サイト内の情報をキーワードで検索
私たちは愛知の子育てを応援しています!
  • 名古屋おやこセンターバナー
  • らららルーム


あなたの興味や得意なことを生かして情報発信しませんか?
子育てナビゲーターの登録はこちらへ
もどる   子育て情報案内人ブログ
愛知県内各地の子育てナビゲーターたちが、地域でのイベント、おススメの遊び場やお店、本やおもちゃの紹介、子育てや暮らし、食に関する話題など、子育て中のママ・パパに役立つ情報をブログ形式で発信します。
下の一覧からテーマを絞って読むことができます。


2013/05/18
ファンタジー
テーマ: 絵本・本 : 
執筆者: ついでにペロリ (4:40 pm)
金原瑞人氏が2001年以降の翻訳ファンタジーから1冊選べといわれたら迷わずコレ!
ということで紹介していた。






    漂泊の王の伝説
    ラウラ・ガジェゴ・ガルシア 作
    松下直弘 訳
    偕成社








ファンタジーが苦手な私がいっき読みした。
舞台はアラビア。それだけで私の心と頭をこのファンタジーの世界へ誘う。

砂漠の王国、キンダの王子ワリードは、体や顔が美しいだけでなく、心も美しい。そのうえ品格も優雅さも聡明さをも兼ね備え、誰もが認める時期王にふさわしい。
彼はカスィーダ(長詩)の名手でもある。
父王から国1番の詩人であることを証明すれば、世界中の詩人が集まる大会に出場してよいと約束をとりつける。

しかし国1番を決める大会で優勝するのは3度とも貧しいじゅうたん織りの職人。
夢と名誉を奪われたワリードはこのじゅうたん織り職人に無理難題を申し付ける。
決してできないだろうと思われた難題をじゅうたん織りは、自分の命をけずって成し遂げた。
「人類の歴史すべてを織り込んだじゅうたんをつくれ」

このじゅうたんが信頼していた側近に奪われ、取り返すべく旅に出た。

困難の長い旅でであった3人の男とひとりの娘。
ワリードにどのようにかかわっていくのか?
じゅうたんはとりもどせるのか?

ストーリーの展開は昔話の形式にのっとり3度。
敵なのか味方なのか。必ず現れる援助者。
これらの人々に出会うことでの主人公の成長。

さらには、文章の中に出てくる、すばらしい言葉

「われわれはみな、自分のすることに責任がある。善い行いにも、悪い行いにも。そして、人生はかならず、おまえのした分だけ返してよこす。わすれるなよ。人生は、そのつぐないをさせるということ・・・」

「自分のあやまちのつぐないをしなければならないが、罪悪感でおしつぶされて、あらたに選択する道も歩めないほどになることはない。そんな気持ちになってしまったら、目的地までたどりつく力はとうてい、わいてくるものではない」

・・・・
もう1つ紹介したいのだが、やめておく
どうぞあなたが見つけてほしい。
小学高学年から大人まで楽しめる本だ。

サイトマッププライバシーポリシー事務局について
あいち・子どもNPOセンターが制作・運営しています
「あい・こどもネット」は愛知県(海部・尾張・名古屋・知多・西三河・東三河)の子育て・子育ち支援情報を収集したサイトです。
copyright「あい・こどもネット」all rights reserved.