サイト内の情報をキーワードで検索
私たちは愛知の子育てを応援しています!
  • 名古屋おやこセンターバナー
  • らららルーム


あなたの興味や得意なことを生かして情報発信しませんか?
子育てナビゲーターの登録はこちらへ
もどる   子育て情報案内人ブログ
愛知県内各地の子育てナビゲーターたちが、地域でのイベント、おススメの遊び場やお店、本やおもちゃの紹介、子育てや暮らし、食に関する話題など、子育て中のママ・パパに役立つ情報をブログ形式で発信します。
下の一覧からテーマを絞って読むことができます。


2015/06/12
テーマ: 小学生 : 
執筆者: あつ@三河 (3:20 pm)
息子たちが通う小学校では、年に一回保護者向けに
給食の試食会を開催してくれます。
今週の火曜日、その試食会に行ってきました!


試食会では、まず栄養士の先生のお話を聞きます。
子どもたちにとって、朝ご飯を食べる事がいかに大切かを、
教えていただきました。

朝食を食べている子と食べていない子では、
学力テストの結果でも、体力テストの結果でも
かなりの差があるとのことでした。

そして、脳の栄養になるのは、ブドウ糖のみ!
だから、ブドウ糖が含まれるごはんやパン、お芋などを
必ず朝食べさせてください、と言われました。

もちろん、たんぱく質や食物繊維も
バランスよく取るようにご指導がありましたよ。


そしていよいよ、試食タ〜イム!!
懐かしい給食のにおいが、教室中に充満します。
















この日のメニューは、

・五目ラーメン
・とうふだんご
・もやしソテー
・ミックスナッツ
・牛乳

でした。


ら、ラーメン!?
給食にラーメンがでるなんて!!
、、、私の時代には、もちろんありませんでした。



配膳も、その日集まった保護者全員でやりました。
最初、大盤振る舞いで盛りすぎて、
最後の方は配るおかずがなくなってしまうという
ハプニングもありつつ、、、。

久しぶりに食べた給食は、もちろんおいしい!!
麺が少しやわらかすぎるものの、
ラーメンはちゃんとラーメンでした!


今の給食は、韓国料理の日やイタリアンの日、
セレクト給食といってメインのおかずを選べる日もあり、
本当にうらやましい〜


童心に返って、給食を楽しむことができた試食会でした。
2015/04/20
テーマ: 小学生 : 
執筆者: あつ@三河 (7:47 pm)
少し前から、わが家では様々な掃除にほうき使っています。

下のしぶ〜い(古い)ほうきは、
実家で使用していないほうきをもらってきたもの。






主に、階段掃除に使っています。

それまで階段掃除は、大きな掃除機を抱えながら
一段一段かけていたのですが、
ほうきを使うようになってから上から順番に
ささっと掃くだけでよくなり、とっても楽なりました。

更に使ってみて改めて気づいたほうきの素晴らしい所は、
壁や幅木にたまった埃も落としながら使える所です。

ある時は、ほうきとして床を掃き
ある時は、はたきのように使える。
しかも、電気代もかからずにエコ

赤ちゃんがいるお家では、
寝ている赤ちゃんを掃除機の音で起こさずにすむので
ほうきを使って掃除をするのが見直されている
と雑誌で読みました。

そして、わが家で最も活躍しているのが
この小さなほうき。







長男と次男は、通常ダイニングにあるカウンターで宿題を
しているのですが、毎回毎回とにかくたくさんの
消しゴムのかすが出ます。






そこで準備をしたのが、ミニほうきとちりとりの
セットです。
これを準備してから、以前は散らかしっぱなしだった
消しゴムのかすを、子どもが自分で片付けてくれるように
なりました。

普段、セットはカウンター右端の壁のフックに
吊してあります。






手を伸ばせばすぐに届く場所にあるので、
子どもも面倒がらずにお掃除してくれています。

ちなみに、上の写真で一緒に写っている筒型のカゴは
ゴミ箱です。
カウンターをささっと掃いて、ちりとりに集め、そのまま下のゴミ箱にポイッ!


床に少しお菓子のくずが散らばった時も、
掃除機を出すまでもなく、このミニセットで
あっという間にキレイになり、本当に便利!!


ほうき生活、初めてみませんか〜?
2012/09/13
テーマ: 小学生 : 
執筆者: あつ@三河 (11:21 pm)


















「なつやすみのやくそく

 ,△毅垢犬ら10じはんまでは
  べんきょうをする。

 △修蹐个鵑あるひは
  10じから11じまでは
  べんきょうをする。

 おせんたくものを
  まいあさほす。  」



夏休みの初めに、長男と私で立てた
「なつやすみのやくそく」です。


実際、1年生の子どもが集中して机に向かっていられるのは、
30分〜1時間弱が限度だったのですが、
この「やくそく」を立てたことにより、
夏休みの間とても規則正しい生活を送ることができました。


もともとは、何か計画的なものを立てないと、
夏休みだらだらしてしまうのでは、、、
という私の不安と、
夏休みに一つ、何かお手伝いを継続してさせたい、
という私の願いから、計画を立てることにしたのですが、
長男が考えた「やくそく」は結構厳しいもの、、、。
(のやくそくについては、私の「暑い中、おせんたくものを
干したくない」という希望をふんだんに取り入れてもらい、
うまく「やくそく」にしてもらいました
「やくそく」をこなしていると、だいたい午前中はつぶれてしまいます。


夏休みの間も、次男の保育園通いがあったことも一因ですが、
長男のウイークデーの午前中は、

6時頃   起床(私が起こすのではなく、自分で目を覚まします。)
7時前   朝食、身支度、カブトムシや金魚のお世話
8時    私と一緒に次男を保育園へ送る
8時過ぎ  おせんたくものを干す(一人では無理なので、結局私も一緒に干してました。)
9時前   そろばんへ出発
10時過ぎ そろばんから帰り、一息ついて宿題
11時半頃 宿題終了


こんな感じでほぼ過ぎていきました。
宿題は、つきっきりでないとさすがにできないのですが、
午前中に私もだいたい大まかな家事を終えることができ、
とても規則正しく過ごすことができました。

教師をやっている姉に話したら、
「そんなまじめな生活送ってる小学生いないよ、、、。」
と驚かれましたが


午後からは、蝉取りに行ったり、図書館に行ったり、
プールに行ったり、普段観れない長編のDVDを観たり
近くにあるだんなさんの実家へ遊びに行ったり。


あんなに恐れていた(?)夏休みでしたが、
意外に滞りなく過ごすことができました。
よかった、よかった〜♪

久々、「夏休み」という感覚を味わうことができた私ですが、
長男は初めての夏休み、どうだったのかな〜?

夏休みの中で、思い出深かったことを聞いてみたら、
「家で勉強するのが、暑くて大変だった、、、。」と
言っていましたが。
(お休みの間中クーラーはほとんど入れなかったので、
そろばん教室や図書館の快適さにものすごく幸せを感じて
いたようです、、、そんなに大変だったとは気づいてなかった


みなさんは、どんな夏休みをお過ごしでしたか??
2012/07/12
テーマ: 小学生 : 
執筆者: あつ@三河 (12:14 pm)
気づけば、もうすぐ夏休みですねぇ。
長男と迎える初めての夏休み。
毎日何をすればよいのかしら、、、宿題?セミ取り?プール?

生まれて7ヶ月から保育園通いをしていた長男とは、
赤ちゃんの時を除き、2人きりで長期間過ごしたことがありません、、、。
結構、緊張します


さて、小学校に入学してから夏休みまで、あっという間に過ぎましたが、
学校生活にもすっかり慣れ、長男は毎日刺激的な学校生活をエンジョイしています。
そんなりっぱな(?)新小学一年生になる前、
親である私たちは、とてもたくさんの物を用意しました。

ランドセル、学習机に始まり、筆箱、2B鉛筆、赤鉛筆、消しゴム、下敷き、
体操服、上履き、うがい用コップ、フキン、ハンカチ、それらを入れる袋たち、etc...。
そんな中、現役小学校教師の姉から「準備するといいよ。」と教えてもらったものに、
「見やすい時計」というものがありました。


今までの生活では、子どもたちは時間を自分で気にする必要がありませんでした。
だれか大人が必ず声を掛けて、おしえてくれますよね。
小学生になると初めて、自分で時間を見て行動する必要がでてきます。
学校へ行くのも、放課が終わって教室へ帰るのも、自分でやらなければなりません。

学校生活の中では、チャイムが鳴るので大丈夫、な〜んて考えていましたが、
チャイムが鳴ってから行動していては、間に合わない場合もありますもんね。

そこで、時計を自分で見て、行動する必要が出てくるのですが、
実際に時計の読み方を学校で習うのは、2年生になってからのとのこと。
わが家の長男も、全く時計が読めません。

正確に読めないまでも、時計の針がどこに来たら行動しなくちゃいけない、
くらいはわかるようにならなくては、、、と、わが家でも準備しましたよ!!


















これは、渡辺力(わたなべ りき)さんという方がデザインした
その名も"Riki Clock"。
数字が大きく、はっきりとしていて、針もしっかりと数字を指してくれます。
すごく見やすい!
デザインもとてもシンプルで、私好み♪
これを、LDKの一番よく見える場所に掛けました。


















まだまだ長男はしっかりと時間を読むことはできませんが、
学校へ行く時間は自分で時計を確認し、
「お母さん、そろそろ時間だから行くね。」と
私が何も言わなくても自分で出発してくれるようになりましたよ。


今、年長さんのお子さんをお持ちのお父さん、お母さん。
小学校準備に、早めに見やすい時計を準備することをお勧めします!
2010/03/01
テーマ: 小学生 : 
執筆者: ついでにペロリ (3:37 pm)
息子の担任の先生は、子どもたちに「上の学年に進級するまでにできるようになろう」ということで、いくつかの項目を決めて、クラスでがんばっている。

たとえば
 ・漢字テスト80点合格
 ・忘れ物をしない
 ・本を○さつ以上読もう
 ・給食を残さず食べよう
             ・・・・とこんな項目です。

20ある項目の中に
 ・逆上がりができるよになろう。
 ・二重跳びが○回できるようになろう。
            ・・・・と運動の項目もある。

さて、我が息子は、生活面や学習面はそこそこできている。
しかし、運動面が全くである。

本人もそれは気になっているらしく、休み時間に練習はしているようだ。だが、なかなかうまくいかないようだ。

そこで、親が少し手を貸すことにした。

まず、逆上がりに挑戦。
親のひいきめに見てもできていない。
インターネットで逆上がりの指導法なども調べてみた。
  
  ・タオルを使った補助ひも
  ・足かけをつくる
  ・後ろまわりでキックの強化
  ・仲良しまわり

いろいろ工夫したが、なかなかできない。

親として冷静に、わが子をみていると、気がついた。
基礎的な体力が、必要な力が、備わっていない。

そうだ、
親が言うのも気がひけるが、とてもよい子で、育てやすい子である。乱暴なこともしない、話して聞かせれば、静かにひとりで遊んで待ってくれる。
もっと幼い時から今に至るまで、遊びの中で必要な力や体力を身につけていなかったのでは?と思えてきた。
親として反省!!
今からでも間に合うだろうか・・・

まずは、逆上がりができて、彼に自信をつけてもらいたい。
2010/01/31
テーマ: 小学生 : 
執筆者: しんちゃん@尾張 (11:10 pm)
はやいもので、もう1月も終わりですね。
わが家の長男は4月から小学生になります。入学準備ということで、学習机を購入しました。(私の両親に購入してもらいました)この机で勉強をするようになるのは、まだ先だと思いますが、いろんなものをしまう場所も必要なので準備しました。









ランドセルなど、準備するものも他にまだたくさんありますが、あと2ヵ月で幼稚園生活も終わりかと思うと、すごーくさみしく感じてしまう今日この頃。同じ小学校に行く友達より、離れてしまう友達の方が多いですし。
息子本人はドッヂボールや発表会の練習やらに熱中していて、さみしさなんて全く感じていないようです。それだけ今現在を生きているということでしょうか。

幼稚園入園時はおむつも完全には取れていなくて、毎日のように、「ぬれたパンツ&ズボン」をお持ち帰りしてました。
三輪車もなかなかこげず、座らずに後ろから押して遊んでいたことが懐かしく思い出されます。
言葉を話すのも遅くて、入園時は心配しましたが、今ではベラベラとうるさいほどよくしゃべります。
いろんな成長を振り返ると感慨深いです。

2月の発表会や3月の卒園式では本人を差し置いて私が泣いてしまいそうです。。。
2009/12/15
テーマ: 小学生 : 
執筆者: ついでにペロリ (4:30 pm)
息子の通っている小学校(現在6年生)で「思春期セミナー」を子どもたちに開くので、時間のある保護者の方もどうぞ、という
連絡表をもらいました。

早速、参観に伺いました。

体育館には子どもたちと、保健所の保健師さんや助産師さんがスタンバイされていました。

  まずは、助産師さんのスライドをつかってのおはなし。

「みんなのいのちのもとってなんだろう?」の質問。
「おとうさんとおかあさんから半分づつもらっているよね」
・・・・精子や卵子のはなし、そしてそれがどこでつくられているかについて

いのちのはじまりの大きさは知っている?」
・・・・なんと受精卵は0.2ミリくらい。実際に紙に針でついた大きさを見る。
・・・・おかあさんのおなかの中でだんだんおおきくなっていく様子をみる。

「元気に生まれてきた私たちが、成長して、今、思春期を迎えています。どんな変化がある?」
・・・・からだの変化のはなし。そしてそれには個人差もある。

「自分のからだとして大切にしなければならないプライベートゾーンについて」
「三箇所あります」
・・・・人だけでなく、もちろん自分自身も大切にしなければならない箇所。

  劇をみてみましょう。

「みんなのいのちは大切で、生まれてくることがみんなのよろこびです。」
「赤ちゃんは泣いているけど、まわりの大人はニコニコしていますね」
・・・・赤ちゃんが生まれてくるときの様子を寸劇に
・・・・先生や保健師さんが妊婦さんやおとうさん役になっての熱演でした。(ヒーヒーフーといきみながらみんなで誕生を待ちます。)

  実際に体験しましょう。

「赤ちゃんが生まれてくるときを体験しよう」
・・・・産道体験?というのかしら大きな袋から手足を使わずにでてみよう。けっこう大変。

「実際の赤ちゃんって、どんな?」
・・・・実際の赤ちゃんをモデルにした本物そっくりの人形をみんなでだっこしました。
・・・・オムツの交換も体験しました。

だいたいこんな流れで、約1時間30分のセミナーでした。



・助産師さんのおはなしはやはり、科学的にかつ愛情もこもっていて、必要なところは詳しく、大人が聞いても、よくわかりました。
(さすがです。親では照れてはっきり言えないところもあります。)

・生まれるときの様子は、宿題でみんな「おうちの人にきいてみましょう」というアンケートがあったので、人ごとでなく観れたのではないかしら。
(先生たちの熱演には脱帽です)

・やはり、子どもたちにとってよい経験だったのは、人形とはいえ赤ちゃんのだっこでしょうか!
 見ていると、こわごわ抱く子や意外と上手な子、手をだすのさえ怖がる子。愛おしい命の体験ができたのでは?と思います。
(大人はわが子が大きくなった今、すっかり忘れていた、感覚です。)

・本当は家族の中で、ザックバランに話せばいいことかもしれませんが、私なんかはなかなか・・・・

・親・子ともよい講座でした。
2009/11/07
テーマ: 小学生 : 
執筆者: ついでにペロリ (10:43 pm)
あるスポーツの審査会にて・・・思ったことです。
 息子が参加しました。
審査を受けて級・段位をもらうのです。
合格すればその級が認められるというものです。

結果は、本人の努力の甲斐なく「不合格」
実は3度目の挑戦!
さすがに、心が折れてしまいました。
(母も息子も)

母は息子がどんなに努力をしているか、とてもよく知っています。
また、どんなにその級をとることを、望んでいるかもよく知っています。
けれども、結果は、先に述べましたとおり。

でも、母には何もできないのです。
力をかすことも、その級をお金を出してかってやることも、担当者に頼むことも。
そして、「不合格」の苦しさやかなしさ、くやしさの気持ちを母がかわりにうけ取ることもできないのです。
これらは、すべて本人が乗り越えていかなければならないのです。
次回の合格をめざしての努力も、本人がするしかないのです。

母ができることは、ただ祈ることだけです。
(こういうときだけ、信心深くなるのも都合がよすぎますが・・)
乗り越えられた時の喜びの顔をあせらずに待つことだけなのです。

これから、息子の長い人生を思うと、本当に母は何もできないことばかりです。
受験・就職・・・・などなど

でも、こうやって人は、自立していくのでしょう!

母もこうやって自立していく息子を応援していくのでしょう。
母も息子から自立していかなければならないのですね。

つくづく、子育ては人生の修行だと感じます。
2008/12/05
テーマ: 小学生 : 
執筆者: ようこ@西三河 (12:19 am)
先日、こんなことがありました。
わざとじゃないけど、
家の子が、友達にぶっかって
メガネを壊してしまいました。
担任から、夕方電話をもらって、びっくり!
小1の息子は、しょげていて、本当に反省してるな〜
と、思いました。
でも、やはり、自分がおこしてしまったことを
帰宅後すぐに話してはくれなかったので、
先生の電話で、びっくり!ということに。

すぐに、先方のお宅に電話をして、謝りました。
メガネの弁償も考え、話したのですが
「子どもがやることですし、家もそれが分かっていて
家の子にメガネをかけさせていますから、気にしないで下さいね。
体育の授業や鬼ごっこなどの遊びもするんでしょうから。」
と、とても好感的に話をされ、
こちらは、本当に謝るだけで、ただただ
申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

次の日に先方に会うことが出来、菓子折りを渡し、
謝罪をしました。

このような出来事を友達に話したら、
「なかには、友達が家の子のメガネをかけて遊んだから、
フレームがゆがんでしまったと、園に弁償するよう
電話をかけてきた親もいるそうだから、
今回の件に関しては、相手の人が良い人で、よかったね。」
と、言われました。

本当に一つの出来事でもいろんなパターンがあるなと
思いました。
2008/09/18
テーマ: 小学生 : 
執筆者: ようこ@西三河 (11:00 pm)
 子どもの絵 その1
夏休みの宿題で、子どもが絵を描くのを見ていた。と言うか、出来上がり寸前を見せられた。
小5の次男「メロンとスイカの絵にした。」
私    「おっ、なかなかスイカが良い感じじゃん。メロンって、家になかったけど?」
次男   「適当に描いたからいいの。」
私    「って?!何このメロン???!!!」
次男   「どう見ても、メロンでしょ!」と言い切る!

確かに<メロン>かもしれないが・・・マスクメロンの模様が定規でさいの目になっていた・・・。

中二の長男「おっ、これが一番正方形じゃないの。」
私    「・・・  。」もう、笑うっきゃないでしょ〜?! 


 子どもの絵 その2
小1の三男にとっては、初めての宿題つきの夏休み。
私  「何でもいいから、好きな果物や野菜を描けばいいんだよ。」
三男 「プチトマトときゅうり、描く。」
と言うので、冷蔵庫から言われたものを出した。
でも、なぜか、丸いはずのプチトマトが、玉葱のように先が、つくんと尖っている。
私  「プチトマトって、まん丸じゃない?」
三男 「だから、丸く描いてるじゃん。」
私  「これ、丸なんだ。三角に見えるけど・・・」
三男 「丸なの!」と言って、三角(いや、丸か?)の真ん中に今度は、グルグルと黒いものを描いた。
私  「これ何?」と聞いたら、
三男 「プチトマトの葉っぱの取れた後の少し黒くなっているところ。」と答えた。
次男に「この絵、何だか分かる?」って、聞いたら
   「どう見ても、トマトでしょ!」と言い切った次男。
そっか〜、三角の玉葱のような形をしてて、赤い色で、真ん中にグリグリがあればトマトなのね・・・
あんたは、えらい!!!(三男の絵心をよく理解している!でも、何だか悲しいのは母だけか?)
2007/09/17
テーマ: 小学生 : 
執筆者: ようこ@西三河 (9:50 pm)
どの親であれ、自分の子どもが褒められるのは
嬉しいものである。
親ばかの私は、超がつくぐらい嬉しいのである。

小4の次男は野球を始めて2年が過ぎた。
先週の土曜日(9/15)に試合が合ったのだが、
ギリギリのところで息子達のチームが勝った!
この試合では息子のチームのピッチャーが
すごく調子が良く、相手チームから何回三振を取ったの?
と思うぐらいの良いピッチングで、
「A君、すごいね〜!!!
今日の試合は、A君が一番頑張ったからだよ!」
とA君のお父さんやお母さんにに言うと
「あの回で、K君(家の息子)がしっかり、キャッチして
アウトを取ってくれたからだよ。
あの球は、取りにくいんだよ。本当によく止めてくれた。」
と言われた。
家の息子の守備位置はレフトで、止めた球は
左打ちの子のフライだった。

自宅に帰って、この事を息子に話したらすごく喜んでいた。
2007/05/25
テーマ: 小学生 : 
執筆者: はんだ@知多 (11:20 am)






娘(小3)の授業参観へ行ってきました。
「お手伝い」についての道徳の授業でした。
日頃からお手伝いをしている子が多くてビックリ!
(と、同時に母には少々焦りが・・・^^;)


お手伝いをしている時ってどんな気持ち?と先生が聞くと、
「疲れる」「めんどくさい」「早く休みたい」・・・などなど。

でもお手伝いが終わった時は?
「お母さんがうれしそうなのでやってよかった」
「ありがとうと言われうれしかった」
「大変なんだなぁ」
という意見がたくさん出ました。

みんな、素直です(^^)




そういえば、以前、娘からお手伝い券をもらいました。

「おりょうり券」
「肩もみもみ券」
「歌うたい券」
「人形あそび券」
「いっぱつダジャレ券」


楽しく笑わせてくれるのは、私へのお手伝いだったのかも^^;
2007/03/06
テーマ: 小学生 : 
執筆者: 樋口@尾張 (11:30 am)
 下の子どもが通っていた小学校の6年間、主に低学年のクラスで読み聞かせを行っていました。
 週に1度、始業前の15分ぐらいの時間ですが、ボランティアのお母さんたちが交代で絵本や児童書の読み聞かせをするのですが、1年生の初めの頃は、短いお話の間にも座ってられない子どもたちが、だんだん集中して話を聞けるようになり、そのうち、お母さんたちが教室に入る前に席について準備万端待っていられるようになります。
 先生たちからも読み聞かせのある日は、授業への導入がスムーズだと好評です。
  やはり、小さな頃からの読み聞かせっていいことなのかも…と実感してます。

 上の子の時にはそういう取組みがなかったので、つくづく残念。。。

サイトマッププライバシーポリシー事務局について
あいち・子どもNPOセンターが制作・運営しています
「あい・こどもネット」は愛知県(海部・尾張・名古屋・知多・西三河・東三河)の子育て・子育ち支援情報を収集したサイトです。
copyright「あい・こどもネット」all rights reserved.