サイト内の情報をキーワードで検索
私たちは愛知の子育てを応援しています!
  • 名古屋おやこセンターバナー
  • らららルーム


あなたの興味や得意なことを生かして情報発信しませんか?
子育てナビゲーターの登録はこちらへ
もどる   子育て情報案内人ブログ
愛知県内各地の子育てナビゲーターたちが、地域でのイベント、おススメの遊び場やお店、本やおもちゃの紹介、子育てや暮らし、食に関する話題など、子育て中のママ・パパに役立つ情報をブログ形式で発信します。
下の一覧からテーマを絞って読むことができます。


2007/07/12
執筆者: みわ@海部 (9:30 pm)
先日7月11日は、名古屋短期大学保育科の、小川雄二先生を招いての、講演でした。
この講座は去年も受講していて、
また、内容もほぼ、同じですが、こちらの子供も成長し、
畑に晩ご飯のお手伝い、とやってくれるようになっていたので、
また、新鮮な気持ちで聞くことが出来ました。

 要約すると、

 …ご飯を食べる
◆〜畤押A甬きをする
 お手伝い、畑など、生産・調理等のプロセスに子供も参加させる。
ぁ/卓は「家族の憩いの場」たるべき。楽しい時間をもつ。
ァ〃いな物を無理に食べさせるのではなく、楽しく食べる中で、食事に対する
  「プラスの情報(記憶)」を増やしていくことで、食べられるものが増えていく
  ことが、好ましい。

 ま、こんなところでした。
興味のある方は、あちこちで講演をしていらっしゃる方のようですので、
聴きに行くのも、いいかと思います。

 小川 雄二 先生について
 → http://www.ruralnet.or.jp/ouen/meibo/034.html
2007/07/11
テーマ: その他 : 
執筆者: ようこ@西三河 (10:50 pm)
ある日の買い物。
天気は今にも雨が降りそうな雲行き。
スーパーで買い物をし、車に荷物を積むまでは
よかった。
さあ、カートを返しに行こうとしたら、いきなり大粒の雨が・・・
ザザザザー・・・と降って来た!
夕立である。
何でこんな時に!!と思いながらも、カートを
お店の入り口までビショビショになりながら運んでいった。
夕立が通り過ぎてから車に戻ろうと思ったが
一向に、雨が止まない。
どうしようかな、と思っていたら
お店のアルバイトのお兄さんが
「傘を貸しましょうか?」と声をかけてくれた。
「でも、車に傘を乗せてないので、傘をどうやってお店まで
持って来よう・・・」と言うと
「じゃあ、車まで一緒に行きましょう。」
と言われ、お兄さんのさしてくれている傘に入れさせてもらい、
車までついてきてもらった。
「すみません。ありがとうございました。」
とお礼を言うと
「雨の中、カートを運んできてくださってありがとうございました。
気をつけてお帰りください。」
と爽やかな笑顔で、こちらがお礼を言われてしまった。
なんだか、とっても嬉しくって幸せな気持ちになった。

こんなステキなお兄さんと出会ってしまうと
このお兄さんのご両親はどんな人なんだろうな
きっとステキな人なんだろうな
家の子は、とっさの時
こんなにも自然に笑顔で他人に接することが出来るかな?
とつい、自分の子(自分の子育て)に照らし合わせてしまう。
2007/07/11
執筆者: はんだ@知多 (4:20 pm)
ゆかた を着て、
昔ながらの、地域の手作り夏まつりに行きませんか?

お寺にかこまれた、昔ながらの町並みが残る
紺屋海道(こんやかいどう)で開催されます。
小さな地域ですが、風情があり、ゆかたが似合ういいところです。


子どもも、お母さんも(お父さんも)、ゆかたを着て、
子ども縁日などで、ゆったりと夏の風物詩を楽しまれてはいかがですか?


《日時》 8/4(土) 15:00〜18:00
《ところ》 紺屋海道(半田市堀崎町界隈)
《メイン会場》 摂取院駐車場
《対象》 どなたでも
《駐車場》 ナゴヤハウジングセンター半田会場の駐車場を利用してください。
《備考》 雨天中止
《問合せ》 半田市役所 企画課 0569-21−3111
2007/07/10
執筆者: 樋口@尾張 (2:00 pm)
長久手町文化の家で定期的に行われている ガレリアコンサートはほんとにオススメです

いろんな楽器の生演奏を「かぶりつき」と言えるぐらいの至近距離で堪能できます。観客席もお隣同士が近くて、中には階段に座り込んで聴いていたり、ついつい知らない人同士で「いいですね〜」なんて話になっちゃう。
だいだい月に1回のペースでやっているのですが、いつも大盛況です。
もちろんみなさんプロの演奏家です。そして無料(タダ!)です!

今日は、ハープ、フルート、ビオラの演奏だったのですが、外は雨が降りしきる中(大きなガラス窓から雨が降りしきるのが見えるんです)、しっとりとしたメロディーが奏でられるとほんとに心まで洗われてしまう感じです。

「親子連れも歓迎」とのことですので、ぜひぜひ一度足を運んでみてください。
2007/07/08
執筆者: みわ@海部 (11:10 pm)
先週緊急サポートスタッフ養成講座があったので行ってきました。
全10回で私は5回のみ(赤ちゃんが熱をだしてしまったのでいけなくなりました)だったのですがとても勉強になりました。

緊急サポートネットワーク「あいちこどもケア たすかる」は、地域の人や団体のネットワークにより、病児、病後児、夜間などの緊急時をサポートする事業で地域で子育てを支えあうしくみづくりを目指しているものです。

大事な会議があるのに子供が熱を出したと保育園から電話が・・・
お兄ちゃんが入院。下の子どうしよう。
急な出張や残業が・・・

こんな緊急時に地域の人材を活かして子供を一時預かりするのです。
この一時預かりをサポートする緊急サポートスタッフを募集しておりこの養成講座がひらかれたのですが、参加者は年齢層も色々、下は30歳、上は定年後介護施設でボランティアをされている方もいました。

みんな真剣に話を聞き、緊急時の蘇生方法を人形を使って実践したり、子供のかぜ学、看護の知識と実践などすぐに役立つものばかりの貴重なお話をたくさん聞く事が出来ました。
 
今政府は、子育て支援に力をいれます!!働くお母さんを応援しますと言っていますが、今まで受け皿がない!!!実際には子供が病気した場合、そんなずっと仕事休んで迷惑かけられないし、やっぱり子育てと仕事の両立は無理!!という側面が多いです。
この仕組みがもっとひろがって備える親、子育ち、子育てを支える地域のつながりができていけばいいなぁと思います。

私も以前正社員でフルタイムで仕事をしていましたが、そのときにこのシステムがあったらよかったのになぁ・・・と思います。

働くお母さん、このシステムを利用してみませんか。
ぜひ!!というかたは安心して子供を預けるために事前登録が必要です。
今なら登録料・会費は無料です。
連絡先は下記です。
ぜひどうぞーーーーー

あいちこどもケア たすかる本部
052-588-9770
電話受付8時〜20時(土日祝、年末年始は休み)
登録はこちらになります。
2007/07/07
テーマ: その他 : 
執筆者: 狩野@尾張 (11:00 pm)
2007年7月5日(木)

昨夜から、カンカンに張った左乳房。
昼間から「やばいなぁ・・・」と思ったりしてたんだけれど、三人娘の世話をしていると、自分の事は本当に後回しの後回し。
娘達が寝静まってから、ふと気づくと微熱はあるし、もう自分ではなんともできないとこまできてる感じ。
それでも夜中中、保冷剤で冷やして、いつもより授乳を頑張ってみたりしたんだけれど、やっぱりもうお手上げ状態。

三女を出産した助産院に連絡して、マッサージをしてもらった。
「しっかり乳腺炎なってるよ。病院に行って、薬もらった方がいいかも・・・。あんまり無理しないでね」

と言われつつ、今日は小さな手の座談会。
病院は午後に行くことにして、遅れて参加。

乳腺炎って、結構みんな経験している。
基本はオイルパックと患部の冷却。
面白かったのは、新生児用のオムツを水に浸して凍らせると、ちょうどいい感じの形になり、保冷剤みたいに硬くなくていいらしい。
なるほどね・・・いろいろ考える人がいるもんだわ。

午後、近くの産婦人科で薬を処方してもらう。出されたのは葛根湯。わざわざ子ども3人連れて病院に来なくても、薬屋で充分だったかも。

しかし、これでまたひとつ知識が増えた。

乳腺炎の時は、
・オイルパック(乳首にオイルを塗ってサランラップ)
・冷却(保冷剤、キャベツの葉、紙おむつ等、お好みで・・・)
・葛根湯

もちろん、早めのマッサージも大切です。
2007/07/07
テーマ: その他 : 
執筆者: はんだ@知多 (2:40 pm)





明日は “七夕” ですね!

「子育て総合支援センター」入り口前で見かけた、七夕の笹。



クスっ、と笑顔になるような願い事、
ウチもそうだなぁ〜、と思うような願い事、
解読不可能・・・な願い事(お子さんが書いたかな(^^ゞ、
中には切実な願い事も・・・。



明日の夜は、星空が見られるといいですね♪
2007/07/07
執筆者: 狩野@尾張 (2:40 pm)
いつも「小さな手」がお世話になっている「かわせみ工房さん」の夏の恒例行事トマト収穫祭が今年もあります。

真夏の太陽の下、真っ赤かのトマトを収穫しませんか?
手作りピザ、焼きそば、ホットドッグなども美味しいものがたくさんありますよ!

日 時:7月29日(日)10時〜14時
参加費:大人 1800円
    小学生・学生ボランティア 500円
    幼児 200円
場 所:NPOかわせみ畑 
    名古屋インターから東へ5舛曚鼻淵皀螢灰蹈僉璽の西側)

興味のある方は、メールください。
または「かわせみ工房」へ直接お問い合わせください
2007/07/06
執筆者: みわ@海部 (10:00 pm)
今月2日から美和町で保育サポーター養成講座が開催されています。全6回の講座でこの講座をすべて受講された方は21世紀職業財団から保育サポーターの認定証がいただけます。
今日は2回目の講座「コミュニケーション学」でした。チャイルドラインあいちの方を講師でお招きして、2時間コミュニケーションについてのお話と体験でした。
悩んでいる人に対しての声かけの仕方や「相手の話を聞く」ということの難しさを学びました。
この講座では来週7月11日に公開講座で「子どもの心と身体を育てる食育」があります。時間は10時〜12時。場所は美和町文化会館2階多目的ホールで、定員にまだ余裕があるので、興味のある方は是非ご参加下さい。
事前要申込み:参加費200円(託児有、子ども一人500円)
       美和町公民館にて受付中 052-442-2261
2007/07/06
執筆者: 狩野@尾張 (11:40 am)
2007年7月1日(日)

我が家は、今年で三年目の参加。
毎年、夏の初めに愛知学院大学の体育館で行われるこの運動会。

ノーマライゼーションとは・・・男も女も、赤ちゃんからお年寄りまで、健常者も障害者も、お互いが区別されることなく社会生活を共にする。

名前の通り、社会の縮図のような、いろんな人が体育館という狭い空間に集まって、運動会というひとつのことをするという一日。

例年通り、愛知学院のチアガールのお姉さん達のダンスからはじまり、ボランティアさんの協力やいろんな人々の優しい気持ちで、綱引きなどの4つの競技が行われ、最後はみんなで輪になって「世界にひとつだけの花」を踊って終わりました。

初めて参加した年、何がなんだかわからなくて親から離れずに困った我が家の娘達も、今年は張り切って競技に参加できるようになり、こんなにいろんな人がたくさんいる場所で、普通に楽しんでいるなんて「すごいなぁ」と、素直に嬉しくなったり、ほのぼのしたり。

一年に一度の運動会、いろんな人がいるんだな。
そんなことを、改めて感じることができるのが、大切なのかな、と思っています。
2007/07/05
執筆者: みわ@海部 (10:30 pm)
このスタッフ養成講座があったのでいってきました〜

病児、病後児、夜間などの緊急時に地域の人や団体のネットワークにより子供を預かるというものです。

こんな仕組みがひろがっていくといいですよねーーー

詳しくは子育情報意見交換所に詳しく書きました。

興味のある方は読んでみてくださいね

2007/06/30
執筆者: 鈴木@西三河 (11:40 am)
これから暑くなりますね。
子どもとお散歩中にちょっと涼みたい、
喫茶店に入りたいと思ったことはありませんか?

そんな方におすすめなのがここ『もんもの木』です。
名古屋市千種区の仲田商店街にあるスポット。
子ども向けのカフェメニューはもちろん
子どものおもちゃや絵本、遊べるスペースもあり、
赤ちゃんや子ども連れには心強い憩いの場です。

ランチタイムには日替わりの定食もいただけます。
毎月子どもと楽しめるイベント
(絵本の会、ベビーマッサージ、おもちゃの修理会)なども
豊富に開催されていて、
事前に電話で申し込めば参加することもできます。

詳しくはこちらをご覧ください。


もんもの木HP
2007/06/29
テーマ: その他 : 
執筆者: 鈴木@西三河 (11:30 pm)
名前がつながるなのにインターネットとつながっていない時期があり・・・
失礼しました。


ちょっと落ち込むことがあった日に2歳の娘に「おかあしゃん、やさしいおかおして」といわれました。
鏡や他のおとなの前ではしないような、素の顔を子どもに向けていたのだと思います。
こう考えるとほかの人には失礼で絶対しないような行動を子どもにしてしまっていることを痛感します。
「早くしなさい!!」なんて、怖い顔して・・・遅刻してきた友人にはいいませんもの。

疲れたときは自然の緑の中に意識して入ることを心がけてます。
2007/06/29
執筆者: はんだ@知多 (5:30 pm)






講座の紹介をひとつ紹介します。

子どものことを学び、
同じ年頃のお子さんを持つお母さんに出会える場でもあります。

全5回講座の内、3回が託児つきです!


只今、申込み受付中です!
(定員になり次第締切)

お子さんの年齢が講座対象年齢に、ピタリ!の方、
ぜひ、どうぞ!



<講座名>
「第2回 幼児学級」
<内容>
1歳から大切にしたいことを柱に、子どもの育ちと親のかかわりについて学びます。
健康、食、子育ての講座や、親子遊びや音楽を通して親子で楽しむ講座などがあり、
また親子同士の交流などもあります。
<対象>
半田市内在住の第1子で、申し込み時に、満1歳〜1歳8ヶ月に達しているお子さんとその母(父)
<日にち>
7/13(金) 7/18(水) 8/1(水) 8/8(水) 8/19(日)
<時間>
10時〜11時30分
<受講料>
無料
<託児>
第1回〜3回は託児があり(無料)。第4.5回は親子での参加(託児なし)です。
<申込み>
6/26より電話又は窓口にて受付。0569-22-4188
必ず受講者本人が申込みをしてください。先着15名

■詳しくはこちら
「半田市子育て総合支援センター はんだっこ」
2007/06/29
テーマ: その他 : 
執筆者: 定行@尾張 (12:30 pm)
子育て講座から、できたてのほやほや育児サークル誕生!
子育て講座の感想は、
・初めての託児体験が印象的。預けるだけでなく、預かる体験はその気持ちも理解できた。
・子どものとの遊び方が分かって、さっそく家で実践、パパも。
・お父さん参加のコマに参加してから、夫が育児に協力的になったみたい。
・普段人に話す機会があまりないのですが、講座で自分がこんなに話すのが好きってことを発見!
・皆さんの話って役立ちました。特に2人目3人目のママの知恵は貴重!

こんな講座(ふれあい広場水曜日コース)から生まれたサークル
     ワンワンキッズ
今週発足!子育て期のママ仲間は、育児の強い味方。
サークルを楽しんでくださいね。
2007/06/28
執筆者: 樋口@尾張 (4:10 pm)
長久手町教育委員会とNPO法人はーとねっとの主催する連続講座『思春期のこころ』がスタートし、6月17日(日)に第1回目が開催されました。
この日は愛知学院大学教授江口昇勇先生を講師としてお迎えし、『思春期についての概論』というテーマでお話を伺いました。

テーマを見ると何やらムツカシソウ。。。
でも、江口先生は話の内容がとってもわかりやすく、ユーモアたっぷり。受講者もそれぞれ日頃思ってることや疑問に思っていることを発言できる雰囲気で、あっというまの2時間でした。

内容をかいつまんでご紹介すると。。。

思春期とは
/搬里大人の身体に成長するものの、こころがそれに追いつかなくなる現象
⊃討飽枩を感じてしまい、それがもとで心穏やかでなくなる。
……
などの思春期危機を迎える時期のことなのだそうです。

だから、男の子は母親に、女の子は父親により反抗的な態度が顕著になるのだそう。
ふむふむ ナンか心当たりあるゾ。。。

けれども多くは、同世代の友人関係の中でそのような反抗や嫌悪感を自分だけじゃない当たり前のことと受け止められるようになると自然に乗り越えていけるもの。また、親は性に関して子どもに神聖で大切なものであることを誠実な態度で示さなければならない。これは、ちょっとムズカシイゾ。。。

そして、大事なことは夫婦が仲睦まじくお互いを尊重する姿を家庭内で当たり前に見て育った子どもは基本的に安定しているということ。また、親がありのままの子どもを愛し、子どもを信じているときに子どもは健康に育つということを、江口先生自身の家庭や豊富な事例からわかりやすくお話しいただきました。

出席者は実際に思春期世代の子育てをしている方、学校の先生、児童養護の職員のみなさんなどさまざまな顔ぶれでしたが、それぞれが心に抱えていたもやもやを少しでも晴らせて帰れたらいいな…と思ったのでした〜
2007/06/28
執筆者: みわ@海部 (11:20 am)
夏本番になってきましたね。田んぼを泳ぐオタマジャクシがうらやましくさえ思えてしまうこの暑さ!

小1と年長の娘をがいるのんびりママが、海部郡付近で子どもと楽しく水遊びの出来る場所を紹介しま〜す!

戸田川緑地
ここは小さい子でも安心してちゃぷちゃぷ出来ます。小さな池になっていて、ふじさんを見立てたような山が池の中にあって、そこから滑って楽しむことが出来ます。体育館もあるので疲れたら涼む場も。他にも遊具やデイキャンプが出来る場所もあるとか。

稲沢公園
小さな人工の川になってます。木陰もあってとってもゆったり過ごせます。遊具などは何もないけど大きな芝生広場があります。(木に毛虫がいることもあるので気をつけてね)ひからびそうになったら荻須高徳美術館で芸術に浸りながら涼んでから帰るのもちょっといいかも。すぐそばにログハウスのアットホームな喫茶店もありますよ。

次はかなり穴場。アウトドアー派の方にはもってこい!

木曽川
津島神社の前の道を立田方面にひたすら走ると堤防にあがれます。結構、河川敷に車がたくさん降りていて、シジミを捕ったり川遊びをしています。日よけになるものを持って行くといいかな。水は透明で砂地になっているので、とても気持ちがいいよ。
でも川(急に深くなっているところもあるかも)だから、お子さ
んからは目を離さないで気をつけてね!
祖父江の方にも木曽三川公園があって、川遊びやデイキャンプを楽しめます!

多度峡
多度神社の麓にある天然プールです。水はかなり冷たいです。森林浴をしながら、日頃の疲れをいやしてみてはどうでしょう。夏場は駐車場の場所によっては、料金がいります。300円から500円くらいです。私は4人のママ友と行って、ござ席を借りました。(1日1000円くらいだったと思うけど)みんなで割れば安いし、交代で子どもを見て、日頃の疲れをいやした覚えがあります。ハイキングコース(往復7キロ)や登山コース(結構山道)もあるので、挑戦してみてください。頂上まで登り切ったとき、子どもが一回り大きくなったような、いい達成感がありました。運がいいとお猿にもであえるよ(野生だからちょっと怖いい?)近くに足湯もあります。

まだまだ紹介したいスポットがありますが、今日はこれくらいで!
まちにまった夏休み!子どもが親に付き合って遊んでくれるのは今のうち!素敵な夏休みを過ごしてくださね!
2007/06/25
執筆者: 狩野@尾張 (5:30 pm)
長久手町にある名都美術館(東部丘陵線リニモ杁ヶ池公園駅から徒歩5分)で夏休み向けの企画があります。

<特別展>楽しい森の仲間たち 水野政雄の世界
平成19年7月3日(火)〜8月10日(金)

水野政雄先生と一緒に紙遊び体験もできるイベントもあるみたいですよ。詳細は名都美術館に直接確認してくださいね。
 
夏休み、子どもの五感を刺激する経験もいいですよね。
美術館って子どもと一緒に行きたくても、「騒ぐしなぁ・・・」とか考えてしまってなかなか勇気がいるものですが、こういう企画なら、安心していけそうです。

私も、長い夏休み、一度は必ず行きたい、と思っています。
2007/06/25
執筆者: takepan@名古屋 (1:20 am)
13才〜19才の居場所

今年度から3ヵ年計画で、愛知県がはじめた青少年自立支援モデル事業です。

6月30日瑞穂区堀田商店街通り中央に中高生の居場所として
《TEEN’S SPACE》
がオープンします。

「何をするところか?何が出来るところか?」
それは、そこに来た人が自分で考える所です。
おとなスタッフと大学生スタッフが常駐します。
(大学生の試験中はごめんなさい。)

毎週土曜日午後1時〜4時まで開いています。
もちろん冷暖房完備ですからそこで宿題をやってもOKです。
2007/06/24
テーマ: その他 : 
執筆者: 狩野@尾張 (7:40 am)
長久手町に隣接する瀬戸市北部で、ホタルが観れる、というので夕飯を急いで済まし、「定光寺ほたるの里」に行ってきました。

ホタルは、確かに幻想的にチカチカ光を放ちフワフワと飛ぶ様子は綺麗ではあったけれど・・・。

人がおおすぎっ!!!

週末の夜だし、明日までの短い期間しか観れないし、仕方ないとは思うんだけれど、ここまで多いとは、びっくり。

次から次に車が通るし、足元は暗くて見えないし(明るいとホタルが光らないのですが・・・)、子どもは眠たくなるし。

私の結論:子連れで週末に観にいくのは、あまりオススメしません。
2007/06/23
執筆者: 狩野@尾張 (12:10 am)
2007年6月17日(日)
昨日の農業センターでは満足できなかったようで、今日は牧場へ連れて行って、とリクエスト。
日進市の愛知牧場へ。

4月から一部リニューアルされ、「ふれあい広場」は週末と祝日は有料になった。(協力金、3歳以上200円 平日は無料)。
長女は、動物に餌をあげるのが大好きなので、絶対にはずせない。
餌を購入して、協力金を払って中へ・・・。
羊・ヤギ・ロバ・アヒル・豚・ウサギなど。怖がることなく、手のひらにのせて、はいどうぞ!
以前は、各動物の柵の中に人間が入っていく感じだったけれど、
リニューアル後は、少し動物を柵の外に出しているみたい。動物と近くなった感あり。

そして、いつもここに来ると食べてしまうソフトクリーム。
今は、期間限定で「ぶどう味」があり。結構美味しかった。
春にも同じように、期間限定の「いちご味」があったのだけれど、それはちょっと水っぽくて
普通のバニラの方が正解!なんて思ったけれど、今回はいいかも・・・。一度お試しあれ!

そして、帰り際。
園内にあるお花屋さんの、「イングリッシュラベンダーの鉢植え 500円」を迷った末に買うことに決定。

     長女 :「これください。」
花屋のおじさん:「あかん!、あかん!!」
      私 :「???(500円って書いてあるんですけど・・・)」
花屋のおじさん:「これはかなり腕が無いとこのへんでは育てられへん。
         日本でやったら北海道ぐらいや。
         自信あるんやったら、お金はいらんけど、腕が無いと売られへん。」
      私 :「・・・あきらめます・・・」

前から、変わった地味な花があるなぁ・・・と思っていたら、山野草の専門家さんみたい。
なるほどね、と思った。
今、お店に行くと、おじさんが2年がかりで種から咲かせた、標高2000メートル以上でしか咲かないエーデルワイスをみることができます。お店の隅っこに目立たないように置いてありますよ。
お話好きのおじさんなので、見てみたい人は声をかけてみるといいかも。

絶対に売ってくれないとは思いますけれどね。
2007/06/22
テーマ: その他 : 
執筆者: 狩野@尾張 (11:30 pm)
2007年6月16日(土)午前中

かわせみ畑で、トマトの観察会。
歩く度に、バッタが飛び跳ねる。
実は4月に苗植えの時に、自分の植えた苗に名札をつけたのだが、
強風で飛んでしまい、再度トマトの成長を観察しながら名札をつけることに。

すっかり成長した苗には、緑色のトマトがたわわに・・・。
草取りをお手伝いした後、名札をつけた。
収穫祭が今から楽しみ♪

その後は、秋の芋ほりにむけ、サツマイモの苗植えをお手伝い。
子ども達は、スコップ片手に「これでいいの?」
と、ふと耕した後の土の中に、白くうごめく物を発見。
幼虫が、ゴロゴロ出てきた。
男の子達は、目をキラキラさせて虫かごに土と一緒にお持ち帰り。
さてさて、何になるかな?カブトムシだったら、いいのにね。

ちなみに、我が家の娘たちは、幼虫はちょっと怖いみたい。
とうわけで、ダンゴ虫をお持ち帰り。我が家のペットらしい・・・。

2007年6月16日(土)午後

午前中の観察会で今日のお出かけ終了の気分だったのに、
子ども達の元気は、それではおわまらないみたい。
結局、またおでかけする羽目に・・・。
天白区の名古屋市農業センターへ。
牛や羊などが放牧されている様子が柵の外からみれます。
養鶏所もあり、孵化したての雛の様子がみられます。
小さな人口の川(?)もあり、水遊びが始まったところで時間切れ。
園内、全部見れませんでした・・・
2007/06/22
テーマ: 中高生 : 
執筆者: ようこ@西三河 (6:50 pm)
中二の長女と中一の長男の中間テストが最近を終わった。
長女は学校から帰宅したらすぐ、机に向かうタイプ。
長男は帰宅後、(テスト週間ということもあり、帰宅時間が早い)
ザリガニを近くの用水に捕まえに行ったり、漫画を読んだり・・・
勉強は寝る前に宿題をやるぐらい。
私が長男に
「テスト勉強、しなくていいの?」
というと
「やりすぎると、頭が余計、変になる。」
「あ、そう。お姉ちゃんみたいに長時間やるやり方もあるし、
短い時間で、ギュッと集中ちてやるやり方もあるもんね〜」
「長時間やってもしょうがないし・・・」
と、長男。
でも、二人ともお互いに負けたくないのである。

テストが返されると
長女が
「数学どうだった?国語どうだった?・・・」
と矢継ぎ早に長男に聞くと
「・・・(沈黙)・・・うるさいな〜!」
と、怒った声。
どうやら、結果が良くないらしい。
数日たって、
平均点と自分の点数と学年順位の書いてある通知をもらった。
長女はまずまずの表情。
長男は、夜遅く、
「これ・・・」と通知を見せながら、
号泣した。
次回テスト時の長男の行動が気になる母である。
ふたりともそれぞれのやり方で、がんばれ!
2007/06/22
執筆者: みわ@海部 (2:30 pm)
6月13日、スリングの使い方講習会が美和町であり、行って来ました。
私にも今6カ月の女の子がおり、まさに今、大活躍です。
生まれる前に作り方講習があったのでそこで作ったのですが、使い方は自己流。
これでいいの?あれ、嫌がるし苦しいのかな?という感じで最初の頃は全然つかえませんでした。
首もすわり、少し落ち着いた頃から使い始めましたが、はっきり知りたくて今回講習に参加。
ざっと何人かな・・・30組くらい?もっとかな・・・すごい人数の参加で大盛況。
和室で先生指導のもとみんなで習いました。
個別にも教えてくれ、後ろ抱き等も覚えました。
やっぱり基本を実践で教えてもらうのは違いますね〜〜。実感しました。
もっと早く講習うけたらよかったなぁ。これからは、出来ない人がいたら直接教えてあげたいです。
私は毎日スリング使ってます。まだ知らないお母さん、家事、育児がずいぶんやりやすくなると思います。ぜひ実践してみてくださいネ〜。
2007/06/19
テーマ: その他 : 
執筆者: くろちゃん@名古屋 (2:50 pm)
最近、実現に向け頑張っている事があって、少々忙しい日々を過ごしています。
それは、私の住んでいる名古屋市中区とその近辺の発達障碍児の親御さん、発達が気がかりな親御さんが気軽に交流できる会作りです。


私は3年ほど中区で子育てサロンに関わって親御さんたちも交流してきました。
中区は子どもが少ないし、子育て情報の量も決して多くはないけれど、親御さんのニーズや悩みは変わらないし、少ない地域だからこその悩みもあります。

それは、発達障碍児を持つ親御さんだって同じですよね。
いいえ、もっともっと地域でのネットワークや情報交換が必要な方たちだと思います。

実際、私自身も試行錯誤しながら息子を育てる中で、共感して気軽に話せる場所があればいいなぁ、生の情報を交換できるネットワークがあればいいなぁと思うことはよくありましたし、それは現在進行形です。
区の社協や保健所などの機関への働きかけもしてきました。
ですが、行政の方はなかなか動けないのが現実のようです。

名古屋市内では天白、昭和、最近では瑞穂など続々と保健所さんや社協さんと地域の親御さんが手を合わせて自助的なグループを立ち上げ活躍なさっていますね。
お知り合いの方も入られている会もありまして、見学に伺うと場所の確保や会の維持などそれなりにいろいろな事情はあるそうですが、参加されている親御さんたちは生き生きと活動されています。

そんなこんなで前から暖めていた事を自分のちいさな力でも少しずつ実現していこうと考えました。
もちろん、区の機関への働きかけも続けながら。

何でもやってみなけりゃ始まりませんものね。
まずは、気軽な茶話会からでも。と考えています。
将来はお勉強会や講演会なんかできるといいなぁ。なんて淡い夢も持ちながら。

立ち上げまでいろいろな出来事やトラブル、そして人との出会いもあると思います。
ので、そんな四方山話も少しずつですがこのブログにも書いていきたいと思っています。
皆さん、
「くろちゃんたら、またやんちゃやって(苦笑)」
な〜んて笑いながら、のんびり見守ってやってくださいね。

宜しくお願いいたします。
2007/06/17
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: 犬塚@名古屋 (2:00 pm)
梅雨ですが、この天気の良さはもう夏と言ってもいいでしょう

夏のキャンペーンがもうすぐあいち・こどもネットで始まると言う事で、読書という分野でキャンペーンに参加したいと思います。

梅雨の外に出られない時、暑すぎて外に出たくない時に、読書はいかがでしょうか?


ご紹介する本は、一応年齢や対象者というものはありますが、長く本棚に置いてもらえるんじゃないかな?と思うものです。


本の感想も、読んだ人、読んだ時期によってそれぞれでしょう。
親子一緒に読んだり読み聞かせ、微笑ましいですね。ひとりで読んでも、じ〜んと何かが残ります。
ちなみに私は「モモちゃん」シリーズの表紙の絵がなぜか心に残っています。
見た目レトロな人形劇風のモモちゃん・・・まだ実家にあります。
では4つご紹介!



1.「おぼえているよ、ママのおなかにいたときのこと」
   リヨン社  ママとパパ、ママと赤ちゃん、パパと赤ちゃん
   池川 明(著)

胎内記憶の研究もしている産婦人科医が、育児中のお母さん達にアンケートを取った結果を元に書いた、胎児の不思議を書いた話。お腹にいる時から、赤ちゃんは人間として成長しながら私達の前に現れてくるだと感心!ママとパパでお腹の子に語りかけたり、大きくなったら我が子に聞いてみたり、なんだか楽しめそう。




2.「くっついた」 こぐま社  0歳児〜
   三浦太郎(著)

3.「おててがでたよ」 福音館書店  0歳児〜
   林 明子(著)


2.3.は私がベビーマッサージの時に、準備運動がてらに取り入れたり、ご紹介している2冊。スキンシップもできて、みんなご機嫌♪ 
2.は金魚やゾウに始まって、ママ、最後にはパパとも「くっついた」する、実にシンプルな展開。絵もほのぼの。
3.は、体の部位を覚えたり、一人で洋服を着る事に興味が出てたりするかも・・・。

両方ともに本が手元になくても、赤ちゃんとの絆づくりができておすすめ。




4.「おおきな木」 篠崎書林  就学年齢に近い子〜 
   シェル・シルヴァスタイン(著)
   ほんだ・きんいちろう(訳)

少年と、昔から少年の近くに立っている大きな木との物語。
少年は木のことが大好きで、木陰になってもらったり、木で遊ばせてもらったり、木もそれを受け入れ、少年と接している事がもとても幸せだった。
やがて少年が大人になると、わがままになり、自分の都合の良い時だけ木を頼ってくる。
家が欲しければ自分の枝を使っていい、舟が欲しければ自分の幹を切り倒せばいいと言う木。
少年は自分の欲望を満たしていき、やがて老いていく。それから切り株になった木を見て思うことは・・・?

親子で一緒にどうぞ。そして子供が少し大きくなったら、一人で読んでみてと提案してはどうか?
何度も何度も、もっと大きくなってから読み返しても、その時その時の感想が得られると思う。






☆「本のタイトル」、出版社名、対象年齢(者)、作者、本の概要の順に載せてあります。
2007/06/13
執筆者: 狩野@尾張 (10:30 pm)
2007年6月10日(日)

週末から続いた雨がやっとあがってきたので、三姉妹を連れて、図書館へ。
近い駐車場は満車で、少し離れた駐車場に停めた。
図書館までは、大した距離じゃないんだけれど、歩道橋があり、ベビーカーを押しての上り下りは、結構怖かった。
次回からは、少し待っても近いほうに停めようと思う。

図書館は、あまり大きくはないけれど、入り口は付近に子ども用の絵本のコーナーがあり、
その奥には、読み聞かせ用の部屋もあるので、子連れでも遠慮なく利用できるところが嬉しい。
我が家の娘達はというと、長女は「バーバパパ」がお気に入りらしい。
字の読めない次女はというと、動物が表紙に載っているという事が、何よりも大事なポイントみたい。


その後は、隣接する桧ヶ根公園へ。
ここは噴水や人口の小川があり、隣の図書館に避難することもできるので、夏にはオススメの公園。
小川といっても、足首ぐらいの深さ(一部、大人の太ももぐらいの所あり)なので、ヨチヨチ歩きの小さな子どもでも大丈夫!

雨上がりの後の強い日差しの中、上のふたりは案の定、水遊び&泥遊び。今日は、お着替えないんですけど・・・。
この公園に来る時は、やっぱりお着替えとシートと飲み物とおやつとタオルが必須やった、と思い出した。この夏、初めてだったから、すっかり忘れてたんだよね。(近くにコンビニとか無いです)

そして、最後に要注意!
土日祝は、駐車場が17時に施錠されてしまいます。陽が長いこの季節、ついうっかりしてしまう時間。気をつけましょう!!
2007/06/13
執筆者: はんだ@知多 (10:00 pm)






愛・地球博記念公園内にある
【愛知県児童総合センター】へ行って来ました!

館内は広々としていて開放的!
あちらこちらに、子どもたちが作った作品が、美しく飾られています。

粘土で家を作り、みんなで飾って「すてきにへんなまち」作りをしたり、
絵本を読んだり、木のおもちゃで遊んだり、
楽しい仕掛け付きの大きならせん階段を登ったり、
音の出る鉄板で演奏してみたり・・・

子どもも大人も楽しいです!


そういえば万博の時、ここは、
「ロボットステーション」でしたね。

懐かしいです。。。
2007/06/11
執筆者: みわ@海部 (9:30 pm)
今日は美和町子育てサロン企画の「スリング作り」第二回が開催されました。今日は午後からということもあって、参加者は4人。みなさんこども(赤ちゃん)を連れてで、お昼ねの時間と重なって泣いている子が多かったです。それでも、みなさん頑張って作成し、早い人は2時間もかからずに完成!満足をして帰られました。
明後日は、作ったスリングを使ってスリングの使い方講習会が開催されます。
2007/06/09
テーマ: その他 : 
執筆者: みわ@海部 (10:00 pm)
第一に、親が行きたい!
平日に一人で行ってもいいのだけれど
未就学児は無料であることを考えると、
今のうちから、ドンドン見せたい!

そこで行ってきました、
名古屋市立美術館で開催中の、ダリ展。
昨日、新聞に「5月22日の開催以来、
5万人を突破した」
と書かれていたけれど、
本当に大人気で、平日なのに
混雑していて、
「お待ち頂くこともございます」
の状態だった。


 うちの子は、以前に
小学館のアートブックス(結城昌子著)で
ダリの絵を見ていたので
「燃えるキリン」
「キリンの引き出し」
「唇の香水瓶」
を覚えていて、
「変な絵ばかり〜」
といいつつも、まずまず、楽しめたよう。

 子供にこそ、本物を!です。
本とはまた違った、感動があるようです。
2007/06/03
執筆者: 定行@尾張 (11:30 pm)
6月3日の日曜日にパパ参加の子育て講座が行われました。稲沢市主催のこの講座は、6回のうち1回がパパ参加の日曜日となっており、稲沢情報案内人の私が企画運営しています。
パパ中心のスキンシップ遊びあり、わいわいがやがや子育てトークあり、簡単クッキングの紹介と試食あり、ふれあいゲームありで、充実した一日となりました。さて、その中からおもしろトークを紹介します。
パパA「皆さんは、オムツをかえていますか。」
パパB「僕は妻の機嫌が悪い時だけかえています。」
パパC「僕はおしっこはかえます。ウンチの気配があると、オムツを開けずに妻を呼びます。」
パパD「妻が外出していて仕方がない時は、窓を開け換気扇を回し鼻をつまんでかえますが、臭いがどうしても苦手です。」
パパE「僕はやったことがありませんが、今日からがんばります。」(拍手がおきる)
パパF「一人目の時はやったことがありませんでした。二人目からは手が足りなくてやらざるを得なくなって、やっております。」
パパA「じゃ僕もやってみようかな。」
ママとベビーの笑顔のために、パパがんばって!!
2007/06/03
テーマ: 中高生 : 
執筆者: ようこ@西三河 (11:00 pm)
 中1の長男は金曜の夕方に空手に通っています。
時間になったので
「早く、夕飯食べて、空手の支度して。」
と、いつものように言ったのですが、
なかなか自分の部屋から出てこないので、
のぞきにいくと
目に大粒の涙をためて、立ち尽くしていました。
「どうしたの?!」
と、尋ねると
「中間テストが間近に迫っていて、テスト勉強もしないといけないし、
空手にも行きたい。でも、部活をやってきたから、すごく疲れてるし・・どっちもしたいし、どっちもやんなきゃいけないし・・・」
と、一つの体と頭はパニックに陥っていました。
慣れない、中学校生活と始めてやりだした部活動。
きっと、体も心もいっぱいいっぱい
だったのでしょう。
「わかったから、今日はどうしたい?体は一つしかないんだから、
今日やらなきゃいけないと思う方を一つ選べばいいよ。
両方は、お母さんも無理だと思うんだけど・・・」
と言うと
「来週は、絶対、空手に行くから、今日は勉強がしたい。」
ということで、息子の中で結論が出ました。

いろいろと体と心が複雑に入り混じってきたと言う感じです。
母として焦らず息子を応援していこうと思います。
2007/05/30
執筆者: みわ@海部 (9:40 pm)
今日は美和町子育てサロン企画「スリング作り」第1回目を美和町公民館で開催しました。
参加者は10名ほど。ミシンやアイロンは企画者と美和町の婦人会さんたちにお借りして、作成しました。こども連れの方が多かったので、託児と製作の部屋を分けて行いました。
9時から始めて午後1時までの予定が、婦人会の方々のお手伝いのおかげで12時前に終了できました。一人で作ると時間がかかりましが、みんなで作ると早いものですね。みんなさん、完成品に満足されていたようです。
次回、第二回目は6月11日に行う予定です。
2007/05/28
テーマ: その他 : 
執筆者: 犬塚@名古屋 (9:50 pm)
子育て情報案内人として、新しいネタを探しにそろそろ取材に行こうかなぁ・・・と思いまして、

「そうだ、あそこに聞いてみよう!」

と考えていました。


「あそこ」とは、私が以前ワークショップに参加させて頂いた事もある、某保育所のことです。ベビーマッサージの勉強中に、

”小児科の先生による乳幼児のからだについて”

のワークショップを開催するというチラシをたまたま見かけたのがきっかけで、それ以降も他のイベントに参加させて頂きました。



働くスタッフさんの話も聞かせて頂きました。地域全体で子育てをしようという考えが見受けられましたし、食事も低農薬のものを出したり、木のおもちゃを用意したり、ママさん達のサポートになるようなイベントも企画されたりと、「頑張ってるな〜」と感心していたのです。


今年に入ってから連絡をしていなかったので、まずはHPをチェックしてみました。ところがアクセスできないのです。


再度挑戦。おっ、見れました!ずーっと読んでいると

「閉鎖することとなりました。ありがとうございました。」

えっ・・・なんで!?あんなに頑張っていたのに・・・あんなに素敵な場所だったのに・・・


私は密かに自分の子供が産まれたら、そこでお世話になろうと思っていました。私が実家が遠いし、両親共働き&高齢になってきているので、遠くの実家より近くの知人、という考えで、いろいろ子育ての相談にものってもらおうと思ってました。そして子育てに慣れてきたらスタッフとしてお手伝いできればなぁ、とも思っていました。


スタッフの方々の体力的な理由なのか、経営的な事情があったのか、真相はわかりません。とにかく、ママと子供を暖かく見守ってくれるような居心地のいい場所が消えてしまいました。


横浜に住む姉は、

「名古屋(近郊)の人は、県外に嫁ぐ事はまだまだ少ない方だと思う。(←ホントにそうなのかな?)遠く離れてみて、実家が近いのはありがたいなと身にしみたよ。」

と言っていました。


私は、保育所に特別なイベントがあっても無くても特に構わないのです。ほんの短い時間でもいいので、ホッと一息つける場所が保育所だったら嬉しいです。そしてしょーもない悩みを聞いてもらえると助かります。


あい・こどもネットをご覧の保育関係の皆様、ささやかなワガママを許して下さいね。
2007/05/25
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: 高橋@名古屋 (12:10 pm)
と、いってもコミックのタイトルです。

斉藤さんは年長さんの男の子のお母さん。

正義感がいっぱいで、ルール違反を見逃すことができません。

それゆえお母さん仲間からは煙たがられますが。。。


相手にとって、本当に優しいのはどっちなんだろう。。。

ニコニコ笑ってその場しのぎに話を合わせるのと
嫌われるかもしれないけど「私はこう思う」ときちんと伝える事。

煙たがられても「ダメなことはダメ」といい続ける斉藤さんはカッコイイ!

私はそう思いました。
(かなり勇気と根性がいるけど。。。

本の詳細はこちら
2007/05/25
テーマ: 小学生 : 
執筆者: はんだ@知多 (11:20 am)






娘(小3)の授業参観へ行ってきました。
「お手伝い」についての道徳の授業でした。
日頃からお手伝いをしている子が多くてビックリ!
(と、同時に母には少々焦りが・・・^^;)


お手伝いをしている時ってどんな気持ち?と先生が聞くと、
「疲れる」「めんどくさい」「早く休みたい」・・・などなど。

でもお手伝いが終わった時は?
「お母さんがうれしそうなのでやってよかった」
「ありがとうと言われうれしかった」
「大変なんだなぁ」
という意見がたくさん出ました。

みんな、素直です(^^)




そういえば、以前、娘からお手伝い券をもらいました。

「おりょうり券」
「肩もみもみ券」
「歌うたい券」
「人形あそび券」
「いっぱつダジャレ券」


楽しく笑わせてくれるのは、私へのお手伝いだったのかも^^;
2007/05/23
テーマ: その他 : 
執筆者: みわ@海部 (2:40 pm)
美和町子育て支援のサロン企画で、「スリングをつくろう」という企画が来週行われます。
今日はその生地と材料の買出しに、名古屋の大塚屋まで行ってきました。昨年も同じ企画をして好評だったので、今年もやることに。去年、私は参加しなかったのですが、自分でスリングを作ったことがあるので、今年はその企画の参加することに。
生地選びは思った以上に大変で、柄や生地の厚さ、それにお値段と本当に苦労しました。でも、大塚屋は生地の種類が多いですね!!今日は特売日らしく人も多かったですが。
2時間程かけて、5種類の柄を選び、リングも買ってきました。
来週のスリング作りが楽しみです!
2007/05/23
テーマ: その他 : 
執筆者: くろちゃん@名古屋 (1:10 pm)
連休前から息子が変な風邪をひいてしまいました。
インフルエンザとついてもインフルエンザとは別物のインフルエンザ菌という菌の風邪でした。

副鼻腔炎、熱、痰がらみの咳がだらだらと続いて、薬のお世話になったはいいのですが・・・
副作用でおなかまで酷く壊してしまい、病院通いの連続。
結局、先週あたりからやっと・・・!やっと!幼稚園に通い始めました。

というワケで、本日久しぶりにPCを覗いているくろちゃんです。

お題にもしていますが・・・「命定め」。
古い言葉ですね。
知らない方も多いのではないかと思いますが、麻疹(はしか)の昔の呼び名のひとつです。
医療技術などが進んでいなかったむか〜し昔、疱瘡の「器量定め」と並んで、こう呼ばれる程大変恐れられている病気でした。

でした、といっていますが、現在でも日本での死亡者は年間20人というやはり恐ろしい病気です。

こんなこと言っているくろちゃんも、7歳の頃麻疹の肺炎合併で命を定めていただいてます。
苦しかったことを良く覚えていますし、なにしろ治療が1日遅れていたら死んでたそうで、今思えば本当に「命定め」でした。

今、首都圏中心に猛流行していますね。
特に10〜20代の方の発症で学校閉鎖まで追い込まれている大学があるくらいで。

この流行の原因は未接種・免疫減退だそうで、その背景には1993年の”MMRワクチン騒動”を初めとするMMRワクチン接種の混乱があるとも言われています。

現在、名古屋での流行は伝えられていませんが状況的に無いとも限りませんね。

潜伏期間が8日〜2週間程度と長く、また初期症状が風邪に似ていて3〜4日程度でいったん解熱する例もある事から、感染を防ぐのはなかなか難しいのですが・・・
接種が未だ出来ない赤ちゃんも、未接種・免疫が弱くなっているおとなの方も、そしてもちろんこどもたち、みんなみんな気をつけて元気にお過ごしください。

最近、息子の通院ですっかり病院づいたくろちゃんからの拙いメッセージでした(^_^;)
2007/05/22
テーマ: その他 : 
執筆者: 犬塚@名古屋 (9:50 pm)
先日、べビーマッサージ(以下べビマ)クラスの講師として招待されました。
少人数なのでアットホームな雰囲気でいい時間を過ごせました。


最初からべビマを受ける気満々でご機嫌な女の子もいれば、
ママの抱っこがいいのかぐずぐずな子も・・・甘えた声で泣いています。


こんな時よくありがちなのが、赤ちゃんが泣こうがお構いなしに、マッサージをやり抜こうとするママ。
けっこう赤ちゃんの手足を力強く刺激したりして・・・でも気持ちはわかります。


だって、暇だ〜といいながらも結局あっという間に一日は過ぎ、そんな日々が続くにつれ
「ちょっとなんかおもしろそうな事してみたいな〜」
と思ってべビマの記事みたりして
「おっ、ちょっと外出してみよう」
と、軽い気持ちながらもお金を払って来たからには、そりゃ〜習得したいと思いますよ。そして
「べビマやったらぐっすり寝てくれるのかな・・・」
なんて淡い期待もしちゃいますよね。


でも赤ちゃんも立派な人間。ご機嫌ななめな時もあります。そんな時に
「は〜い!便秘はお腹にのの字を書くように〜!」
と言われて、ママにお腹をグイグイ押されたら、そりゃ余計に泣きますよ・・・。




あと、たびたび受けるのが
「この手技はどんな効果があるんですか?」
という質問。明確な効果がある事には、きちんとお答えしています。
効果というより、おススメですよ〜、とお伝えする事が多いですね。



「これやったら手足がスラーっとのびますか?」
と聞かれたこともありました。
「・・・そうですね・・・そうなるといいですね(笑)」
とお伝えしましたけど(笑)


例えば、ママは便秘を解消したくてべビマをしているのかもしれませんが、赤ちゃんは、便秘を解消して欲しいという気持ちよりは、ママのべビマで安心感や、ただ触れて欲しいという極シンプルなことを求めているのではないか、と私自身思っています。


実際見ていると、便秘解消を目的に手を動かすママの表情は硬いし、手もぎこちないです。


目的ばかりを追いすぎて、そこまでのプロセスを楽しむ事を忘れています。もっと赤ちゃんの表情や、ママ自身の気持ちにも気づいてもらいたいな、と思うのです。


参加者の方たちは、例え赤ちゃんがぐずってもその辺は臨機応変に対応されてました。服の上からさすったり、おっぱいあげたりして、赤ちゃんも少しずつべビマに慣れていきました。
まんべんなく全身を刺激し、最後にはおしゃぶりしたかと思ったら、ぐたーっと眠ってました。
私も、今日幸せな気分になれて、ありがたやありがたや♪



しかし赤ちゃんはなんであんなに気持ちいいんでしょうね〜。あの温かさ、ぷにぷに感、もうたまりませんね世のパパさんやじいじ・ばあばにもホント体験して欲しいのにな、と切に思います
2007/05/22
テーマ: 乳幼児 : 
執筆者: 狩野@尾張 (12:10 am)
2007年5月21日(月)

うちの三女はめっぽう愛想いい。誰かれ笑いかける。

人に相手にされないことを何よりも嫌がるようで、家事をしようと布団にひとりにすると、5分ほどで泣き出す。夜も添い寝してないと、一度では寝付けないで、必ず2度目の寝かしつけタイムがある。(もちろん、今夜もありました)

そんな自らの性格を知ってか知らずか、とりあえずいつでも目が合えば笑ってる。上のふたりの姉達は、愛想が悪くて「この子笑わないねぇ」なんて言われ、凹んだこともあった。しかし、今回は同じ親から出てきたとは思えぬ、まるでムーニーのCMにでも出演できそうな素晴らしい笑顔である(スイマセン・・・親バカです)

そして、今日ひとつの事に気が付いた。

郵便局に行った時のこと。振込用紙に記入してると、周りにいるおじさんやおばさんがニコニコしている。
「???」と思って、視線の先を追ってみると、そこには三女がいつもの笑顔でニコニコ。
その後、スーパーに行ってみた。やっぱり、みんなニコニコ。

どうやら、この7ヶ月の子どものニコニコパワーが周りの人に伝染していくみたい。ベビーカーを押して通る道にニコニコ顔がいっぱいで、私はいい事をしているような不思議な気分になってしまった。

なんだかよくわかんないけれど、「笑う門には福来る」。
7ヶ月の子どもに教えてもらったような気がします。
2007/05/21
執筆者: 狩野@尾張 (11:20 pm)
2007年5月13日(日)

6月末までの無料招待券があったので、梅雨になる前に行っておくことにする。ここ南知多ビーチランドも、最近リニューアルされたはず。

まずは、イルカショーから。名古屋港水族館ほど優雅じゃないけれど、ここはイルカが近くて、ほのぼのした感じが好き!狭いプールで、人もイルカも怪我しないかと心配になったりもするけれどね。夏場は、プールの近くに座るとビチャビチャになるので、近くで観たい人は覚悟してね。

館内は、沈没船風になっていた。天井やら足元やらにある水槽に子ども達はワクワク度UPの様子。水槽の位置が低くなったので、ベビーカに乗ったままの子どもが、観れるのが嬉しい。

14時からの15分は、ふれあいタイム。”ふれあい”っていっても、ほんの一瞬触れるだけなんだけれど、それでも普段なかなかできない経験だから、大人でも楽しい。15分の間に、ペンギンに餌あげて、アザラシ触って、アシカ触って、イルカ触わることができました。一瞬だけれどね・・・

おもちゃ王国も隣接しているので、一日中遊べます。
気をつけないといけないのは、風の強い日。海からの風はすごいです。子どもが飛ばされそうになります。天気予報でチェックしてからのおでかけがいいかもしれません。
2007/05/21
執筆者: 狩野@尾張 (10:50 pm)
2007年5月12日(土)

名古屋の東山動植物園へ。
お天気がいいので、お昼前の到着じゃぁ、やっぱり駐車場はいっぱい。どうしようかなぁ、と思ってたら、臨時駐車場に案内された。ちょっと遠いけれど、なんと無料!歩くのが気にならない我が家はちょっと得した気分♪

まずは、植物園でお昼ごはん。コンビニで買ったおにぎりでも、お外で食べると美味しいね♪
すっごく大きくなった竹の子(っていうか、もう竹です!)みたり、とってもいい香りのバラの花を楽しんだりしながら、動物園へ移動する。

最近、リニューアルした園内。少し、動物に近くなったかな。
うちの子ども達が喜んだのは、”なかよし広場”。初めて触ったひよこがフワフワだったのが、嬉しかったみたい。


東山動植物園、6月3日までの週末は、開園時間を延長しています。4時半以降の入園は無料です(詳しくは、直接問い合わせてくださいね)。

そして・・・5時以降は園内ガラガラでした。昼間は長蛇の列になる動物の前も、気の済むまでゆっくり観れます。オススメですよ!
2007/05/16
テーマ: 乳幼児 : 
執筆者: しげまつ@名古屋 (11:20 pm)
泣けちゃうね
はじめてママと離れて知らないおばちゃんや知らないお友達の中へ。
そりゃ〜不安でいっぱい。「ママ〜!ママ〜!!」
おもちゃも絵本もみ〜んなイヤ、イヤ〜!
泣いてるうちに泣き疲れて寝ちゃったよ。

初めての託児で泣いちゃう子はいっぱいいます。

そういえば、うちの子どもたちは・・・
上の子(女)は、公園でも児童館でもリーダー格。どこでも元気いっぱい。
でも、幼稚園に入ったら泣いて、泣いてまあ大変!
10日ほど泣きながら通いました。
幼稚園は一人で通うってわからなかったみたい・・・

下の子(男)は小さいときから人見知りが激しくて、知らない人とは絶対口をきかない。
保健所の健診でも名前も言わないから「話せますか?」と聞かれたくらい。
幼稚園は入園前の“一日保育”の時から泣きっぱなし。
入園式から 2・3日後「幼稚園をやめる」と言い張り、
「やめるから幼稚園に荷物(お道具、タオル等)を取りに行く」
ときかないので連れて行き、先生にお願いして園庭で遊ばせていただいた。
そしたら、外で遊ぶのが気に入って、翌日から園につくと、
お部屋に入らないで、ず〜と外で遊んでました・・・
慣れるのに3ヶ月ほどかかりましたっけ。

子どもはいろいろ、ママも
初めての環境になじみやすい子、そうでない子。いろいろです。
子どもの性格もいろいろですが、お母さんの気持ちの持ちようも
子どもの心に影響を与えます。
子どもと離れたがらないのは、実はお母さんのほうだったり、
自分の用事で頭がいっぱいで子どもの不安に気づかなかったり。
子どもたちが一番大好きなお母さんが
「ママはご用があるからここで遊んでいてね。ご用がすんだらすぐお迎えに来ますよ」
とやさしく伝えてあげればきっとわかりますよ。
もちろん、『ここは大丈夫、安心な場所』と感じてもらえるよう
楽しい託児ルームをめざしてますよ。

はじめは泣かなかったのに
初めてママと離れての託児で泣かなかった子が2・3回目ころになって
泣き始めることもあります。
初めての時は、なんだかよくわからないうちに連れられてきて
だけどだんだん「ママと離れることらしい」とわかってくるみたい。
子どもに泣かれないように、気づかないうちに そ〜っといなくなるってこと しがちだけど、ちゃんと「待っててね」と声をかけてから・・・

ず〜っと泣いているわけでは ないですよ
ママと離れるとき、泣いている子どもたちも、いつまでも泣いていることはなく
もちろん個人差はありますが、
泣いていたのに ママがいなくなるとすぐ泣き止んで遊び始める子
泣きながらも お友達の遊ぶ様子をじ〜っと見ていて、いつにまにか遊び出す子
『おやつ』など何かのきっかけで急に泣き止んで元気になる子
などなど 本当にいろいろです。
そして みんな毎回少しずつ確実に成長していきます
2007/05/16
執筆者: みわ@海部 (10:00 pm)
今日は美和町情報ふれあいセンターで親子ふれあい広場を開催しました。今日は「うちわ作り」こどもの写真を撮ってその場でプリントアウトしうちわに貼り付け、オリジナルうちわを作成しました。みんないい笑顔で写真が撮れて、ママ達も我が子の写真が入った世界でたった一つのうちわができて満足そうでした。
うちわを作った後は、風船とうちわで遊んだり、手遊び、絵本の読み聞かせをし、楽しい広場となりました。
2007/05/14
執筆者: はんだ@知多 (2:00 pm)






半田市からちょっと抜け出して、
母(私)と娘(小3)で
知多市の 佐布里緑と花のふれあい公園 へ!


クラフト作りをしたり、
温室のお花を見たり、
プレーパークで思いっきり遊んだり・・・。

プレーパーク内の 「竹のスベリ台」
ちょっとスリルがあって楽しかったです!

自然がいっぱいで、のびのびと遊んできました!


■佐布里緑と花のふれあい公園
佐布里緑と花のふれあい公園webサイト
2007/05/12
テーマ: その他 : 
執筆者: はんだ@知多 (9:30 am)
実は、
「半田市子育て総合支援センター はんだっこ」の
ホームページの管理もしています。

基本的な子育て支援情報が載っています。



まだできたてのほやほやで、
手作り間いっぱいのHPですが、^^;
子育て中のママ・パパさんに
活用していただけると、うれしいです。

■半田市子育て総合支援センター はんだっこ
http://www15.ocn.ne.jp/~handakko/
2007/05/10
テーマ:  : 
執筆者: 犬塚@名古屋 (9:10 pm)
私、小さい時はかなりの偏食でした・・・。そしてガリガリのガーリーちゃんで、小学校入学するまではよく熱を出して母の手をわずらわせていました。


両親共働き(母は自営で飲食業)なので、祖母に面倒を見てもらっていたそうです。祖父母は、孫に優しすぎると言うか(^^;)無理やり食べさせる事もなく、私が食べる事に飽きるとさっさと片付けてしまっていたようですね。


そしてあまり子供向けメニューが出なかったのと、偏食ゆえに食に対して興味がなかったので、楽しく食事!という記憶があまりないんです。



ところが、小学校に入ってから運動量が増えたこともあり、今までの食の細さはどこへやら・・・モリモリ食べるようになりました。


ひとつのきっかけとして、自分のものを自分で作った事がとても大きいと思います。


最初は袋入りのラーメン。小1だったと思います。栄養面ではう〜ん・・・と思われるでしょうが、とてもおいしかったのを覚えています。麺とスープだけだったのが、そのうちCMに出ている具を見て、野菜を入れるようになったりして、食べる事・作る事が楽しくなりました。


ラーメンばっかり食べていたので、家族に「そんなのばっかり食べて!」と怒られてましたけど、自分で作るとたとえそれが失敗しても美味しく感じるですもの・・・


食育=栄養のバランス、を重視する人も多いと思います。確かに大切ですが、まずは食に興味を持つ事から始める事から!ですね。


姪っ子5歳は餃子作りが大好きです。それをきっかけにお皿を洗ったり、食卓のお膳を整えたりするようになりました。そしてお腹が空いている時も、「ママがみんなの為にお野菜切ったり炒めたりするから、できるのに時間がかかるんだよ。すごく難しいんだよ(←ちょっとオーバーですが・・・でも言います。)だからもう少し我慢できるね?」と言うと、あまり駄々をこねません。


食にまつわる事を、できるところから本人に体験させるとちゃんとわかるようになります。もちろん後でめっちゃ褒める事を忘れずに!やったら褒める、とにかく感情を表す、おばバカゆえにその後の子供の顔がたまりませんっ!!


私が出産する前に体験してみたいのが、マクロビ料理を習う事です。知人が習っていまして、予算の関係で(笑)すべてを再現するのは無理だそうですが、すっかり玄米にハマっているそうです。最初は白米と混ぜて、それから玄米の割合を増やしたり、ミートボールくらいの玄米おにぎりにしたりして、今では子供達は抵抗なく玄米をモリモリ食べているとの事でした。


母は「どんなに忙しくてもウチは冷凍食品は極力出さなかったよ」と言ってます。でも今は時代も品質も昔と変わってきたので、冷凍食品でも使い分ければいいと思います。要は、無理せずいいものはどんどん取り入れれば良い訳です。マクロビ料理は、素材の美味しさを引き出し、余分なことはしない「引き算の料理」と誰かが言ってました。まずは、スイーツから作ってみようかな(^-^)


名古屋市北生涯学習センターで、ベーシックコースがあるそうです。一回で一汁一菜くらいのメニュー+デザートを作りながら、マクロビについてのお話があるそうです。3回で1コースなので気軽に通えていいなぁ〜って思います。興味のある方は下記に問い合わせしてみて下さい。



マクロビクッキングスクール名古屋校
名古屋市千種区堀割町
TEL 052−762ー1371
FAX 052−762−4478
2007/05/10
執筆者: みわ@海部 (7:40 pm)
来週、親子ふれあい広場企画で 親子で楽しもう!うちわ作り☆ があるため5/8火曜日の午前中集まり、その準備をした。

準備といいながら、やっぱり女性が5人も集まると話がなかなか本題に入らない・・・

本題に入ってもすぐ脱線・・・それがまた楽しくて という感じでしたが、お昼までには無事終わる事ができました。

当日は、今を残す、世界にひとつだけの素敵なうちわが出来そうです。

製作後は、風船遊びや読み聞かせも行う予定。

交流をふくめ、一緒に楽しめたらなぁと思います。

 
 5/16水曜日 10-12時  情報ふれあいセンター2F 研修室
  参加費は無料。当日受付です。
2007/05/07
テーマ: その他 : 
執筆者: 狩野@尾張 (1:30 pm)
パパさんの実家は仙台。
今回は、車で移動することに。

渋滞は回避したいので、愛知県から岐阜、長野、新潟、福島、宮城と本州を横断&半分縦断のルートで移動。往路は、新潟魚沼で一泊、復路は長野妙高高原で一泊。

桜に雪山、日本海、みずばしょう、ふきのとう、、、「美しい国日本」を満喫してきました。


そして、今回食べた美味しい物たち

長野:「亀万」の高遠まんじゅう
   黒姫高原「たかさわ」の信州そば
新潟:魚沼産コシヒカリのおにぎり
宮城:実家で食べた山菜(タラノ芽、コシアブラ)の天ぷら
   新鮮な地元産の魚の回転寿司
岐阜:馬籠「かなめや」の五平餅と朝取りたけのこのお味噌汁

「美味し国日本」も満喫してきました。

そして後の残ったのは、洗濯物の山とお腹のお肉。
三女よ!いっぱい、おっぱい飲むんだよぉっ!!!
2007/04/28
執筆者: はんだ@知多 (11:00 am)





前回の記事に関連するイベント紹介です!
お近くの方、GWの親子のおでかけにいかがですか?

■イベント名:「蔵のまち 端午の節句」

■内容:
●こいのぼり
半田運河沿いに100匹のこいのぼりが飾られます。(前回の記事参照)

●竹で遊ぼう
竹きり・竹割り・竹つりなどのゲーム・竹カッポンや竹笛の製作体験ができます。
◇5/4(祝)10時〜16時 半田市観光協会前にて

●ワリバシゴム銃で遊ぼう
ワリバシゴム銃を作って、的あて遊びができます。
◇5/5(祝)10時〜16時 半田市観光協会前にて

●まちかど紙芝居
子どもから大人まで楽しめる紙芝居の上演。
◇5/5(祝)11時半〜 ・ 14時〜 半田市観光協会前にて

●万三おやこ寄席
親子で楽しめる落語とハーモニカ演奏。
◇5/5(祝)10時〜 半田市観光協会にて

●こいのぼりクーポン
クラシティ半田周辺の商店街(ランブリングタウン)で、
色々な催しがあります。
「ヒミツのプレゼントがついたさかな釣り」
「大きな折り紙でかぶと作り」
「プレゼントつきぬりえ」など。
参加にはクーポン券が必要です。
クーポン券は当日も配布しているとのことです。(数に限りがあります)
◇5/5(祝)10時〜15時 クラシティ半田近くの商店街(ランブリングタウン)にて


■場所について
半田市観光協会はJR「半田」駅より徒歩約5分。
ランブリングタウン(商店街)は名鉄「知多半田」駅より徒歩約5分。クラシティ半田や末広交番の近くです。

■問合せ:半田市観光協会 0569-32-3264

■詳しくは半田市公式HPへ
http://www.city.handa.aichi.jp/

« 1 ... 6 7 8 (9) 10 »

サイトマッププライバシーポリシー事務局について
あいち・子どもNPOセンターが制作・運営しています
「あい・こどもネット」は愛知県(海部・尾張・名古屋・知多・西三河・東三河)の子育て・子育ち支援情報を収集したサイトです。
copyright「あい・こどもネット」all rights reserved.