サイト内の情報をキーワードで検索
私たちは愛知の子育てを応援しています!
  • 名古屋おやこセンターバナー
  • らららルーム


あなたの興味や得意なことを生かして情報発信しませんか?
子育てナビゲーターの登録はこちらへ
もどる   子育て情報案内人ブログ
愛知県内各地の子育てナビゲーターたちが、地域でのイベント、おススメの遊び場やお店、本やおもちゃの紹介、子育てや暮らし、食に関する話題など、子育て中のママ・パパに役立つ情報をブログ形式で発信します。
下の一覧からテーマを絞って読むことができます。


2016/08/09
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: コバ@尾張 (3:29 am)
春日井の森で保育をしているコバです。

今は夏休みで、時間に少し余裕があるため、
投稿するのは久しぶりですが
まとめていくつか書いています。

最近、森ではやっているのはウクレレです。
森の保育では、持ち歩ける楽器が便利なので
スタッフ4人、みんなマイウクレレをリュックといっしょに
持ち歩いて子どもたちと歌うときに伴奏しています。

毎年、郡上に2泊3日の親子キャンプにでかけるのですが
今年はお母さん達が
「ウクレレ弾いてみたい。キャンプの時までに練習したい」と
自主的に練習を始めました。
ウクレレが家にあった人はそれを使い、
ウクレレを持っていない人は楽器屋さんやハードオフなどで買って
10人以上のお母さんが練習していたでしょうか。

森のようちえん全国交流フォーラムや
森のようちえん指導者養成講座などで
いつもウクレレ持参で歌っていると
全国の森のようちえんスタッフや保護者が
「ウクレレっていいね」と
ウクレレファンがどんどん増えていっています。
きっとわたし、ウクレレの普及にかなり貢献しているだろうな。

最近、もう一つ、わたしのまわりの人たちが
「それ、いいね。ほしいな」と言っているのが
パラシュート生地のハンモックです。

リュックに入れて持ち歩くには
とにかくコンパクトで軽くて丈夫なものがいい。
いろいろ調べてみたら
パラシュート生地のハンモックが
その条件にぴったり。
折りたたむとポケット状の袋にすっぽり入る。
耐荷重120kgなので
子どもだったら3人くらいいっしょに乗れるし、
親子で寝そべることもできます。

インターネットで1,500円くらいで手に入るのもうれしい。

わたしは暑い夜にベランダで使ったりもしています。
(家用のは蚊除けのネット付きのもの)

森の子どもたちが気にいっている乗り方は
ハンモックの両端を束ねて持って
ブランコのようにすわってこぐ遊び方。
つかむ力やバランスをとる力が要ります。
それがないとひっくり返って頭を打ってしまうので
慣れないうちは大人がそばについて
補助してやります。

暑い季節、山に入って川のせせらぎを聞き、
葉っぱのそよぎを眺めながら
ハンモックに寝そべるのは最高のぜいたくです。
2014/08/10
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: コバ@尾張 (8:43 pm)
情報案内人コバです!!
毎日 自然の中で保育をしています。
子どもたちが自然の中で
仲間とかかわりながら
主体的な遊びをじっくりできるよう
援助しています。

今は夏休みですが
自然の中ですごす子どもたちの
「夏の遊び」といえば川遊びです。

その中でも子どもたちに人気のある
ザリガニ釣りの方法を
きょうはお教えしましょう。


(画像をクリックすると大きく見られるよ!)

【自家製釣竿を作る】

基本は現地調達。
自然素材だと使った後ゴミが出ないから。
ときどきザリガニ釣りに使ったと思われる糸が
池のほとりに捨ててあるのを目にするととても残念。
自然とふれあうのはいいけど
自然に還らないものを捨てて行っちゃぁだめだよ。
今度使うからと置いていくのもよくない。
もし、糸を持ってきて使ったら、
それはちゃんと家に持って帰ろう!

1mくらいの比較的まっすぐな木の枝をさがし釣竿にする。
1mくらいのしなやかで細くて切れにくいツルをさがし、釣り糸にする。
(ツルはフェンスやほかの木にからみついているのをほどいたり、地面を這っているのをたぐって入手)

ツルの先に2か所輪を作る。1つの輪にはえさをはさみ、輪をきゅっとしめる。
もう一つの輪にはおもりの石ころをはさみ、きゅっとしめる。
反対側のツルの先を枝の先に結んだら自家製釣竿のできあがり!

わたしたちが森の保育でよく使っているエサは「あたりめ」。
スルメのことだが5mmくらいの太さのあたりめを
1.5cmくらいに切ってタッパーにいれておく。
密閉容器に入れておいてもリュックの中がスルメ臭くなる。
いつのまにかハエもぶんぶん寄ってくる。
これは匂いがよく届くのでザリガニがたくさん集まる。
子どもたちもも匂いにつられてたくさん寄ってくる。
「これ食べてもいい?」
人間ザリガニが食べるとあっというまになくなっちゃうから
「これはザリガニ用!」と念を押す。
でもあきらめきれず
「一個だけ食べてもいい?」
「だめだめ ザリガニ用!」
(1個だけが2個になり 20人が食べるとあっというまになくなってしまうもんね)

いろんな餌を試してみるのも楽しい
ちくわ、にぼしなどは定番
餌を持っていないときは
お弁当のおかずの中からつかえそうなものをさがす
ウインナーとか肉とか
ある日卵焼きで釣ってみたら釣れた!
でも卵焼きはすぐにちぎれた!
ザリガニはにんじんを食べると殻が赤くなるそうだ
それを言ったら(うそでしょ!)と言ったお父さんがいた。
でもほんとらしい。
サバばかり与えていると青くなるとか。
詳しく知りたい人は自分で調べてみて。
どうしても餌がないときは
1匹ザリガニを手に入れてそれをむいて餌にするという方法もあるが
今まで子どもたちの前でやったことはない
カエルも餌になるというが
それも今までやったことはない
昔の子どもたちはきっとそういう餌を使っていたと思うけどね

ごくたまに卵をかかえたザリガニのお母さんに出会うことがある。
キャビアみたいな卵だ。

ザリガニ釣りをするとよく聞かれるのが
「この赤くないのは二ホンザリガニ?」

ここには二ホンザリガニは住んでない
東北の北部と北海道の一部だけだ
だから赤くないのもアメリカザリガニ
子どもは赤くない
6月は赤くないのがたくさんいたが
7月に子どもたちが釣ったのは赤いのが増えていた
1か月でずいぶん大きくなるものだ
8月はさらにまっかっかのがいっぱいに
身体が赤いので俗に「まっかちん」とも呼ぶ

アメリカザリガニは釣ったら元の場所にもどそう
外来生物でふやしちゃいけない種に特定されている
どこかで釣ったザリガニを殺しているところもあると聞いたが
さすがにそれは今のわたしにはできない

ザリガニ釣りをするとときどき聞かれるのが
「これは食べられる?」
アメリカではザリガニを養殖して食べているらしいが
わたしはあまり食べる気にならない
一定期間泥抜きをしてから食するそうだ

サワガニもから揚げにして食べられると聞くが
これもあまり食べようとは思わない

でも食料難になったら
わたしはここにきてザリガニを釣って食べることもあるかもしれない
きのうふと思った

変な終わり方になったけれど
夏休み いちど自家製釣竿を作って
ザリガニ釣り 楽しんでみてはどうだろう
2014/04/01
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: コバ@尾張 (10:45 am)
情報案内人コバです!!
毎日 自然の中で保育をしています。
子どもたちが自然の中で
仲間とかかわりながら
主体的な遊びをじっくりできるよう
援助しています。
でも自然の中で自由に遊ぶだけでなく
3歳〜5歳児さんは
劇遊びや造形的なこと 
うたやわらべうた
畑仕事 野外炊事なども
バランスよくとりいれています。

3月の修了式で子どもたちの劇遊びを
保護者さんにお見せしたのですが
今年は「からすのぱんやさん」の劇遊びをしました。

かこさとしさんの絵本「からすのぱんやさん」
ご存知の方も多いことでしょう。

子どもたちは食べることが大好き
作ることも大好き
おもしろいものが大好き
そんな要素がたっぷりつまった絵本です。
まだ読んだことがない方は一度読んでみてくださいね。

ちょっと話がとびますが
3月から4月にかけては
自然の中で
おいしい草(食べられる野草)が生える時期なので
毎年 野草を摘んで天ぷらを作ります
つくし、やぶかんぞう、せり、ノビル
身近なものでは
たんぽぽ、カラスノエンドウ、よもぎ、ハコベなどなど・・・

キャンプ場などで携帯用のガスバーナーをひろげて
その場で天ぷらを揚げます。
すると子どもたち パクパクよく食べるんです。
ふだん野菜嫌いな子も
揚げたての草(笑)をそれはそれはよく食べます

ちょうど子どもたちが
毎日「からすのぱんやさん」ごっこをしていた時期だったので
「からすのてんぷらやさんですよ〜
いらっしゃいませ〜〜」と呼びこんでいると

「からすのてんぷらやさんの絵本
持ってるよ!」と子どもたち

「え〜〜?!からすのてんぷらやさんって絵本
ほんとうにあるの〜!!」
冗談で言っていたのに
本当にあるんだ〜〜!
え〜〜!いつのまに〜〜?
最近絵本屋さんに顔を出していなかったコバはびっくり!!

聞いてみると からすのぱんやさんシリーズで
「からすのてんぷらやさん」
「からすのそばやさん」
「からすのおかしやさん」
「からすのやおやさん」
の絵本が最近出版されたそう。

からすのぱんやさんの子ガラスたちのその後が
描かれていて
(みんな〜〜 大きくなったのね〜〜!!)
小さい頃から親しんできた読者のみなさんの
母性も刺激される展開になっています。
ぜひ 上記のシリーズ みなさまも
読んでみてください。


さてさて そんな 世に愛される絵本を
次々と世に送り出したかこさとしさん
昨日3月31日は 米寿(88歳)のお誕生日でした。
そんなお年になってもまだなお
精力的に新作を発表し続けるかこさとしさん
すごいですね〜〜!
「だるまちゃんとてんぐちゃん」
シリーズはご存知の方も多いでしょう。
福音館書店のfacebookページ(←クリックすると見られるよ〜)
では「だるまちゃん」の新作を記念し
(え〜〜!!だるまちゃんシリーズも新作がでたの〜〜!)
加古里子(かこさとし)さんの絵本の世界を
毎月1回掘り下げて特集し、
その魅力を伝えてくれるそうですよ〜〜!!

からすの新作シリーズはさっそく読んだけれど
今度はだるまちゃんシリーズの新作も
読んでみようっと〜〜

        コバ
2014/03/30
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: あつ@三河 (2:20 pm)
子どもがいると、どうしても家の中に物があふれ、
すっきりしません。
洋服、おもちゃ、子どものお世話用品、etc...
片付けても片付けてもすぐにちらかってしまいますよねぇ。




















「OURHOME 子どもと一緒にすっきり暮らす」(ワニブックス)
双子を育てつつ、整理収納アドバイザーをされているEmiさんの
この本は、子どもが小さくてもすっきり暮らすことができる
様々なアイディアを知ることができます。

お金をかけず、いろいろ工夫しながら収納システムを考え、
かつ、いかに時短家事をするかということまで書かれています。

収納システムがしっかりしていると、小さな子どもでも
自分でおもちゃのお片付けができたり、身支度を整えることができたり、
自立を促すことにもなるのねぇ〜と、感心させられることしばしば。


よくある整理収納本は、大人の暮らし目線で書かれていることが多いのですが、
この本は、子どもと一緒にくらすということ前提で書かれているので、
子育て中のお母さんにはお役立ち情報が満載!ですよ
2013/08/22
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (8:33 pm)
「お弁当」というタイトルなので
お弁当のアイデアと・・・思われた方はごめんなさい。
作り方の本でもありません。




    弁当づくりで身につく力
      −小学生むきノンフィクションシリーズ
        世の中への扉ー
    竹下和男 著
    講談社






香川県の小学校で
子どもだけで弁当をつくる「弁当の日」を開始
その食育実践記録だ。
世の中への扉というシリーズで小学生向きに書かれた本だが、
ぜひ大人の人によんでもらいたくてここに紹介する。
(実はこどもの広場に紹介したいくらいだ)

今「食育」という言葉でいわれているように
こどもたちへの食べ物に対する教育が重視されている。
ファーストフード・ジャンクフード・添加物食品・内食・季節のない食べ物・・・
食に関するいろいろな問題点が挙げられている現在
竹内校長は、「給食への感謝の気持ちをもつ」1つの方法として
「弁当の日」を思いつき、やや独断的にはじめた。
しかしそのことで、
こどもは大きく成長し
親もこどもとともに成長した。

ただ食べ物を作るという行為の中に
食べ物の素材となるものを作った人・とった人・運んだ人
そういう人が見えてくる。
もちろんおいしくつくる・栄養のバランスを考える・段取りよく作るために
持っている知恵と知識をフル回転させなければならない。
そして、すべてをひとりでやりとげるために
まわりの親がどのようにかわらなければならないか・・・

大人としてこどもにかかわる時のヒントが満載だ。

本来こども向けに書かれた本なので実に読みやすく1時間ほどで読めるので、ぜひ大人の人にすすめたい。
2013/08/01
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: コバ@尾張 (4:50 pm)
情報案内人コバです。
ふだん自然の中で保育をしています。
きょうは夏休み向けに親子で作って楽しめる遊びを紹介します。

森の木陰の水辺で遊べたら涼しくて最高ですが、庭やお風呂や公園でも水を張って船を浮かべて楽しめますよ。

「かまぼこ板で作って遊ぼう!動く船」


写真をクリックすると拡大写真が見られます⇒

【準備するもの】
・かまぼこ板1枚
・木の枝や木の端材少々
・割り箸1
・小さな釘10本くらい
・牛乳パック1個 
・輪ゴム2本
・油性マジック
・のこぎり
・キリ(釘を打つ前にキリで穴をあけると割れにくい)
・金づち

【つくり方】

,まぼこ板の底に割り箸を2本、釘でとめつける。(箸の半分が外に出ているように)

△まぼこ板の上の面に船の飾りの木を釘でとめる(枝や木の端材をのこぎりで切って)

5軻パックを4×6cmに切り縦半分(2×6cm)に折って、中心に2箇所穴を開け、それぞれの穴に輪ゴムを通し、それぞれの輪ゴムを割り箸の端に結びつける。

ちイ北性マジックなどで色を塗る。

サ軻パックのプロペラをまわして水の上に浮かべると船がすすむよ。
 

※船の上の飾りが大きすぎるとバランスを崩して倒れてしまうので注意。牛乳パックのプロペラがスムーズにまわるよう割り箸の間隔はできるだけ広くとってね。
かまぼこ板を組み合わせて大きな船を作るのもおもしろいね。
2013/07/03
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (8:17 pm)





   新版 赤ちゃんのいる暮らし
   毛利子来 著
   ちくま文庫





私が子育て真っ最中の頃、いや初めての子育てに苦労していた頃
我が家の本棚の一番手にとりやすいところにこの本があった。
いつも目に入るところにこれがあることで、なぜか安心だった。

子どもたちが大きくなり、赤ちゃんでなくなっても、この本があることで、大丈夫と思えていた。
まるで「お守り」のような存在だった。

それが、引っ越しを繰り返すうちに、どこかへいってしまった。
(誰かにあげたのだろうか?・・・)

先日、書店の文庫コーナを歩いていてふと目に止まった。
そして、赤ちゃんはいないが、購入する。

そうそう毛利氏のこの言葉に助けられた。
この言葉を信じていた。
そういった、私の無我夢中の子育てがよみがえってきた。
(今も決して子育てが終わったわけではないが・・・
 子どもはいくつになっても子ども・・・)

暮らし・・・・そうだった、生活を共にすること。
親だから「こうしてもいい」「こうしなければならない」はない。
改めて、考えた。

ぜひ、赤ちゃんといっしょの生活がはじまって、不安や心配でいっぱいなママたちにすすめたい。
初版は、1984年。
特に予防接種については事情もかなりかわっているが、参考にしたい。

だが、何年前の本だろうと人と人が暮らして生きていくことにそんなに違いはないように思う。

続編の「幼い子のいる暮らし」も我が家にあった。
次はこれを改めて読み直そうと思う。
2012/10/26
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: あつ@三河 (1:50 pm)

















朝晩めっきり寒くなり、日が落ちるのも早くなりましたね。
子供たちの外遊びの時間も短くなり、なが〜い夜。
お家の中で何をして過ごしていらっしゃいますか?


わが家では最近、夕食後に「カプラ」で遊ぶのが流行っています。
親子3人、思い思いの作品を作ることもあれば、
兄弟で力を合わせて何かを作っていることもあります。
下の写真は、各々の作品♪

















(左:4歳の次男の作品「十階建てのマンション」
 真中:私の作品「鳥」
 右:7歳の長男の作品「教会」)

カプラは、とてもシンプルな薄い板を並べたり積んだりするだけの遊びですが、
小さい子でも大人でも楽しめる、ほんと素晴らしいおもちゃですよね〜。

カプラの説明書によると、、、
『カプラは「究極のワンサイズ」。正確な仕上げにより、
高く積めば18メートルにも積み上げられます。』
とのこと。

18メートル!!!
どれくらい積めるのか、かる〜くやってみましたよ。

















(比較対照物:長男、身長125cm)

おお〜!ほんとうにスバラシイ安定感!
約2mくらいの高さまで、結構簡単に積めました。


















天井に届かんばかりの高さ!
そして、がんばって作った作品を、派手に壊すのも結構楽しい


そんな事を楽しんでいる間に、わが家の秋の夜はふけていきます、、、。
2011/09/28
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: あつ@三河 (9:43 pm)
以前からあこがれだったダンボールハウス。

なかなか見つからなかったおっきなダンボールを
近所のホームセンターで手に入れることができたので、
さっそくだんなさんに作ってもらいました。



















とんがり屋根に、窓とドア。
イメージ通りのダンボールハウスの出来上がり♪


今回使用したダンボールは、大人用三輪車の箱で、
車に積むのがギリギリなぐらい大きなものでした。
おかげで、現在身長約120cmの長男が、
ハウスの中で真っ直ぐ立つことができるくらい
背高のっぽなハウスに仕上がりました。

そして、ダンボールの表面についていた三輪車の絵が、
ちょうど窓から見えてかわいいアクセントになっています。




















大きな商品を入れるための箱なので、ダンボールが2枚重ねになっており、
とっても丈夫です。


もちろん、子どもたちも大喜び〜



















お家は少し狭くなったけど、秘密基地のようなダンボールハウスは
大人もかなりわくわくしますよ
2011/09/22
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ゆりりん@名古屋 (11:33 pm)
2歳4ヶ月の長男に先週トーマスのはさみを買い与えたところ、
それ以来はさみがお気に召したようで色々なものを切ろうとしています。
部屋が散らかって困るので、はさみタイム以外は手の届かない場所に隔すことに・・・。
紙ならなんでも切っちゃうので、手帳や大事な本も切られてしまいました・・・。


そんな息子がお気に入りのハサミがこちら。
ABS樹脂製なので、紙以外は切れないので安心です。
アンパンマンのがあるのは知っていたのですが、
たまたまデパートの玩具売り場で大好きなトーマスのものを発見したので即買いしました☆
http://www.shop.thomasandfriends.jp/shopdetail/009002000019/

本屋さんで公文の「ろそろおこさまに はさみ(2歳〜)」というのを購入し、
一日3ページほど一緒にはさみタイムとして取り組んでいます。
「小さい丸にお父さん 大きい丸にお母さんとお兄さん」
と、ハサミの持ち方を教えて一週間。
もうすんなりと指を入れ、3本の指で刃の開閉も上手に行っております。
2011/09/20
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ゆりりん@名古屋 (10:50 pm)
ずっと前にホメオパシーのことをここで書いたことがあるのですが、
今年に入ってからホメオパシー療法を生活に取り入れています。
こどものうちは医療費がタダなのでホメオパシーで対処する方が高くつくのですが、
軽い風邪程度ならこども達も病院には行かずにホメオパシーで対応しています。


最近購入したのがホメオパシーの36基本キットというもの。
家庭生活を送っている中で揃えておきたいベーシックなレメディが揃えられているキットです。
今年の夏休みは1週間ほど北海道旅行に行きました。
こどもが二人して風邪をひいていたのですが、
基本キットを携行して旅行をしていたので知らない土地でも症状に対処することができました。


そこでビックリした体験談を。
帯広に宿泊していたある晩のこと、
夜中の3時頃に長男が「耳が痛い〜。」と耳を押さえながら起き出しました。
風邪からくる急性中耳炎であろうということで、
中耳炎に対処するレメディを与えました。
すると数分後には「痛くない。」と言ってスヤスヤと眠りにつきました。
これには私も主人もビックリ!
初心者なものですから、ホメオパシーもちゃんとヒットしているのかどうか分からないこともあるんですが
今回の中耳炎は効果てき面でした。
旅行中2回ほど「耳が痛い」ということがありましたが、レメディですぐ治まりました。

勿論症状が悪化するようであれば病院に行くことを考えていましたが、
幸い二人とも病院のお世話になることなく旅行を終えることができました。


健康はお金で買えないもの。
今まで「風邪=病院」という方程式が成り立っていたのですが、
こどもが生まれてからは医療に対してもよく考えるようになりました。
西洋医学のメリット・デメリット、民間療法のメリット・デメリットをよく考えて
使い分けていきたいなと思っている我が家です^^

食事療法なども今色々と勉強中で面白いですよ☆
2011/08/22
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ゆりりん@名古屋 (10:48 pm)
バランスバイクというものをご存知でしょうか?
ラーニングバイクとも表現されることがあるこの商品、
簡単にいうと”ペダルなし自転車”のことです。
最大の売りは
「これに乗っているといきなり自転車に乗れる」ということ。

私達がこどもの頃は、
補助輪つき自転車に乗ってある時期がきたら補助輪を外す特訓をしましたよね。
それがバランスバイクに乗っていると、
補助輪を外す特訓などしなくてもいきなり自転車に移行できるんだそうです。 
遊び方はとっても簡単。
ペダルがないので、自らの足でキックして進むのみ。
自転車にまたいだ状態で地面に足が付くことさえできれば小さなお子さんでも乗りこなすことができる自転車です。
巷ではストライダーという商品がメジャーですが、
私はストライダーとは違う商品を購入してみました。


その名も「KaZam カザム」


適用年齢は2,3歳〜6歳くらいまで。
ストライダーとの大きな違いはタイヤがエアータイヤで自転車により近いこと。
そして足元にフットレストが搭載されていることです。
デザイン性も良かったので、こちらを購入しました。

2歳3ヶ月の息子に先月に買い与えたところ、
1ヶ月ほどで上手にキックして進んでおります。
まだフットレストに足を乗せるほどバランスを上手くとれていませんが、
冬になる頃にはバランスをとって乗りこなしているかもしれませんね^^


2歳のお誕生日、2歳のクリスマスなどにお勧めですよ☆

※注意※
ストライダーもKaZamも現在とても人気で2ヶ月待ちは当たり前のようなので
プレゼントにお考えの方は早めに予約して下さいね!!


KaZamのHPです↓
http://kazambikes.jp/demo.htm
2011/07/23
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (11:07 pm)
本日「おもちゃのひろば」にて布のおもちゃ作り教室に参加しました。

半日(2時間弱)でできた作品がこれ




       縫わずに作れる作品  
         「お弁当ミニタペストリー」







  この作品を考案されたのは本日の講師
  大江委久子さん


  現在、京都にお住まいで、
  89年より布おもちゃTA−YAN(たあたん)を主宰されています。
  布おもちゃの著書も多く
  







                   くらしに布おもちゃ
                   銀河出版舎

                   など・・・


本日の作品は
本当にはさみで切っただけ
型紙などはすでに準備されていたのですが、
切って貼るだけでできるのです。
裏に接着のついているフェルトを切って透明シートに貼り、
マジックテープをつければできあがり。
自分のお弁当が作れるというわけです。

「おべんとうばこのうた」にあわせて並べてみたり
子どもとおはなししながら並べたり
いろんな楽しみ方ができそう。
おかずや野菜もオリジナルで工夫しだい。

でも、これを使って、食育や偏食指導につかってはダメよ!

最近では老眼鏡が必要になったので、チクチク手作りおもちゃは久しくつくっていなかったのですが、楽しかった。
子育て真っ最中のママには、楽しくてハマルこと請け合いです。

布のもつあたたかい手触りと、自由に姿をかえることのできる布ならではのおもちゃは、子どもによい感覚を与えてくれる。
そして、作っている時間が大切。
ぜひ、布おもちゃに挑戦してみては。


大江委久子さんのHPはこちら

http://www006.upp.so-net.ne.jp/TA-TAN/

発行されているTA−TANつうしんも読みました。
子育てに参考になることが満載です。
2011/06/23
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: あつ@三河 (2:02 pm)
以前ブログでご紹介した、そうめんの桐箱を使用して作った巣箱。








ブログを見た知り合いの方から、
「マンションの5階でも、鳥は来るよ〜。」
と教えていただき、じいじのお家から巣箱を持って帰ってきました。


同じ方から、
「お皿にお水を置いておくだけでも、小鳥はくるよ。」
と教えていただいたのですが、
すぐにでも結果を出したいタイプの私は、
果物を巣箱の前に置き、小鳥をおびき出すことにしました。

果物といっても、朝食で必ず食べる果物のくず(りんごの芯や皮、
オレンジの実が少しついた皮など)です。
朝食後に息子たちと置いて、わくわくして待っていました。


置いてから、1日目、2日目は、相手もこちらの様子をうかがっていたのか
小鳥は現れませんでしたが、3日目の午後何気なく巣箱をうかがってみると、、、

果物がない!!!

一つ残らず、すっかり持ち去られていました


その日から、毎日小鳥はやってきてくれたものの
かなり警戒している様子で、なかなか姿を見ることはできませんでした。
何となく、「この子が来てるのかなぁ。」と思われたのは、
近くの電線に止まってこちらの様子をうかがっていた、「もず」。
小鳥というよりは、結構大物!?


でも、確かに、小鳥はマンションの5階でも遊びに来てくれますよ〜♪

子供たちも、姿は見れないながらも、
「えさ、なくなってる〜  」と喜び、
しばらくの間、せっせとえさを巣箱に運んでましたから。

ず〜っと続けて、小鳥たちとの信頼関係ができれば、
観察ぐらいはできるようになるかも?
2011/04/07
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: えびふりゃー@名古屋 (10:04 am)
 先日、お会いした方に被災地への支援の話を伺いました。

新聞にも載ったそうなので、もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

少し遅くなってしまいましたが、ご紹介します。
(以下案内文を引用します)



********************************
「3・11絵本プロジェクトいわて」ご協力のお願い
2011年3月29日(火)

東日本大震災で被災した子どもたちの心を癒そうと、全国から絵本を集める活動が盛岡市でスタートしました。

代表で絵本編集者の末盛千枝子さん(70歳)は、「世界の被災地で絵本が子どもの心を癒した実例がある。被災地に絵本を贈ってほしい」と呼びかけています。

盛岡市中央公民館の協力を得て、保育所・幼稚園等に絵本を届けるプロジェクトです。大きな災害があった際、小さな子どもは事情をよく理解できないまま、不安に陥ることもあります。また、身近な大人たちの不安やストレスに敏感になる場合もあります。

末盛さんは、「すえもりブックス」の代表として40年以上、本の編集者をつとめ国際児童図書評議会の理事として絵本の普及のため国際的に活躍された方です。昨年5月に東京から岩手県八幡平市に転居。「被災した親は生活のことで精いっぱい。そんな環境だからこそ絵本が必要。本を受け取った子どもの笑顔が浮かぶような絵本をお願いします!」と連絡がありました。
どうぞ、ご協力をよろしくお願いいたします。

■絵本の送付先
〒020-0013
岩手県盛岡市愛宕町14-1盛岡市中央公民館
「3.11絵本プロジェクトいわて」
TEL 019−654−5366

■支援金の振込先
ゆうちょ銀行(受入に5日間ほどかかります)
3.11絵本プロジェクトいわて:口座記号番号 02210-4-133692

みずほ銀行盛岡支店
3.11絵本プロジェクトいわて:口座番号 普通預金 1188014 


  
「3・11絵本プロジェクトいわて」賛同者@名古屋
特定非営利活動法人 参画プラネット 渋谷典子 want@poem.ocn.ne.jp

*****************************

お話をうかがった方もおっしゃっていましたが、
できれば被災地の子どもたちが希望を持てるような絵本がいいのではないかな、ということ、
不要になったものを送るのではなくて
(かといって自分の子どもが気に入っているものを取り上げる必要はありませんが)
受け取った方が笑顔になれるような支援ができたらいいね、ということでした。


このブログを見ている方には、子育て支援のお仕事をされている方がいっぱいいらっしゃると思います。


もしこの支援をご存じなかったら、是非、子育て広場などで、お母さん方に伝えてください。
小さい子がいると荷物を発送したりするのも一苦労ということもあるけれど、
いつも行く広場で取りまとめてもらえれば、力になります。


少しでもたくさんの方が笑顔になれますように、
ほっとできる時間ができますように。
2011/03/31
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (9:42 pm)
子どもたちが休みになると映画館では、子どもたちが楽しめる映画が上映される。
我が家でも子どもたちと見に行っている。
今年はどれにしようか?
中1の男の子・高3の女の子と相談の結果
塔の上のラプンツエルとなった。

中1の男の子がディズニー?
と思われるだろう、そう、今回は
母の希望を聞いてもらった。

母は特にディズニーのファンではない。
母の目的はグリムの昔話をディズニーがどのように映像に表現するのか?

それは、
グリム昔話と全く違う内容となっていた。
でも、違う作品と思えば、おもしろい作品になっていた。

3Dでもあったが、時間の関係で2Dでみた。
2Dでも映像技術の進歩はすばらしい。
とてもきれいで、まるで人形が動いているようにすばらしい。
おまけに、音楽もよくミュージカル仕立てで楽しい。
(うたっている人の歌唱力はけっこうすばらしい)

主人公ラプンツエルが現代の前向きな好奇心豊かな少女。
明るく、かわいく、がんばりやである。
(フライパンを振り回して盗賊をつかまえるのである)

迎えにくるのは王子ではなく盗賊の若者。
昔話に出てこない馬がユニークなキャラである。
(この馬が以外に大活躍)

魔女がなぜラプンツエルを塔にかくまって育てたのか?
理由が昔話とは違う
ラプンツエルが主人公の名前でしかない。
実はお姫さまだった。
最後は父・母のもとにもどっていく。
美しい髪を切ったのは、盗賊である。
(昔話と違うところがきになってきた。)

一番気になるのは、魔女のラプンツエルに対する思いが違う。
(親が娘を世間から遠ざけたいと思う気持ちが違う)

でも、昔話と別ものだと納得すれば、
それなりにたのしめた。


原作やもとになるおはなしがある場合は、やはり、
その違いがいつも気になる。
2011/03/26
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: コハル@名古屋 (9:22 am)
3月最後の週末、みなさんいかがお過ごしですか?
イベントコーナーに記事をupしましたが
本日昭和区の生涯学習センターで「キッズカーニバル2011」が
行われます。
お近くの方、名古屋に用事のある方いかがですか?
お出かけのついでに立ち寄られてもきっと楽しいと思います。

3階建てのセンター全館を使った、子どものお祭り。
各部屋で模擬店や工作、ゲームにお化け屋敷、体験コーナーなど楽しい企画盛りだくさんのようですよ。

長男(4歳)がこのチラシを毎日のように私のところへ持ってきて
「お母さん、早く子どものお祭りに行こうよ !」と熱望していました。長男のリクエストに応えてこれから偵察に行ってきます。

そして赤ちゃん連れに嬉しいポイント!このカーニバル、
授乳室やオムツ替えのコーナーも完備してくれているようです。
我が家も常に次男(0歳)を連れて移動しているので嬉しい!
出先にこういう場所があるって、ベビー連れのママにとって
とっても心強くて有難いですよね。

ゆりりんさん、次男さんお誕生おめでとうございます!
うちも昨年6月生まれなので同学年ですね
お互い頑張りましょうね。
まだ寒い日があるから風邪に気をつけてね。

ではキッズカーニバル行ってきます。
またご報告しますね!
2011/03/03
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (10:57 am)



   本日3月3日はひなまつり

   女の子のいるお家ではかわいいお雛様がほほえんでいることでしょう。

   さて、「ひなまつり」という風習は、わたしが言うまでもないのですが。
   身のけがれを清める風習が、紙の人形に自分のわざわいやけがれをうつして川や海に流す「ながしびな」という行事がうまれました。
   
   それが平安時代に「人形あそび」とむすびつきました。

   室町・江戸時代には、人形や道具をかざるようになりました。
   女の子の成長と幸せを願う日となりました。
   季節の節句「ももの節句」となったようです。




さて、写真のおひなさまは、
ご覧のように折り紙です。
わたしは、毎年折り紙でおひなさまを折って、このようにお飾りしています。
毎年、折り紙の柄を選ぶのがとても楽しいです。

先日、ある若いママが、
「マンションで、おひなさまを飾るスペースがなくて、子どもも小さいので、いたずらするし・・・購入を考えている・・」
という会話をしていました。

もちろん、すばらしいお人形を買ってあげたいという気持ちもよくわかるので、私の気持ちや考えは口にだせませんでした。

ただ、こんな楽しみかたがあっていいのでは?と思います。

子どもといっしょに粘土や布でつくるのもいいかもしれませんね。

でも、世間でいう「ひなかざり」をほしいという気持ちもやはり、よくわかります。



折り紙の参考図書
 旬と楽しむ暮らしのかんたん折り紙12か月
                     PART3
   監修 小林 一夫
   日本ヴォーグ社

行事の参考図書
 子どもと楽しむ行事とあそびの絵本
   すとうあさえ 文
   さいとう しのぶ 絵
   のら書店
2011/02/03
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: あつ@三河 (10:37 pm)
「とりさんのおうちがほしい!」
長男のそんな一言で、先週末じいじとだんなさんが、がんばってくれました












そうめんの桐箱から、りっぱな巣箱ができました。













今回はさすがに「簡単」にはできず、
のこぎりと釘を使った本格的な物になりました。
小鳥さんたちも十分に住める、サイズと仕上がりです。


ただ、、、、
長男による着色が、、、、

はではで過ぎて、小鳥さんが寄ってきてくれないかも


我が家はマンションの5階で、小鳥さんが来てくれる環境ではないので、
現在巣箱は、小鳥さんがたくさん寄ってくるお庭のある、じいじんちにあります。

次回じいじのお家に行くときは、巣箱の中に誰かいてくれるといいなぁ〜
2010/12/25
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (10:52 pm)
みなさんよいクリスマスを過ごされたことでしょう。
さて、今年もあと1週間となりました。
いよいよあたらしい年に向けて仕事がはじまりますね。

まず、頭を悩ませるのが大掃除ではありませんか?
この私もそうです。
見ても見ないふりをして過ごしてもう○年。

「重曹でそうじを!」とうのは以前からいわれていましたが・・

先日、情報番組を見ていて、「目からうろこ」の情報が!
  (すでにご存じの方はごめんなさい)

それは重曹ペースト

油汚れから水垢・石鹸カス・しみ・・となんでもきれいに落としてしまう。
それも、ゴシゴシとするのではなく、簡単にこするだけ。
重曹クレンザーを汚れを落としたいところにつけて数分まてば、
あとは、軽くふきとるだけ。

早速作って試してみたところ、
油汚れのひどいレンジまわりがピカピカに!
(ビフォーとアフターをお見せできないのが残念!!)

今、○年来の汚れ落としに夢中です。
今年は、大掃除にはりきっています!!

重曹ペーストのつくりかた

・重曹 1カップ
・純せっけん 1/4カップ
・酢 大匙1

・重曹に純せっけんを入れてよくかき混ぜます。
・そこへ、酢を入れてかけ混ぜると泡立てきて、クリームのようになります。

注:純せっけんは成分を確認して、純せっけんの表示の液体状のものを使ってください。(くれぐれも合成洗剤とまちがえないでね)

インターネットなどで検索されても詳しくでています。

ピカピカの家で新しい年をむかえたい!!
2010/12/05
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (12:10 pm)





   今、このうさぎの折り紙をたくさん折っています。

   私は、毎月2回絵本を抱えて幼稚園に伺っています。
   30分程度の「おはなし会」をしてます。
   毎年、クリスマスのプレゼントというほどのものではありませんが、
   折り紙の作品をつくって園のこどもたちにプレゼントしています。


   今年はこの「うさぎの折り紙」にしました。
   来年はうさぎ年ですものね。


   なかよしうさぎという折り紙です。
   折り方を紹介したいのですが、
   それはここではできません。
   この折り方を考案した方の、権利をまもらなければなりません。

   株式会社 ゆしまの小林
   なかよしうさぎ アレンジ 渡部浩美さん  
             情報としてお知らせできるかな。

ウサギ年をこのような折り紙を飾って祝うのはどうかしら?

毎年、この時期に40〜50個の折り紙を折りながら、いろいろなことを思います。
やはり、この折り紙にこめて、子どもたちの幸せと成長を願っています。
それと同時に、自分の好きな活動を続けられる喜びをかみしめます。

折り紙が、子どもたちの遊びだけでない何かの意味を感じています。
2010/11/26
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: あつ@三河 (11:51 pm)
少し前から、長男が「ひらがな」に興味を持ち始め、
今ではほぼ読めるようになりました。

年少さんくらいから既にひらがなを読めるお友達もおり、
長男はそれほど早い方ではなかったのですが、
それでもひらがなに興味をもてるようにと、
以前から「ひらがなカード」をお家の壁に貼っていました。


ひらがなのお勉強でよく見かけるのは、
50音が1枚の紙に書かれたポスターみたいなものですよね。
小学校が近づいてきたお子さんがいる家庭であれば、
リビングや子供部屋、お風呂の壁なんかに
ぺたっと貼ってあるのを目にします。


我が家は、だんなさんお手製のひらがなカードを使っています。
50音が1枚づつカードに書かれているものです。















普段は、50音順に並べて、
旗のように壁に貼ってあります。
見た目も楽しいっ














このカードの良いところは、
1文字づつバラバラになっているので、
ひらがなを組み合わせて言葉を作る
ことができます。














そして、文字の下に、その文字で始まる
こどもに馴染みのある絵が書いてあるので、
(「あ」には「あり」の絵など)
ひらがなが読めるようになる前から、
「ありさんの『あ』はどれかな〜?」
と聞くと、絵から探してカードを当てることができ、
ひらがなが読めた!感を子どもが味わうことができます。
それが、更なるやる気へとつながることにもなります。


このカードは、パソコンで文字と絵を組み合わせて作ったものなので
その子の好きなものの絵を文字の下に入れると
更に興味を持ってくれるかもしれませんね。


ひらがなが読めるようになった長男の次の課題は、
ひらがなを書くこと。
「『あ』ってどうやって書くの?」と問いかける長男に
「ひらがなカードを見て書いてごらん。」
と、カードは今も活躍してます。
2010/11/01
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: あつ@三河 (9:41 pm)
今日から11月ですね。
気づけば、早くもクリスマスシーズンが近づいてきています。

毎年悩む、サンタさん(私たち)から子供たちへのクリスマスプレゼント、、、。
去年は、木製キッチンセットをあげました。
二人の子供が仲良く使えるように、
子供が立ってちょうどお料理ができるくらいの高さの
割と大きなものです。

男の子二人兄弟にキッチンセット??と思われるかもしれませんが、
以前から持っていたプラスチックのおままごとセットを使って、
二人とも結構おままごとをしていたのと、
これからの男子は、お料理くらいはできないとね、
という親(私)の希望もあって、早くから練習をさせたくて。
(できれば、後々は私の代わりにご飯を作ってほしい!!)

私の目論みに気づかず、子供たちはこの10ヶ月の間、
いろいろなお料理を作っては私にごちそうしてくれました。


そして、その木製キッチンセットに合わせて、
だんなさんが木製のカトラリーを作ってくれました。














バターナイフとフォーク。

これ、材料は何を使用したと思います〜?
実は、これです。
じゃん♪














そうです、みなさんよくご存知の、いただきもののそうめんが入っている
桐の箱です。
だんなさんいわく、桐はやわらかいので、カッターナイフと紙やすりだけで
作ることができたそうです。
好きなサイズや形のフォークやスプーンを作ることができて、
いいですよね〜。


ちなみに、だんなさんはそうめんの桐箱を、こんなものにも再利用していました。














ちょっと見えにくいのですが、プラスチックのふたがついています。
ふたのプラスチックは、CDケースの不要品を使ったそうです。
来年の子供の夏休みの宿題にいかがですか〜?
ちょうど、お中元でそうめんをいただく時期でもありますしね。


さて、、、、
今年のクリスマスプレゼントは、何にしようかな
2010/09/25
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (11:54 pm)
先日、友人Kさんよりデジットというゲームをいただいた。





    5本のマッチ棒サイズの棒と
    それによってできる形のカードが55枚はいっている。

    7歳から2〜4人で楽しむゲームだ。


    遊び方は、いくとおりかありよるようだ。

    カードの形と棒の形を同じにしてたのしむゲームだ。

    はじめは、形を見極め探すのでずいぶん時間がかかった。
    (左右逆の鏡状態がむずかしい)



    それが、けっこう夢中になり、楽しい。


息子は、カードと棒で同じ形を作って、変化の仕方やできうる形をこっそり、自主練習しているではないか!

娘は、その弟をみて、興味を示しゲームに参加してきた。

父は、人数があったほうが楽しいだろうと、子どもたちに強制的に参加させられていた。

(母は、その様子を見ながら、このブログを書いている。)

我が家は、どちらかというと、家族の会話の多いほうだとおもっている。
だが、こどもたちも大きくなり、一緒に楽しむ時間は、こどもが幼いころに比べたら少なくなっている。

久ぶりに、家族が頭を寄せて、なにか1つに夢中になっている姿を見た。
(母は、なんだかうれしい)

そんな姿が見れたことをKさんに感謝したい。

テレビを消して、秋の静かな夜にゲームはいかが!

追伸
 実は、偶然だが、このゲームをいただいたのは、こどもたちの誕生日だった。よいプレゼントになった。
 (我が家のこどもは、5歳違いの同じ誕生日なのだ!)

    


    
2010/07/02
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: komori@尾張 (12:18 pm)

桑の葉が青々と茂っています。
需要はカイコだけでなく、人間も、葉を煎じて飲んでいる方もみえるとか…。
いつも、お願いしてあって、カイコのために葉をもらっています。ありがとうございます。
手前は、枝が伐採されています。こうすると、また新芽が出て、葉っぱが出てくるそうです。

体長5mmに成長しました(30日)
まだ、脱皮はしておらず、成長と共に皮が伸び、白っぽくみえます。
柔らかい生えたて?の葉を食べています。
成長が早いです。
2010/06/26
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (5:56 pm)
「ストーリーテリング」をご存知ですか?

「語り」「おはなし」「素話」などと呼ばれます。

昔話や物語・おはなしを覚えて、絵や絵本などの映像に一切たよることなく、語り手と呼ばれる人が、自分の声だけで語りきかせることをいいます。

図書館や文庫などでおはなしを聞くことを経験された方もいるでしょう。

さて、私は先日ある「ストーリーテリングの会」の小学校での様子を見学した。
 (すなわち、この会でのおはなし会は、絵本や紙芝居などの絵をたよりにしたプログラムはおこなっていない)

1度目は朝の読書時間の20分のおはなし会。
2度目は授業の1時限がすべておはなし会。
 両校にはもう何年も継続しておはなしを語りにいっているらしい。
 (実は私もこのストーリーテリングをしている身、とても参考になるとともに勉強になった。)


ストーリーテリングのすばらしいところは「そこで語られている人になって、ひとのしたことを自分のしたことのように感じ、自分の体験とする、それを語り手と聞き手が共有する、そして、歓びとする」といわれています。その力が生きる力になる。

私は、上記の会の見学でまさにそれを体験できました。
聞いている子どもたちの目は、みんな語り手をみていますが、心は語られているお話をみています。
おはなしの内容によっては、息をつめていたり、くつろいで楽しんだり、ハラハラしたりと、聞き手の心の様子がよくわかるのです。
そして、おはなしが終わると、すばらしい経験をすませたような満足な顔・顔・顔。

これぞ、ストーリーテリングの醍醐味!歓び!

現実のしがらみから開放され、「こんな世界があったのか!」と歓び、想像の世界を十分に楽しむ。

今、まさに、現代の悩める子どもたちが必要としているものではないなのか!
たくさんの子どもたちに経験してもらいたいとおもう気持ちでいっぱいだ!
それも1度2度でなく、ずっと継続して聞いてもらいたい。

もちろん、上記の会の方々に語りの実力があるからこそである。
(だれでも、簡単にできるものではない、いいかげんな語りや、内容では、聞かないほうがいいかもしれない)
それに加え、メンバーの誠実な態度が(語りにも、子どもたちにも)ずっと、活動を続けられたワケだと思う。

参考までに私が2回の見学で聞いたおはなし
・十二人兄弟・・・グリムの昔話  (6年)
・小石投げの名人タオカム・・・ラオスの昔話   (4年)
・おばあさんとブタ・・・イギリスの昔話 (4年)
・小鳥になった美しい妹・・・ギリシャの昔話 (4年)
・きつね女房・・・日本の昔話  (6年)
・学校こわい・・・岡田淳:作  (6年)
                 (○年)は語られた学年

こどもたちにストーリーテリングを・・・

   ここに書き込むための参考図書
    「ストーリテリングー現代におけるおはなしー」
         間崎ルリ子 著 児童図書館研究会
2010/04/17
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (5:02 pm)
テレビのある歌番組を、観るともなくみていると、
軽快なリズムと、楽しくユニークなダンスでうたっているグループがいた。
ふと、目を止めて観て、聴いてみた。

すると、その詞がいいんです。
胸が熱くなり、涙が出てきて、勇気がもらえて、元気になった。

なんというグループのなんという曲か?
早速、インターネットで調べた。

勝って泣こうぜ!
   T−pistonz+KMC

どうやらあるアニメ番組での曲らしい。

歌詞に1部から抜粋すると

・問題ないぜ!それこそ後悔なんて今はしたくないから
   何度だって挑戦
     スっ転んでもたちあがろうーぜ

・あんとき涙こらえて痛みも傷も隠して無茶しとこと
   全然無駄じゃない!

・やまない雨はないんだ
   必ずいつかは晴れる
     曇り空の向こうで勝利が待っているぜ!

ね!いいでしょう!

新しい生活・環境が始まる4月。
 なんだか、チョット心が折れそうになる季節。
そんな季節の応援歌。

この曲を聴いて力がわいてきた!!

そう
・あきらめないで続けた魂燃やし続けた今までのことが全部が
  今生きてるぜ! Yeah! Yeah! 勝って泣こうゼッ!


  
2010/04/10
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: komori@尾張 (9:41 am)
大口町のまちづくり道具箱整備事業でキレイに改装して頂いた活動拠点の事務所。
「交流広場」として広いスペースができています。

今は、「ちゃいるど・すぺーす尾北」として乳幼児を持つママ達の居場所と、「もりもりキッズ」放課後子ども教室として使っています。
それ以外にも、地域の皆さんも参加して、一緒につながり合いたいと思っています。昨年は活発に交流できなかったので、今年度はいろんな催しを開催しようと思っています。

昨年は、第1回大口笑おう会を開催し、名古屋の落語家さん「雷門幸福」さんに来て頂き、大いに笑い、交流会もしました。

今年度の最初は、『もりの文庫』。
日時:4月18日(日)14:00〜16:00
場所:子どもと文化の森 交流広場
今回は、絵本のお話会です。それをきっかけに、子ども達にと買ったり頂いたりした本を、もっと皆さんに読んでもらおうと思って、数回開催を考えています。
そうそう、ちゃいるど・すぺーすに来たママや、もりもりキッズに来た子どもが2・3冊借りていくこともあります。

この交流活動が、地域に根付いて、子ども達やお年寄りの活動の場や、ママ達のニーズに貢献できる活動もしていけたらと思います。
2010/04/09
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (11:24 pm)
最近チョット興味深い本を読んだので、みなさんにも紹介します。







   孫の力
     −誰もしたことのない観察の記録
      島 泰三 著
      中公新書






著者はニホンザルやアイアイなど野生動物の観察研究をしている理学博士である。

自分にできた初孫の六年間の観察記録がこの本である。

それが実にくわしくていねいに、記録されいる。加えて、著者は、前述のように、サルの研究者であるから、類人猿の生態や、進化の様子と比較されて、参考になる。

それに加え、湯川秀樹博士やら西原理恵子の「毎日かあさん」やら万葉集やら、さまざまな文献などが引用されている。

育児書としても、参考になると思う。

だが、やはりそこはである。
「目にいれても痛くない」というが、もうデレデレである。

3時間もずっと「ごっこあそび」につきあったり、折ってといわれれば折ったことのない「かぶとむし」さえ折って喜ばす。
親は、わかっていても時間に追われできないことを、祖父母やってしまう。

赤ちゃんのはじめてのほほえみや、赤ちゃんの出すかわいいのオーラの意味など、子育てをしたものにはなつかしく、うれしい思い出だ。

帯には「かってだったすべての人へ」とある。

私はぜひ子育て中の人たちによんでもらいたい。
近すぎて見えないものが、この本にはいっぱい詰まっているような気がする。
子育ての参考になることまちがいない。

冒頭に書かれている、「に出会える奇跡」にも、とても納得である。かっては、に出会える人はまれであり、ましてや野生動物にの存在はないのである。
2010/03/21
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (10:50 am)
♪ずくぼんじょ ずくぼんじょ ずっきんかぶって でてこらさい♪

komoriさんの「つくし」いっぱいの写真。美しいですね。

なかなか「つくし」をみつけるものむずかしくなってきました。

さて上記の「ずくぼんじょ」は九州地方で「つくし」のことだそうです。
このわらべうたは、今の時期よく私はうたいます。

先日、幼稚園のおはなし会で子どもたちと楽しんだ時のことです。

うたにあわせて「つくし」になってみようと・・・みんなでうたいました。
1度目はチョッピリ、2度目はもう少しと、いう具合におおきくのびていきます。
3度目、4度目と繰り返すうちにこどもたちの背はどんどん伸び、手は上までいっぱいのび、つまさき立ちになっているこもいます。
それでもまだ、こどもたちはおおきくなろうとしています。

あ〜こどもたちはおおきくなりたいのだなと感じた瞬間でした。

それは「つくし」とおなじ姿でした。




    つくし 
    甲斐信枝 さく
    福音館書店







つくしについてとてもよくわかる絵本です。

食べ方はもちろん土のなかのようすや冬の姿など。
つくしとすぎなの関係も。

実際に「つくしつみ」をしてこの絵本を家族でたのしんで欲しいです。
2010/03/13
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (11:21 am)
以前より友人に紹介されていたのだが、縁がなくて手にすることがなかったボードゲーム

ボードゲームとは
 コマやカード・ゲーム盤などの道具を使って2人以上で遊ぶゲームです。
 将棋・囲碁・すごろく・トランプなどもこのボードゲームに含まれるらしい。

将棋・囲碁・トランプなどはもちろん以前より遊んでいる。
しかしこのたび我が家に登場したのは、







   ハリガリ

     家族で楽しむフルーツゲーム







ゲーム参加者が、順番に自分のカードを出していき、でているフルーツの数が5になると中央にあるベルをならし、その人のカードになるというゲームである。最後に一番カードの多い人の勝ち。
(もちろんご存知の方も多いでしょう)


これがけっこう楽しいのです。
ベルのチン!という音が盛り上がるのです。

大人も手加減しようなんて気にならないくらい楽しいのです。
(もっともゲームに手加減なんて必要はないのですが)

こういったボードゲームをすることで、
 コミュニケーション力・判断力・記憶力が強化され
 ルールを守ることが身につく
     などといわれています。

そのような知的な効果を期待することも子育てには必要なのですが・・・

私には、家族が気持ちがひとつになって盛り上がり同じ時間が過ごせたことがとてもうれしかった。

このようなボードゲームは年齢にあわせて、ルールを変更したりすることはokなので、年齢に関係なく楽しめます。

我が家のボードゲーム デビューでした。
2010/02/19
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (3:47 pm)




   世界のだっことおんぶの絵本 
    だっこされて育つ赤ちゃんの一日 
     エメリー&ドゥルガ・バーナード 文・絵 
     仁志田博司・園田正世 監修
     メディカ出版






赤ちゃんはおかあさんにだっこされているのが大好き!!
世界中(12地域)の赤ちゃんがどんなふうにだっこされているか紹介した絵本です。

寒い地域は寒さを防ぎながら。
暑い地域は涼しい工夫を。
布にくるむのは同じでも抱き方が違う。

興味深いのは、必ずしもお母さんにだっこされているのではないということ。

忙しい働き手であるお母さんにかわって、おじいさんだったり、お姉さんだったり、おばあさんだったり、もちろんお父さんだったり。

でも、どんな場合でもだっこされている人を通して、自分の暮らしや人々の様子、自分がくらしている文化を、自然に知り、理解していくということ。

逆に、赤ちゃんがだっこされている様子を知ることで、その地域の人々がどんな文化をもっているか知ることができる。

ぜひ、子どもたちと一緒に、あるいは、お母さんの興味でこの絵本をよんで欲しい。

そして、だっこされている赤ちゃんが、一番安心するのはどこかを考えて欲しい。
でも、誤解しないでね。
けっして、おんぶやだっこが一番というのではありません。
赤ちゃんとともに暮らす暮らしが穏やかで、幸せでありますようにと願うからです。
2010/01/28
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: あつ@三河 (9:44 pm)
















「スリーピングバッグ」。
かっこよく言っていますが、いわゆる寝袋のことです


写真のスリーピングバッグは、
長男出産の際、出産祝いでいただいたもので、
「candide」というフランスのメーカーのものです。













今、二代目の次男が使用していて、
既に、少しよれっとしてきていますが、
スペースがあろうとなかろうと
縦横無尽にお布団の上を転がる我が家の次男には
冬の間無くてはならないアイテムです



このスリーピングバッグの素晴らしいところは、

 ‖元までファスナーで密閉でき、保温性に優れている。
通常売っている、子供用のスリーパーは、
足元が開いているので、それだけでは寒そ〜
その点、このスリーピングバッグは
上にフリースなどもう一枚着せれば、
真冬でも掛け布団なしでもあったかです。
(=どこまで転がっていってもOK!)


◆.侫.好福爾全開でき、肩のボタンもはずすことができる。















どんな体勢の子供にも着せやすいです。
特に、寝ている子供に着せるときは、
かぶせる形のものだと、頭を通過させるのが難しく、
子供が目を覚ましてしまうこともありますが、
このスリーピングバッグは、ガバっと体をくるんで
ファスナーを閉め、肩のボタンをパチンパチンとやって
おしまいです。


 薄手で乾きやすく、持ち運びも便利。
子供の衣類は汚れることが良くありますが、
お洗濯してもすぐに乾きます。
そして、この商品のうたい文句にもある
「持ち運びできる布団」の通り、
外出時に持っていってもかさ張りません。



まだまだ寒い日が続きます。
寝相の悪いお子さんをお持ちのパパママ、
こんなスリーピングバッグを1枚いかがですか?
2009/11/15
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (10:05 am)


    ちょっとボケてしまって申し訳ありません。







    でも、かわいいでしょう!





    これ、「おりがみ」なんですよ。

エンジョルとサンタクロースを折って、それでクリスマスツリーを表現しています。

なんて・・・実は私の作品ではありません。

名古屋おやこセンター主催の「子育て支援者のためのスキルアップ講座」に参加しました。
講師の折り紙遊び塾 主宰 熊谷慶子せんせいの作品です。

先生がクリスマス会などで、子どもたちの気持ちをひとつにするとき、歌・詩をよみながらこのツリーをみせるのですよと、紹介くださいました。

我が家は、子どもたちがもう、大きくなったので、おおきなツリーを一緒に飾りつける年でもなくなりました。

今年は熊谷先生にならって、折り紙てツリーをつくってみようかな・・・なんて思っています。
おりがみを折っていると、おおきくなった子どもたちも、「何おっているの?」なんて話題になるからね・・・。

みなさんもいかがでしょう。

参考になる本はいろいろあるのですが、
 おりがみでクリスマス
 おりがみでクリスマス2  
    日本折紙協会

      いかがでしょう。


折り紙って意外と折りなれていないと、折れないものなのですよ。



   このクリスマスリースも講座でつくりました。
   我が家の玄関はすでにクリスマス気分です。
2009/10/31
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (11:37 am)



  本日はハロウィン。
  ハロウィンといえばかぼちゃのランタンが有名ですね。
  我が家では、ひとあし早く昨日、
  かぼちゃのキッシュを夕食のごちそうにして、
  ささやかにハロウィンを祝いました。
  (もう、仮装をたのしむ子どもがいないので・・・)




  さて、写真のケーキをご紹介します。


  このケーキなんでできているとおもいますか?

  材料 ケーキ1個分
    ・どんぐり 数個
    ・ストロー 数本
    ・テッシュ 数枚
    ・ガムテープの使った後の丸い芯
    ・木工ボンド 適宜


私が月2回、絵本をかかえてうかがっている幼稚園で、「子どもたちの作ったケーキ」ということで紹介してありました

おいしそうでしょ!
おもわず写メ。
あまりにおいしそうなのでみなさんにも紹介します。


ガムテープや紐などを使い切ったあとに残る芯に、ティッシュをクシュクシュにしていれます。(固くしないでフワットね)
あとは、どんぐりや適当な長さにきったストローを木工ボンドですきなようにつけただけ。

かわいい色のボタンやビーズなどをつけてもいいですね。

今、公園にいけばどんぐりがいっぱい落ちています。
ついついひろってかえりたくなりますね。
せっかくひろったどんぐりを、こんなふううに使えば楽しいいですね。

いかがですか?
親子で作ってみては?
今夜のハロウィンパーティーでのデコレーションになるでしょ。


    
    
2009/10/24
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ついでにペロリ (8:50 am)
といえば・・・
茂木さんというくらいメディアに登場していますね。
ところが最近、「久保田カヨ子」おばあちゃんの名前をよく目にするようになりました。

あるテレビ番組で元気なおばあちゃんが、子育てについて語っていらっしゃる姿をごらんになった方も多いのでは?

カヨ子さんの育てた子どもたちが、みんな優秀な学校へ進学し、りっぱな社会人になっているということで、多くの母がその子育てを知りたくて集まり、しだいに、教室のようになって、その教育システムを「久保田メソード」と呼ばれるようになりました。

実を申しますと、私は17歳の娘の子育て(現在も進行中ですが)は、赤ちゃんのころ、カヨ子さんの子育て法を参考にして育てていました。

毎週1回「久保田メソード」に通い、カヨ子さんのご主人である久保田競氏(脳研究の科学者で、京都大学霊長類研究所の所長を務められていました)の本をテキストのようにしていました。
(2歳のわが子をつれて、当時千葉から東京・御茶ノ水まで、カヨ子さんに会いたくて出かけたこともあります。)

一人っ子で育ち、知り合いもいない土地で(親もとから離れて)、子育てをしていた私には、私の腕の中で眠っているこの子とどうかかわっていいかわからず、頼りにした本・子育てシステムです。

今回改めて本(赤ちゃんの脳を育む本 久保田競 著 主婦の友社)を見ていると、とても気になる文章を見つけました。(簡単に紹介します)

脳の働きに威力を発揮するものに“ドーパミン”というものがあります。
気持ちのよい刺激を受けたとき、ドーパミンが分泌されます。
そのドーパミンの影響で、思考・記憶・運動にかかわる脳の部分が刺激され働きがよくなります。運動能力がアップしたり、考える力、注意力、判断力、記憶力もまします。
赤ちゃんの場合は、大好きなおかあさんにほめられたり、抱きしめられたりすることで、ドーパミンが活発に分泌されます。
それは、育児の面からみると心の安定した子に育ちます。

脳科学に基づいて、適切な時期に適切な刺激をすることで、賢い子に育てようというのが、目的なのですが、抱きしめたりほめたりすることで心が安定する。
それがなにより大切に思えました。
それを科学的に証明したのが、脳のドーパミンの働きやこのシステムなのです。

本書に紹介されている、赤ちゃんへの刺激の方法は、特別なことではありません。
「いないいないばあ」あそびだったり、からだをいっぱいさわって刺激することだったりです。
特別なカードやおもちゃを使ったりはしません。
実は昔から、多くのお母さんの先輩が赤ちゃんといっしょにかかわってきたやり方のように思えます。
わらべうたをうたいながら、おむつ替えのときなどに。

さて、「久保田メソード」を実践してきた、わが子はどうでしょう?
母はこの子がどのように自分の道を開いていくか?とても楽しみです。
2009/07/19
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ゆりりん@名古屋 (6:03 pm)
今月15日に新創刊された「テニテオ」というフリーペーパをご存知ですか??
未就学児のお子様を持つママをターゲットにしたフリーペーパーです。

フリーペーパーといえば、
広告がたくさん載っていて意外と中身が少ないものが多かったりもしますが、
テニテオは充実した紙面構成になっています。
お子様連れで行けるお店の紹介や、こども服の情報なども豊富で
とても楽しめる内容です♪
その他、
育児などについてのコーナーはきちんと監修の先生を立てているようですので
とても参考になる内容が満載です。

HPもあり、
口コミ投稿などをするとポイントが貯まるようです。
そのポイントを貯めると、上位者には毎月素敵なプレゼントが貰えるようなのですが、
どうやらこのサイトはポイント競争になってしまっており、
一部の人だけが猛烈に参加していて、
他の人は全く参加せずという二極化されているのが現状のようです・・・。
もっと多くの人が参加したいと思えるように、
テニテオさんにはシステム改良をしていってもらいたいですね☆

テニテオはショッピングモールなどのラックに設置されていることが多いようですので、
お近くのモールで一度探してみてくださいね。


ちなみに我が家は今日、
テニテオの9月号スナップ撮影に参加するために稲沢のアピタにまで行ってきました。
抽選会では3等が当たり、塗り絵をもらったのですが、
2ヵ月半の息子がこの塗り絵で遊び始めるのは何年先になるのやら。
ちなみに、塗り絵って簡単そうに見えて、
こどもにとってはとっても難しい遊びなんですよ。
何が難しいのかと言うと「枠の中を塗る」とうい行為は、
小さいこどもにとっては実はとっても高度な作業なのです。
「ここを塗る!」と目で狙いを定め、
その目標の場所へきちんと手を運ぶ必要があります。
3歳くらい〜塗り絵遊び自体はできるようになるのですが、
きちんとキレイに枠内をぬれるようになるのは4歳の年中さんくらい〜なのです。


何はともあれ、
次月号が発行される8月15日が楽しみです
2007/11/27
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: はんだ@知多 (2:00 pm)





凧を手作りし、
娘と一緒に、タコあげを楽しみました!

高くは上がらなかったけど、
そこそこ上がり、
娘も私も、満足満足♪

初めてにしては、上出来でした!



作り方は下記へ
半田市子育て総合支援センター はんだっこ
2007/06/17
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: 犬塚@名古屋 (2:00 pm)
梅雨ですが、この天気の良さはもう夏と言ってもいいでしょう

夏のキャンペーンがもうすぐあいち・こどもネットで始まると言う事で、読書という分野でキャンペーンに参加したいと思います。

梅雨の外に出られない時、暑すぎて外に出たくない時に、読書はいかがでしょうか?


ご紹介する本は、一応年齢や対象者というものはありますが、長く本棚に置いてもらえるんじゃないかな?と思うものです。


本の感想も、読んだ人、読んだ時期によってそれぞれでしょう。
親子一緒に読んだり読み聞かせ、微笑ましいですね。ひとりで読んでも、じ〜んと何かが残ります。
ちなみに私は「モモちゃん」シリーズの表紙の絵がなぜか心に残っています。
見た目レトロな人形劇風のモモちゃん・・・まだ実家にあります。
では4つご紹介!



1.「おぼえているよ、ママのおなかにいたときのこと」
   リヨン社  ママとパパ、ママと赤ちゃん、パパと赤ちゃん
   池川 明(著)

胎内記憶の研究もしている産婦人科医が、育児中のお母さん達にアンケートを取った結果を元に書いた、胎児の不思議を書いた話。お腹にいる時から、赤ちゃんは人間として成長しながら私達の前に現れてくるだと感心!ママとパパでお腹の子に語りかけたり、大きくなったら我が子に聞いてみたり、なんだか楽しめそう。




2.「くっついた」 こぐま社  0歳児〜
   三浦太郎(著)

3.「おててがでたよ」 福音館書店  0歳児〜
   林 明子(著)


2.3.は私がベビーマッサージの時に、準備運動がてらに取り入れたり、ご紹介している2冊。スキンシップもできて、みんなご機嫌♪ 
2.は金魚やゾウに始まって、ママ、最後にはパパとも「くっついた」する、実にシンプルな展開。絵もほのぼの。
3.は、体の部位を覚えたり、一人で洋服を着る事に興味が出てたりするかも・・・。

両方ともに本が手元になくても、赤ちゃんとの絆づくりができておすすめ。




4.「おおきな木」 篠崎書林  就学年齢に近い子〜 
   シェル・シルヴァスタイン(著)
   ほんだ・きんいちろう(訳)

少年と、昔から少年の近くに立っている大きな木との物語。
少年は木のことが大好きで、木陰になってもらったり、木で遊ばせてもらったり、木もそれを受け入れ、少年と接している事がもとても幸せだった。
やがて少年が大人になると、わがままになり、自分の都合の良い時だけ木を頼ってくる。
家が欲しければ自分の枝を使っていい、舟が欲しければ自分の幹を切り倒せばいいと言う木。
少年は自分の欲望を満たしていき、やがて老いていく。それから切り株になった木を見て思うことは・・・?

親子で一緒にどうぞ。そして子供が少し大きくなったら、一人で読んでみてと提案してはどうか?
何度も何度も、もっと大きくなってから読み返しても、その時その時の感想が得られると思う。






☆「本のタイトル」、出版社名、対象年齢(者)、作者、本の概要の順に載せてあります。
2007/05/25
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: 高橋@名古屋 (12:10 pm)
と、いってもコミックのタイトルです。

斉藤さんは年長さんの男の子のお母さん。

正義感がいっぱいで、ルール違反を見逃すことができません。

それゆえお母さん仲間からは煙たがられますが。。。


相手にとって、本当に優しいのはどっちなんだろう。。。

ニコニコ笑ってその場しのぎに話を合わせるのと
嫌われるかもしれないけど「私はこう思う」ときちんと伝える事。

煙たがられても「ダメなことはダメ」といい続ける斉藤さんはカッコイイ!

私はそう思いました。
(かなり勇気と根性がいるけど。。。

本の詳細はこちら
2007/04/06
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: 櫻井@名古屋 (1:20 pm)
子育てにとても大切な27のヒント
 クレヨンしんちゃん親子学
 著 者 汐見稔幸&野原しんのすけ一家
 発行所 双葉社

子どもをありのまま受け止め、ありのままの家族をさらけだす
そんな野原家流の子育てを参考した、子育てのヒントが書かれ
ています。
 
 
 ★子どもの自主性を育てるには「ヨコの発達」が大切

  子どもが発達するということは、できなかったことができる
  ようになること、というふうに普通は考えますが、それは
  「タテの発達」のイメージです。

  自分のできる能力を使って、自分の世界を広げていくと
  いうこと、これが「ヨコの発達」です。

  この、ヨコの発達をしているとき、子どもはとても熱中し
  ています。そんな様子が見えたら、みさえさんのように、
  そっと見守ってあげてください。

  ヨコの発達を気のすむまで進め、自分で決めてタテの発
  達へとチャレンジすることで、子どもの自主性は育ってい
  くのです。
  先にレールを敷かないことと同時に結果を評価しないこと
  も大事。たとえ失敗しても、「くやしいね」と共感して言って
  あげればいいでしょう。  
  
  こんな子育てのヒントが満載です。
2007/04/03
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: くろちゃん@名古屋 (12:40 pm)
「おおきくなったねー。」っておとなはよくいう。
でも、
「おおきくなるってどんなこと?」
って、息子に聞かれたら・・・
くろちゃんはなかなか説明できないかもしれません(^^;

そうなんです。
子育ての中では、ついつい「できないこと」だけにやきもきして、成長を見せた部分を見逃してしまいがちなんです。
でも、子どもたちは生活のなかでいろんなことを経験して少しづつ成長しているんですよね。

今日ご紹介する「おおきくなるっていうことは」は成長することはどんなことだろう?を題材に書いた絵本です。

「またひとつ大きくなったみんな、おめでとう。
大きくなるってどんなことか、わかるかな?
洋服が小さくなること、水に顔を長くつけられること、あんまり泣かないこと、それからほかにもいっぱいあるんだ。 」
(MARCデータベースより)

今までの洋服がきつくなり、今までできなかったことができるようになり、人を思いやれるようになる。
大きくなるっていうことは体だけではありません。
心も大きくなっていって、そして自分を輝かす力になっていくってことだよ。
という、子どもたちへの応援メッセージがいっぱい詰まった絵本です。

入園、入学、進級のこの時期にぴったり。
ご家族で一緒に開いて大きくなった喜びを感じてもらいたい絵本です。


「ピーマン村の絵本たち おおきくなるっていうことは」(ISBN:9784494005857)
 中川ひろたか(文) 村上康成(絵) 童心社刊

ピーマン村サイト:ピーマン村の絵本たちHP
2007/03/31
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: 高橋@名古屋 (12:10 am)
最近見つけてはまった本。
と言ってもコミックですが。

「性別がない!」
タイトルだけで買ってしまいました。

半陰陽の作者が赤裸々に本人の性の事を描いているので
ちょっと過激ではありますが・・・

世の中、生物学的な「男」と「女」だけではなくて
最近聞くようになった「性同一性障害」でもなくて
両方の遺伝子を持っていて生物学的にどちらとも区別できない人もいる
。。。

いろんな性を持っている人がいて、それが当たり前で
お互いに理解して認め合っていけるようになるといいなぁ。。。

そんなことを思いながら読みました。

でも、ビックリすることもたくさん載ってて「ほ〜」の連続でした。
開放的な性のお話だけに過激な表現が多々ありますので
誰にでもオススメというわけではないですが。。。
2007/03/29
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: ようこ@西三河 (11:30 pm)
‘‘DS‘‘ 私には未知なるものであった。
CMでは、見たことがあるけれど・・・
う〜ん、何がそんなに面白いのか・・・
どうして、子どもが欲しがるのか・・・
大人たちまで夢中らしい・・・

三男坊(年中)が、お年玉で、DSを買いたいとまで言い出した。
ジャスコにもおもちゃ屋にもなく、諦めていた。
友達に、「DS、売ってないんだよね・・・」
と言ったら、「○○に時々あるらしいよ。」
と言われたので、運試しぐらいの気持ちで行ってみた。

ああ、本当、あるじゃん。
でも、買うのか?買っても使い方分かんないし、面白いのか?
でも、ここで買わないと二度と買えないかもしれないし・・・
と思い、まあ、何とかなるでしょ、と買ってみることにした。

「ママが買ったの?!」と子どもたちは、驚いた。
「何で、買ったの?」「誰が使うの?」
「ママが使う。」と言い切ったものの使い方がさっぱり分からない。
「ちょっと貸して、教えてあげるから。」と長男が最初に手を出してきた。
「分かるの?」と聞くと
「お母さんより、知ってると思うけど。」
ムカッ!
と思ったが、結局子どもに教えてもらう羽目になり、DSにはまる日々となり、汚い家がさらに汚くなるほど、DSの脳トレに、はまってしまっている。
これが、結構ストレス解消になるんだな・・
2007/01/01
テーマ: あそび・おもちゃ : 
執筆者: くろちゃん@名古屋 (10:20 am)

「あくたれラルフ」
”セイラのねこ、ラルフはあくたれねこでした。
セイラはからかわれても、パーティをだいなしにされても、
どんなあくたれをされても、ラルフのことが好きでした。
ところがサーカスにでかけた時、ラルフのあくたれは度をこして…。”
(MARCデータベースより)

「いつもやりたい放題のラルフ。赤い猫ラルフ。
その行動は悪魔そのもの!
でも、でも…愛すべきかわいいやつなのよ。
数ある絵本の中で中・高校生に人気のある一冊です。
くろちゃんも是非読んでみて^^」

金森さんが私にお勧めしてくれました。
絵本はいっぱい有るけれどティーンエイジに人気があるなんて珍しいですね!!
だんだんおとなになっていくと忘れちゃうやんちゃ心。
ラルフが思い出させてくれるのかな?

「あくたれラルフ」(ISBN4-924938-26-2)
作:ジャックガントス 絵:ニコール・ルーベル 童話館出版刊

サイトマッププライバシーポリシー事務局について
あいち・子どもNPOセンターが制作・運営しています
「あい・こどもネット」は愛知県(海部・尾張・名古屋・知多・西三河・東三河)の子育て・子育ち支援情報を収集したサイトです。
copyright「あい・こどもネット」all rights reserved.