です。
世界で一つだけということなので、絵本の最後にこどもの手形を入れることにしました。
20日に準備の打ち合わせをして、29日に広場が開かれます。
今回は申し込み制で、すでに定員はいっぱいになりました。
参加者の方々に満足してもらえる絵本ができるよう、スタッフ一同頑張ります!!
2007/07/12
執筆者: みわ@海部 (9:30 pm)
先日7月11日は、名古屋短期大学保育科の、小川雄二先生を招いての、講演でした。
この講座は去年も受講していて、
また、内容もほぼ、同じですが、こちらの子供も成長し、
畑に晩ご飯のお手伝い、とやってくれるようになっていたので、
また、新鮮な気持ちで聞くことが出来ました。

 要約すると、

 …ご飯を食べる
◆〜畤押A甬きをする
 お手伝い、畑など、生産・調理等のプロセスに子供も参加させる。
ぁ/卓は「家族の憩いの場」たるべき。楽しい時間をもつ。
ァ〃いな物を無理に食べさせるのではなく、楽しく食べる中で、食事に対する
  「プラスの情報(記憶)」を増やしていくことで、食べられるものが増えていく
  ことが、好ましい。

 ま、こんなところでした。
興味のある方は、あちこちで講演をしていらっしゃる方のようですので、
聴きに行くのも、いいかと思います。

 小川 雄二 先生について
 → http://www.ruralnet.or.jp/ouen/meibo/034.html
2007/07/08
執筆者: みわ@海部 (11:10 pm)
先週緊急サポートスタッフ養成講座があったので行ってきました。
全10回で私は5回のみ(赤ちゃんが熱をだしてしまったのでいけなくなりました)だったのですがとても勉強になりました。

緊急サポートネットワーク「あいちこどもケア たすかる」は、地域の人や団体のネットワークにより、病児、病後児、夜間などの緊急時をサポートする事業で地域で子育てを支えあうしくみづくりを目指しているものです。

大事な会議があるのに子供が熱を出したと保育園から電話が・・・
お兄ちゃんが入院。下の子どうしよう。
急な出張や残業が・・・

こんな緊急時に地域の人材を活かして子供を一時預かりするのです。
この一時預かりをサポートする緊急サポートスタッフを募集しておりこの養成講座がひらかれたのですが、参加者は年齢層も色々、下は30歳、上は定年後介護施設でボランティアをされている方もいました。

みんな真剣に話を聞き、緊急時の蘇生方法を人形を使って実践したり、子供のかぜ学、看護の知識と実践などすぐに役立つものばかりの貴重なお話をたくさん聞く事が出来ました。
 
今政府は、子育て支援に力をいれます!!働くお母さんを応援しますと言っていますが、今まで受け皿がない!!!実際には子供が病気した場合、そんなずっと仕事休んで迷惑かけられないし、やっぱり子育てと仕事の両立は無理!!という側面が多いです。
この仕組みがもっとひろがって備える親、子育ち、子育てを支える地域のつながりができていけばいいなぁと思います。

私も以前正社員でフルタイムで仕事をしていましたが、そのときにこのシステムがあったらよかったのになぁ・・・と思います。

働くお母さん、このシステムを利用してみませんか。
ぜひ!!というかたは安心して子供を預けるために事前登録が必要です。
今なら登録料・会費は無料です。
連絡先は下記です。
ぜひどうぞーーーーー

あいちこどもケア たすかる本部
052-588-9770
電話受付8時〜20時(土日祝、年末年始は休み)
登録はこちらになります。
2007/07/06
執筆者: みわ@海部 (10:00 pm)
今月2日から美和町で保育サポーター養成講座が開催されています。全6回の講座でこの講座をすべて受講された方は21世紀職業財団から保育サポーターの認定証がいただけます。
今日は2回目の講座「コミュニケーション学」でした。チャイルドラインあいちの方を講師でお招きして、2時間コミュニケーションについてのお話と体験でした。
悩んでいる人に対しての声かけの仕方や「相手の話を聞く」ということの難しさを学びました。
この講座では来週7月11日に公開講座で「子どもの心と身体を育てる食育」があります。時間は10時〜12時。場所は美和町文化会館2階多目的ホールで、定員にまだ余裕があるので、興味のある方は是非ご参加下さい。
事前要申込み:参加費200円(託児有、子ども一人500円)
       美和町公民館にて受付中 052-442-2261
2007/07/05
執筆者: みわ@海部 (10:30 pm)
このスタッフ養成講座があったのでいってきました〜

病児、病後児、夜間などの緊急時に地域の人や団体のネットワークにより子供を預かるというものです。

こんな仕組みがひろがっていくといいですよねーーー

詳しくは子育情報意見交換所に詳しく書きました。

興味のある方は読んでみてくださいね

2007/06/28
執筆者: みわ@海部 (11:20 am)
夏本番になってきましたね。田んぼを泳ぐオタマジャクシがうらやましくさえ思えてしまうこの暑さ!

小1と年長の娘をがいるのんびりママが、海部郡付近で子どもと楽しく水遊びの出来る場所を紹介しま〜す!

戸田川緑地
ここは小さい子でも安心してちゃぷちゃぷ出来ます。小さな池になっていて、ふじさんを見立てたような山が池の中にあって、そこから滑って楽しむことが出来ます。体育館もあるので疲れたら涼む場も。他にも遊具やデイキャンプが出来る場所もあるとか。

稲沢公園
小さな人工の川になってます。木陰もあってとってもゆったり過ごせます。遊具などは何もないけど大きな芝生広場があります。(木に毛虫がいることもあるので気をつけてね)ひからびそうになったら荻須高徳美術館で芸術に浸りながら涼んでから帰るのもちょっといいかも。すぐそばにログハウスのアットホームな喫茶店もありますよ。

次はかなり穴場。アウトドアー派の方にはもってこい!

木曽川
津島神社の前の道を立田方面にひたすら走ると堤防にあがれます。結構、河川敷に車がたくさん降りていて、シジミを捕ったり川遊びをしています。日よけになるものを持って行くといいかな。水は透明で砂地になっているので、とても気持ちがいいよ。
でも川(急に深くなっているところもあるかも)だから、お子さ
んからは目を離さないで気をつけてね!
祖父江の方にも木曽三川公園があって、川遊びやデイキャンプを楽しめます!

多度峡
多度神社の麓にある天然プールです。水はかなり冷たいです。森林浴をしながら、日頃の疲れをいやしてみてはどうでしょう。夏場は駐車場の場所によっては、料金がいります。300円から500円くらいです。私は4人のママ友と行って、ござ席を借りました。(1日1000円くらいだったと思うけど)みんなで割れば安いし、交代で子どもを見て、日頃の疲れをいやした覚えがあります。ハイキングコース(往復7キロ)や登山コース(結構山道)もあるので、挑戦してみてください。頂上まで登り切ったとき、子どもが一回り大きくなったような、いい達成感がありました。運がいいとお猿にもであえるよ(野生だからちょっと怖いい?)近くに足湯もあります。

まだまだ紹介したいスポットがありますが、今日はこれくらいで!
まちにまった夏休み!子どもが親に付き合って遊んでくれるのは今のうち!素敵な夏休みを過ごしてくださね!
2007/06/22
執筆者: みわ@海部 (2:30 pm)
6月13日、スリングの使い方講習会が美和町であり、行って来ました。
私にも今6カ月の女の子がおり、まさに今、大活躍です。
生まれる前に作り方講習があったのでそこで作ったのですが、使い方は自己流。
これでいいの?あれ、嫌がるし苦しいのかな?という感じで最初の頃は全然つかえませんでした。
首もすわり、少し落ち着いた頃から使い始めましたが、はっきり知りたくて今回講習に参加。
ざっと何人かな・・・30組くらい?もっとかな・・・すごい人数の参加で大盛況。
和室で先生指導のもとみんなで習いました。
個別にも教えてくれ、後ろ抱き等も覚えました。
やっぱり基本を実践で教えてもらうのは違いますね〜〜。実感しました。
もっと早く講習うけたらよかったなぁ。これからは、出来ない人がいたら直接教えてあげたいです。
私は毎日スリング使ってます。まだ知らないお母さん、家事、育児がずいぶんやりやすくなると思います。ぜひ実践してみてくださいネ〜。
2007/06/11
執筆者: みわ@海部 (9:30 pm)
今日は美和町子育てサロン企画の「スリング作り」第二回が開催されました。今日は午後からということもあって、参加者は4人。みなさんこども(赤ちゃん)を連れてで、お昼ねの時間と重なって泣いている子が多かったです。それでも、みなさん頑張って作成し、早い人は2時間もかからずに完成!満足をして帰られました。
明後日は、作ったスリングを使ってスリングの使い方講習会が開催されます。
2007/06/09
テーマ: その他 : 
執筆者: みわ@海部 (10:00 pm)
第一に、親が行きたい!
平日に一人で行ってもいいのだけれど
未就学児は無料であることを考えると、
今のうちから、ドンドン見せたい!

そこで行ってきました、
名古屋市立美術館で開催中の、ダリ展。
昨日、新聞に「5月22日の開催以来、
5万人を突破した」
と書かれていたけれど、
本当に大人気で、平日なのに
混雑していて、
「お待ち頂くこともございます」
の状態だった。


 うちの子は、以前に
小学館のアートブックス(結城昌子著)で
ダリの絵を見ていたので
「燃えるキリン」
「キリンの引き出し」
「唇の香水瓶」
を覚えていて、
「変な絵ばかり〜」
といいつつも、まずまず、楽しめたよう。

 子供にこそ、本物を!です。
本とはまた違った、感動があるようです。
2007/05/30
執筆者: みわ@海部 (9:40 pm)
今日は美和町子育てサロン企画「スリング作り」第1回目を美和町公民館で開催しました。
参加者は10名ほど。ミシンやアイロンは企画者と美和町の婦人会さんたちにお借りして、作成しました。こども連れの方が多かったので、託児と製作の部屋を分けて行いました。
9時から始めて午後1時までの予定が、婦人会の方々のお手伝いのおかげで12時前に終了できました。一人で作ると時間がかかりましが、みんなで作ると早いものですね。みんなさん、完成品に満足されていたようです。
次回、第二回目は6月11日に行う予定です。
2007/05/23
テーマ: その他 : 
執筆者: みわ@海部 (2:40 pm)
美和町子育て支援のサロン企画で、「スリングをつくろう」という企画が来週行われます。
今日はその生地と材料の買出しに、名古屋の大塚屋まで行ってきました。昨年も同じ企画をして好評だったので、今年もやることに。去年、私は参加しなかったのですが、自分でスリングを作ったことがあるので、今年はその企画の参加することに。
生地選びは思った以上に大変で、柄や生地の厚さ、それにお値段と本当に苦労しました。でも、大塚屋は生地の種類が多いですね!!今日は特売日らしく人も多かったですが。
2時間程かけて、5種類の柄を選び、リングも買ってきました。
来週のスリング作りが楽しみです!
2007/05/16
執筆者: みわ@海部 (10:00 pm)
今日は美和町情報ふれあいセンターで親子ふれあい広場を開催しました。今日は「うちわ作り」こどもの写真を撮ってその場でプリントアウトしうちわに貼り付け、オリジナルうちわを作成しました。みんないい笑顔で写真が撮れて、ママ達も我が子の写真が入った世界でたった一つのうちわができて満足そうでした。
うちわを作った後は、風船とうちわで遊んだり、手遊び、絵本の読み聞かせをし、楽しい広場となりました。
2007/05/10
執筆者: みわ@海部 (7:40 pm)
来週、親子ふれあい広場企画で 親子で楽しもう!うちわ作り☆ があるため5/8火曜日の午前中集まり、その準備をした。

準備といいながら、やっぱり女性が5人も集まると話がなかなか本題に入らない・・・

本題に入ってもすぐ脱線・・・それがまた楽しくて という感じでしたが、お昼までには無事終わる事ができました。

当日は、今を残す、世界にひとつだけの素敵なうちわが出来そうです。

製作後は、風船遊びや読み聞かせも行う予定。

交流をふくめ、一緒に楽しめたらなぁと思います。

 
 5/16水曜日 10-12時  情報ふれあいセンター2F 研修室
  参加費は無料。当日受付です。
2007/04/14
テーマ: その他 : 
執筆者: みわ@海部 (12:30 am)
4月11日(水)13時〜16時、美和町から
私たち「エンジェルネットみわ」に
委託されてている事業、
今年度最初の「親子ふれあいサロン」を開催しました。

月に1度しか開かないサロンで、しかも午後。
最初は、本当にお母さんたちが
来てくれるのかなと心配をしていましたが、
反対に、この時間だからこそ、出やすい方も。
今年で3年目になりますが、
乳幼児をお持ちのお母さん(時にはおばあちゃん)たちが、
そこそこ楽しく集ってくださっているようです。

実は、このサロンでは、ひとつだけ来られた方と
テーマを持ってお話をすると言う設定があります。
4月のテーマは、「妊娠がわかったとき」。
どんなことを感じて、何を思ったかをそれぞれ話していただきました。

結果は、一目瞭然。。当たり前と言えば、それまでですが、
おおよそ、「ウレシかった」に軍配があがりました。

ですが、中には、
「どうしようと思った」とおっしゃる方が数人。
なんと、ご主人が子どもなんぞ要らないぞと
豪語しておられたのだそうです。

事情は、さまざまでしょうが、いつの時代も、
子どもは、かわいいもの。
それは、誰かに守ってもらわないと
赤ちゃんは、生きていけないからと
私は、誰かに教えていただきました。

実は、子どもが要らないとおっしゃっていた当のご主人たち。
子どもが生まれるや否や、目に入れても痛くないほど、
わが子を可愛がられているのだとか。
私の勝手な思い込みかもしれませんが、
子どもを持つまでのご主人は、
子どもと接するとか、赤ん坊を間近で見る
その経験が、なかったのかもしれないと思いました。

そして、経済的、精神的マイナス面を考えてしまう。
それが、子どもが欲しくない、
今のままでいたいにつながったのかもしれません。

「親になる」のは、
自分の一生を左右する一大イベントです。

それでも、子どもがいて良かったと
私は、大きな声で言えます。
子どもは、私にとっての最高の教師。
子どもが教えてくれることは、
それまで自分が一人学んで来たことより、
ずっとずっと多くて、学校の授業なんかでは学べない、
楽しく辛く、スバラシイものです。

もし、事情が許すのであれば、ぜひぜひ、多くの方に
そんな子育ての喜びと辛さと
その醍醐味を味わっていただきたいと思うのです。

次回のサロンは、5月9日水曜日13時〜16時、
美和町公民館の和室で開催します。
2007/03/31
テーマ: その他 : 
執筆者: みわ@海部 (9:40 pm)
「子供と向き合う時間」の大切さって、あちこちで聞きます。
心には留めているのですけれど、現実には、朝から家事に追われて、自分のやりたいことも少しは入れて・・というと、あまりない。
 けれども、その合間、細切れのような時間に、
本を読んであげたり、折り紙をやったり、
そんなことだけでも、子供が嬉しいそうにしている・・・
全てはやってあげられなくとも、出来ることだけでもいいんじゃないかと思うようになりました。
2007/03/21
執筆者: みわ@海部 (11:20 am)
先日、大好評だったベビーサイン講習会です。

2回目は3月29日(木)10時から正則コミュニティーで行います。*22日は中止になりました。
まだまだ募集!詳しくは前のページを見てね!
2007/03/20
テーマ: その他 : 
執筆者: みわ@海部 (8:30 pm)
ベビーマッサージの講座を持ちたいとあるママから。
オイルを使って、赤ちゃんをすりすりしてあげるようです。

年がわかっちゃうけど、私たちが子育てをしているときには、
聞いたこともなかった言葉かも。
これも、ひとつの親子コミュニケーションなのでしょうか。
この7月くらいに、美和町で、実施できるのではないかと思っています。
もちろん、お母さん企画です。お楽しみに。。
2007/03/14
執筆者: みわ@海部 (9:20 pm)
今日、美和町篠田防災センターで親子ふれあい広場・モンテッソリー体験が開催されました。名古屋おやこセンターの竹内由美さんを講師に呼んで、40組近い親子連れがモンテッソリーの体験をしました。2時間弱の短い時間にモンテッソリーのお話と体験は充分でなかったのですが、みなさん熱心にお話を聴かれていました。普段の生活の中で秩序を学び、より良い生活習慣をつけるためにはどうしたらいいのか、とても勉強になるお話でした。これをきっかけにモンテッソリーが一般家庭にも取り入れられればいいな〜と思いました。
2007/03/07
テーマ: その他 : 
執筆者: みわ@海部 (9:50 pm)
ベビーサイン、といえば・・・
そういうものがあると気づいたのは、下の子が2歳になった頃だったので、 「そ〜いうものもあるんだ!」と驚いた。
私自身は、言葉プラス勝手なボディランゲージで、子供と接していたけれど、それで十分だったみたい。
要は、方式に拘らなくとも、赤ちゃんとお母さんが意思疎通できればいいんじゃないかな?

ともあれ、その乳児時代のコミュニケーションが良かったのか?言葉が出るのも、語彙が増えるのも、上も下も早く、特に下の子は随分沢山覚えてくれているよ。
 勿論、絵本も大好き♪
2007/03/06
執筆者: みわ@海部 (11:00 pm)
美和町高民間事業・親子ふれあいサロン企画として、「ベビーサイン講習会」を開催します。

3月9日(金)10時〜12時 美和町文化会館2F多目的ホール
 1才半までのお子さんをお持ちの初心者向け
3月29日(木)10時〜12時 正則コミュニティセンター1F和室
 お子さんの年齢不問

■参加費:各回500円
■定員:各回25組
■お申込・お問合せ:岩山 TEL/090-4858-2464
■申し込み人数が少ない場合は、中止になる場合もあります
■キャンセルは、3日前まで。それ以降は、半額の250円をいただきます

ベビーサインとは、言葉を話せないお子さんと、手話を使って会話をする方法。身近なところでは、さようならをするときに「バイバイ」と手を振りますよね。これも、ベビーサインのひとつだそうです。

基本は、町内の方のみの参加なのですが、もし、定員に空きがあれば、他町村の方も、受付けます。詳しくは、お問合せください。
2007/03/01
執筆者: みわ@海部 (10:10 am)
美和町の文化の杜で3月3日に開催される「こどもまつり」に私たちエンジェルネットみわも参加します。
お手伝いするのは餅つきです!!
スタッフも子連れでがんばりま〜す
2006/03/20
テーマ: その他 : 
執筆者: みわ@海部 (8:50 pm)
美和町の公民館事業「親子ふれあい広場・モンテッソリーを学ぼう」で、
竹内由美さんに来ていただいたことは、
このブログでも、ご紹介をしました。

そのとき、あるお母さんが由美さんに質問を。
「ここにいると、子どもは、落ち着いて遊んでくれるのですけど、家では、私を追っかけてばかり。
なかなか、一人で遊んでくれなくて」

それに答えて由美さん。
「子どもは、とても敏感で、
お母さんの気持ちをすぐに読み取ってしまう生き物。
ここにいると、お母さんは、必ず自分の横に居てくれるけど、
家だとすぐに用事をしに行ってしまうことが、
わかるからでしょうね」とのこと。

隣で聞いていて、なるほどと納得をしてしまいました。
家事も育児もしなくてはいけないお母さんは、
とても忙しい存在。
相手をしてあげていることもあるけれど、
家にいるときは、いつの間にか、別の方向に
心と身体が向いてしまっているのでしょうか。

だからといって、家にいるすべての時間を
子どもに費やすわけには、いきません。

悩ましいところですが、小さなうちは、
しっかりと遊び、ゆっくり寝かせる、
もしくは、わからないからといって、
黙って消えてしまうのではなく、
ちゃんと言い聞かせてから、
家事に向かうのが、良いのでは?

ただし、自分が、その時代に、
そう言われても、実行は、
できなかったでしょうけどね。

余談ですが、もう、20歳に近いわが子。
家にいるときは、
何かと話を聞いてもらいたがります。
でもって、こうしてブログを書きながら、
うわの空で聞いていると、
「お母さんは、ちゃんと話を聞いてくれない」と
よく怒ります。

子どもは、きっといつまでたっても、子ども。
そして、親は、
いくつになっても、
自分の心を、しっかりと子どもの方に
向けねばならないのでしょう。
ふぅ。。

サイトマッププライバシーポリシー事務局について
あいち・子どもNPOセンターが制作・運営しています
「あい・こどもネット」は愛知県(海部・尾張・名古屋・知多・西三河・東三河)の子育て・子育ち支援情報を収集したサイトです。
copyright「あい・こどもネット」all rights reserved.