サイト内の情報をキーワードで検索
私たちは愛知の子育てを応援しています!
  • 名古屋おやこセンターバナー
  • らららルーム


あなたの興味や得意なことを生かして情報発信しませんか?
子育てナビゲーターの登録はこちらへ
もどる   子育て情報案内人ブログ
愛知県内各地の子育てナビゲーターたちが、地域でのイベント、おススメの遊び場やお店、本やおもちゃの紹介、子育てや暮らし、食に関する話題など、子育て中のママ・パパに役立つ情報をブログ形式で発信します。
下の一覧からテーマを絞って読むことができます。


2015/09/24
執筆者: あつ@三河 (4:20 pm)
シルバーウィーク初日の土曜日、
高速道路の大混雑を避けて
近場の作手村にある「ふれあい牧場 高原ハウス」へ
行ってきました!








豊川市の我が家から、およそ1時間。
こんな開放的な牧場に着きましたよ〜

シルバーウィークだというのに、我が家が到着した10時半ごろに
牧場にいたのはおよそ3家族ほど。
めちゃめちゃ穴場〜と思いっきり楽しみました。








子ヤギは、敷地内になんと自由な放し飼い!
こんなドアップの写真も撮り放題。















ウサギは広々とした囲いの中にいっぱいいて、
人懐っこく近寄ってきてくれます。

えさが100円で売っていて、ヤギ、ウサギ、あひる、
馬に自由にあげることができます。















ウサギのエサやりは、ほんと癒されました〜
ポリポリといい音を立てながら、
おいしそうに食べてくれました。

そして、売店で売っていた高原野菜の値段をみて
ビックリ!!!!















真っ赤なトマトが5個も入って、
な、なんと150円ですよ!!
この野菜が激高なご時世に
ありえないお値段でした。


お弁当を芝生で食べて、お昼過ぎまでゆ〜っくりと
動物と触れ合い、帰るころになったら、
結構人が集まってきていました。

帰る直前に、息子たちが「最後にもう一回
エサやりしたい〜!」と言い出したので、
エサを買ってウサギのところへ行ったのですが、
その時にはウサギはお腹一杯になっていて、
全然寄ってきてくれず、、、


エサやりでウサギたちの人気者になりたいのであれば、
朝一番に行くのがお勧めです!
ヤギや馬は、どれだけあげても喜んで食べてくれましたよ〜。
2015/04/02
執筆者: コバ@尾張 (11:21 pm)
 ふだん春日井の山で保育をしている子育てナビゲーター「コバ」です。

 毎日森の中で活動している森のようちえん児ですが
毎年春に親子遠足にでかけます。
2年前は陶磁資料館で親子陶芸。
昨年はモリコロパークの森ゾーンを親子でおさんぽ。
今年は東山動物園を親子で遠足することに。

 きょう保育スタッフ4人で下見にでかけました。
コバは久しぶりの東山動物園。
桜は満開。
新しい動物舎が増え、動物が間近で見られるようになったり、展示物に工夫が見られ、以前にも増して楽しめるようになっていました。
飼育員さんに話しかけると動物のことをいろいろ話してくれたり、裏話を披露してくれたり、ふだん見られない動物の様子を見せてもらえたりしてより深く楽しめました。

 今行くと、運がよければアカカンガルーの赤ちゃん(指先くらいの大きさ)やワラビーの赤ちゃん(お母さんのポケットから時々顔を出している)が見られるかも。
きょうは両方とも見られてラッキーでした。カンガルーの赤ちゃん、とってもかわいかった〜。
 
 ギネスブックで「世界一怖いもの知らずの動物」と認定されているラーテル(イタチの仲間)はライオンにも果敢に立ち向かい、コブラなどの毒にも耐性を持つそう。日本国内では唯一ここでしか見られないめずらしい動物だそうです。ハチミツをなめている姿は愛嬌たっぷりでした!

 ニホンザルやゴリラの子どもたちはお互いちょっかいをかけたり、じゃれあったり、木の上に登ったりロープをつたったり、人間の子どものように元気そのもの。いつまで見ていても飽きません。

 どの動物にも名前(愛称)がついていて、チンパンジーやオオカミ舎、ゴリラ舎前のボードにはそれぞれの生い立ちや人間関係(動物関係?)や性格(飼育員から見た)などが写真入りで紹介されていて、彼らの人間模様(動物模様?)を知ると、わたしたち人間と同じように社会生活を送っているんだなぁと身近に感じたり、仲間との関係を彼らの動きやしぐさから読み取ったりするおもしろさを体験できました。
 
 どの飼育員さんも話している様子や動物との接し方から動物への愛が感じられ、そんな飼育員さんからいろいろな話を聞くとますます動物への興味や共感が湧いてきました。

 これからも動物園にでかけたら積極的に飼育員さんに話しかけてみようっと!
動物園がいっそう楽しめます!
2014/03/28
執筆者: あつ@三河 (11:50 pm)
1年以上ぶりの更新です。
月日の流れの速さに、びっくり!!


今回は、春の行楽にぴったりな東三河の公園をご紹介します


新城市にある、新城総合公園に行ってきました。
とにかく...とにかく広大な公園なのですが、
なんといってもお勧めなのは、わんぱく広場!











大きな山の斜面全体がアスレチックのコースになっていて、
「城攻め」しながら、忍者になりきって遊ぶというコンセプトの公園です。













忍びルート・将軍ルート・武将ルートの3つのコースがあり、
影武者鏡、城壁のぼり、屋根越え、壁穴など
遊具のネーミングもまさに忍者修行。

それぞれの遊具には忍者の心得という看板が設置してあり、
子ども忍者たちは頂上の二の丸を目指します。


途中にある、屋根つきの休憩所の概観を見てください〜。













幼稚園児をお持ちのお父さん・お母さんであれば、
どこかで見覚えが、、、と思うはず!
今テレビでやっている、仮面ライダーガイムにどこか似てるぅ〜
うちのぼっちゃん二人は、目を輝かせて「ガイム公園だ〜!」
と言っていました。


斜面を登っていくのは、正直大人にとってはつらいです、、、。
でも、上からの眺望は最高〜
わんぱく広場をさらに登っていったところに、展望台もありました。









そして、登ったからには、帰りはもちろん下る必要があります。
下る時も、斜面は全体的に芝生になっているので、
寝っ転がってゴロゴロ転がりながらおりてきたり、
途中お尻が浮いてるんじゃないの!?と思えるくらい
急でスリリングな長い滑り台を滑ることもできるので、
子どもたちはとても楽しんでいました。

ガイム公園、お弁当持参で一日楽しめますよ!
もちろん、入園料とかは一切なく、無料です♪
2011/12/27
執筆者: えびふりゃー@名古屋 (2:19 pm)
長女、長男、次男が1泊2日だけど、スキー合宿に出かけてしまった。
三男とふたりきりの冬休み。
いつも小学校・幼稚園のお見送りをしているので、
普段通りといった感じかも。


洗濯・掃除を済ませ、近くの公園へお散歩。

うちのすぐそばをJR中央線が走っていて、
大曽根近くの公園(新出来公園)のそばには、
電車が間近に見える散歩道があります。
そこまでトコトコと歩いていく。

最近の子どもは歩かないらしい、
車もあるし、自転車もベビーカーもあるから
ぐずればすぐ抱っこして乗せてもらえる。

そういう話を聞いてから、意識的に子どもを歩かせています。
上の子もいてあれこれ用事もある忙しい日は
どうしても自転車に乗せてしまうけど。

道端の草花を見ながら、
虫を見ながらあるくこと10分ほど。

いつもの電車の散歩道が見えてきました。


すぐそばに公園があるのに、
電車好きの三男はこちらの側道にいることが多い。
遊具で遊んでいても電車の音が聞こえると、走って行って電車を見ている。



なので、最近は公園にはいかず、
この側道でずっと電車を見ています。

平日11時11分には貨物列車も通ります。


運転手さんがこちらに気づいてくれると、
警笛を短く鳴らして、手を振ってくれることも!!
鉄男にはたまらない瞬間です〜(*^_^*)





この貨物列車を見たら、また線路沿いに歩いて行って、
近くのスーパーで買い物をして帰ります。


今日も2時間ほどのお散歩。
がんばって歩きました。
2011/06/13
執筆者: えびふりゃー@名古屋 (11:57 pm)
先日、家族で会員になっている「名古屋おやこセンター」主催の
未就学児対象の遊びのプログラム「わんぱく遊育塾」で
田んぼの生き物観察に行きました。

場所はあま市の田んぼ。
15組の家族が参加しました。

美和歴史民俗博物館の学芸員の方に案内してもらい、
田んぼの中の生き物を捕まえて観察。

最初はおそるおそる畔道から田んぼの中をのぞいていた子どもたち。








そのうちに誰からともなく田んぼの中に入って、カエルやおたまじゃくしを見つけて大はしゃぎ!!!
最後は大人のほうが夢中になって虫取り網を片手に、カエルを捕まえていました(笑)

我が家のパパもその一人。
途中から家族そっちのけで黙々とカエル採りをし、
「今晩のおかずはカエルのから揚げ?」
と笑われるくらい捕獲していました。
(結局、3匹を残して他は田んぼにかえしました)








生き物観察のメインターゲットは実は「カブトエビ」
なかなか見つけることが出来ない生き物なので、
今回は残念ながら捕獲することはできませんでした。


そのあと、お昼ごはんを食べて、希望者はそのまま自然観察を続ける。。。ということでしたが、我が家は別の場所に移動。

今年のゴールデンウィークにたまたま見つけた素敵な場所があり、そこを目指すことにしました。

その場所とは「岩倉市自然生態園」








都市化していく地域の中で、自然環境を保全しようと、ビオトープとして整備した場所だそうです。

ゴールデンウィークに来た時はまだ気温も低く、人もまばら。

ワークハウスという案内所には係の方がいて、
「もう少し暖かくなるとザリガニ釣りでにぎわうんだよ」と教えてくれました。
その時  パパの目が キラリ☆
絶対また暖かくなったら来てみようと思っていたのでした。


そして、わんぱく遊育塾の後行ってみると、
前回とはうってかわって、
たくさんの子どもたちが池の周りに集まってザリガニ釣りに熱中。

我が家も早速、ビニールひもの先にスルメを結びつける仕掛けを、パパが人数分作り、
池の中に投げ入れ、釣りスタート。
パパ以外は初心者なのでコツがわからず、最初は全然つれませんでしたが、
まず、長女が1匹。
年中のふたご男子もそれぞれ1匹。
末っ子はよくわかってなくて、逆に逃がしていました(笑)

コツがわかってからはいわゆる入れ食い状態で、
持っていった小さな水槽はザリガニでいっぱいになりました。
さっきのカエルではありませんが、
今晩のおかずに釣ってるのか。。。という勢い。








でも釣りあげたはいいものの、勢いよく跳ねまわるザリガニをつかめず、ギャーギャー叫んでいる私に、
3歳くらいの男の子が
「こうやってつかむんだよ」と
ヒョイとつまみあげ水槽に入れてくれました。

他にも、釣りあげたザリガニの片方のハサミがちぎれていて、
なんだかかわいそうだねぇ
と長女と話していると、
横で小学4年生くらいの女の子が聞いていて
「でもね、あとからちゃんと生えてくるんだよ。時々生えない時もあるけどね」
と教えてくれました。

んーーー小さな博士がいっぱい。
我が家の子どもたちもいっぱい自然に触れ合って、
こんなちびっこ博士みたいになれたらいいなぁ。。。なんて思ってしまいました。

岩倉自然生態園
HP→http://homepage1.nifty.com/iwakura/seitaien.htm
2011/05/07
執筆者: ついでにペロリ (12:44 pm)
新緑のよい季節です。
名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネットにいってきました。

ちょうど今はガーデンの名前となった「ブルーボネット」の花が花盛りです。もちろん春から初夏にかけての花が花盛りです。


 


     きれいなブルーのかわいい花
     アメリカ開拓時代の女性の帽子
     ボネットにちなんでつけられて名前です。
     ルピナスとよく似ています。
     全長が20センチほどでかわいい花です。










   そしてガーデンのテーマである
   ワイルドフラワーガーデンがこちら。
   種子で容易に花を咲かせ
   痩せた土地でも次々に花が咲くよう
   いろいろな種類の種をまいてつくったガーデン。
   今は青や白・紫の花が咲いていました。
   (4月に訪れた時はオレンジの花々が咲いていました。)









    もちろんおなじみのチューリップや
    わすれなぐさも
    バラも咲き始め
    モッコウバラがさきみだれていました。









園内は飲食禁止・走ったりできませんが、
写真スポット満載です。
子どもたちのかわいい表情がゲットできますよ。

人の手で手入れされ、つくられた自然ではありますが、
やはり、植物に囲まれていると心も体も癒されます。
子どもたちには、
身近な花々や植物で、自然を楽しむこともいいのでは。
なんといっても、
植物には、私たちを元気にする不思議な力が・・・

駐車場をはさんだ、園の向こうには、お弁当をひろげてもいいスポットも用意されています。

名古屋港水族館側から水上バスもあり、
ちょっとした小旅行気分。

お年寄りから子どもまでが楽しめる場所かなと思います。

やはり花好きにはうれしい場所。
時には、園の手入れをしている方と会話して、
お花の育て方や手入れ方法も聞けるかも。
もちろん、園のほうもイベントがいろいろ計画されていますよ。


これからの予定やお花の開花状況はHPで確認してね。

   http://www.wfg-bluebonnet.com/

参考図書

 ブルーボネットの昔話の絵本を紹介します。





           青い花のじゅうたん
             −テキサス州のむかしばなし
             トミー・デ・パオラ 著
             評論社
2010/10/09
執筆者: ついでにペロリ (4:11 pm)
いってきました。デンパーク

安城の方々にはおなじみですが、
名古屋から伺いました。
そこは、紹介したいほどよいところ





     広い公園の中は北欧の雰囲気。



















     今は、秋収穫祭。
     ハロウィンのまつりの準備もできています。












     園内は、今 秋のお花がたくさんさいています。
     お花好きはゆっくり観賞。















     遊歩道は、とてもひろく、
     ベビーカーや車椅子でも安心して鑑賞できます。





四季折々にお花がたのしめるよう。
もちろんイベントやワークショップも計画されていて参加もOK。

園内には食事のできるお店も充実。
もちろんお弁当も持ち込みもOK。
お弁当を広げる場所もいたるところにあります。

子どもたちが遊べるスペースもあり、
園内をまわるバスもあります。

JR安城駅からあんくるバスにのれば100円でいけます。
(なんと、乗車料金100円に驚き!!)

公園に隣接して道の駅があり、
帰りには、新鮮なとれたて野菜を購入してかえるのもいいかな。

バスを待っている間、地元の人と話をしました。
デンパークは安城の方々にとっては身近な公園で、
遠足やデイサービス、お散歩などでよく利用するそうです。

名古屋からだと、ちょっとしたドライブ感覚でいけて、
お花や自然を楽しめて、子どもたちも安心して遊べる。

これからの季節お花美しい時期です。
1度、足を運んでみてはいかがでしょう。
2010/06/10
執筆者: しんちゃん@尾張 (11:42 pm)
テーマを「アウトドア」にしましたが、博物館は室内なので、天候に関係なく楽しめます。

先週土曜日に小学校があり、その振替えで7(月)がお休みだったので、夫も休みをとり、日帰りで福井県に遊びに行ってきました。
一番のメインは「化石発掘体験」。
なぜこれを選んだかというと、息子に「体験型の遊びをさせたかったから」。
遊園地でただ遊ぶというのだと、子どもは楽しいだろうけど、何となく親の怠慢のような気がしてしまうので。

発掘という言葉から、土の中を掘り起こすのか?と勝手に予想していたのですが、そうではなく、ハンマーとタガネを使って、石を割り、化石を見つけていく、という感じでした。子ども1人につき、大人1人が一緒に入場できます。父親が発掘に参加して、母親はビデオや写真撮影、という人が多かったかな。やっているうちに、大人のほうが真剣に発掘作業をしているのが、見ていておもしろかったです。









発掘した化石は、気に入ったものを1つだけ、おみやげに持って帰れます。恐竜の化石など、すごい発見をしたものは博物館にお渡しください、とのこと。(名前入りで展示してもらえるらしいです)
息子と夫は植物の茎の化石をいくつか見つけ、一番はっきり化石とわかるものをもらってきました。

意外にも女の子もたくさん来ていました。父と娘と協力して化石を発掘する、というのもいいですね。娘と最近あまり会話がないな〜というお父さんにオススメです。

夏休みの自由研究などにもよさそう、と思いました。夏休みなら1泊して、海水浴を楽しむのもいいですね。
冬ならカニを食べる楽しみもあるし、次男が大きくなったらまた来たいな〜と思いました。

恐竜博物館の方も、とても楽しめました。恐竜の全身骨格も大きくて迫力がありました。小学一年生の息子は復元された恐竜のジオラマを見て「本物の恐竜だ〜!!!」と興奮してました。(本物、じゃあないけどね…)恐竜好きの子にはディズニーランド以上のパラダイスだろうなあと思いました。わが家の息子は恐竜好き、というわけではないけど、とても楽しかったようです。いろんな石を顕微鏡で拡大して見れるコーナーも気に入って見ていました。

小学生〜中学生なら理科の勉強になるだろうし、大人も十分楽しめる博物館でした。エレベーターやスロープなどもあって、ベビーカーや車椅子の方でも見学しやすく作られています。
私たちは時間が合わなくて見れませんでしたが、恐竜アニメ映画の上映もあるようです。
イベントや子ども向けの恐竜ふれあい教室なども開催されているようなので、興味のある方はぜひお出かけください。

博物館の外にある公園には、あちこちに恐竜がいて、こちらも楽しかったです。









◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆福井県恐竜博物館
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

◆かつやま恐竜の森(化石発掘体験はココから↓)
http://www.kyoryunomori.net/

◆化石発掘体験について
前日までの完全予約制(インターネット上)
参加費は 個人300 円 、団体(10名以上)200 円
発掘体験に参加できるのは4歳以上〜小中学生までの子どもで、
子ども1人につき大人1人が入場可能

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
2010/03/16
執筆者: しんちゃん@尾張 (12:52 pm)
まだ寒い日もありますが、日に日に暖かくなってきましたね。気温差があるので、体調を崩しやすいですが、お元気ですか?わが家は1歳4ヵ月の次男が少し風邪気味で鼻水&咳をしているな〜と思っていたら、私ものどが痛くなってきたり、夫も風邪気味とのこと。皆様もお気をつけください。

もう少しで春、ということで今日は犬山祭のご案内です。
江戸時代(1635年)からはじまった、歴史あるお祭りで毎年4月第1土・日曜に行われています。
今年は4/3(土)−4(日)です。
昨年はちょうど桜が満開のなかで行われて、とても素敵でした。












お祭りの2日間は愛知県の有形民俗文化財に指定されている3層の車山(やま)が13台くり出 し、笛、太鼓に合わせからくり人形を披露します。夜は、それぞれの車山に365個もの提灯がともされ、とても雰囲気があってオススメです。提灯は夕方18:30頃に点灯されるようです。名鉄犬山駅西口に車山が集まって並んでいる姿は圧巻です。

私は犬山市を中心に活動している子育て支援グループ「マミーズ広房 たまてばこ」の一員なのですが、毎年、犬山祭の「しみんてい横丁」に参加させてもらっています。日用品などのほか、つまみ細工の髪飾りや手作りの箸置きなどを販売します。お祭りにお出かけの際はぜひお立ち寄りください。場所は犬山城へ向かう本町通り沿い、犬山福祉会館の向かい側です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

開催期間   4月3日-4月4日
開催時間   午前9時−午後9時
会場      犬山城下町
所在地     愛知県犬山市犬山
交通案内   名鉄犬山駅西口すぐ
お問い合わせ 犬山観光案内所 電話0568-61-6000

犬山観光情報
http://inuyama.gr.jp/

※周辺道路は祭り期間中、交通規制となりますのでご注意を。
詳細は上記HPを参考にしてください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
2009/12/31
執筆者: しんちゃん@尾張 (9:44 pm)
いよいよ、あと数時間で新年ですね。
大掃除ではなく、普段のそうじをして、夕食におそばを食べ、紅白を見ながら(聞きながら?)ひと息ついています。
振り返るとあっという間の一年でした。昨年11月に生まれた次男も1歳になり、兄(6歳)のおもちゃを触ったり食べたりして兄弟ゲンカがはじまり、賑やか&うるさい日々です。

さて年始のお出かけは「初詣」という方が多いと思います。わが家も、初詣→実家、または初詣→映画館というコースが多いです。今年は少し趣向を変えて、「初詣」のあとは「明治村」へお出かけ、というのはいかがでしょうか?

「明治村」ではお正月にいろんなイベントもあります。

◆祝い餅つき <1月2日(土)>
 ついたお餅は皆様に振舞われます。
 会場 : 呉服座前
 出演 : めでたや
 時間 : 12:00〜 14:00〜
※お餅は数に限りあり。当日は、会場前にて整理券を各回20分前から配布とのこと。

◆獅子舞・祝い太鼓公演 <1月3日(日)>
 会場 : 呉服座前
 時間 : 13:00〜 14:00〜
 出演 : 歌舞劇団 田楽座

春は桜や雪柳、秋は紅葉と四季それぞれに楽しめるのですが、私が一番好きなのは、夏の宵祭りで夜間営業のあるときに花火を見ることです。
浴衣を着た女性は無料、男性も割引になる期間があります。その頃になったら、またお知らせしますね。


私のおすすめの明治村の過ごし方は次のふたつです。

◆おすすめ1 <乗り物>
SL(蒸気機関車)とチンチン電車
息子は電車大好きなので、明治村に行くと必ず乗り物に乗っています。

◆おすすめ2 <グルメ>
小倉ドッグと食道楽コロッケ
明治時代のレシピを元に作られた、少し懐かしい味の食べ物が売られています。
上の2つもおいしいですが「食道楽のカレーぱん」もおすすめです。


ホームページにはお得なクーポンもあるので
お出かけ前にチェックしてみてください。
↓↓↓
http://www.meijimura.com/index.html


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

博物館 明治村
〒484-0000 愛知県犬山市内山1番地
  TEL:0568-67-0314 FAX:0568-67-0358

■ 開村時間
夏期 9:30〜17:00 (3月〜10月)
冬期 9:30〜16:00 (11月〜2月)

■ 休村日
12月31日1月・2月・12月の毎週月曜日
(祝日及び正月期間は除く)
3月から11月までは毎日開村しています

幼児(未就学児)は無料。
毎週土曜日は小・中学生無料。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
2009/08/18
執筆者: えびふりゃー@名古屋 (11:16 pm)
アウトドアと言っても、近場のちっちゃな公園です。
県営名古屋空港の西側にある「神明公園」
に行ってきました。

空港のすぐ近くということで、
間近にヘリコプターやら飛行機の離着陸を見ることができます。
なので、大人で展望台でカメラを抱えている人も多数いました。

公園内には「航空館boon」という施設があり、
本物の飛行機に乗れたり、
操縦シミュレーターや
飛行機関係のクイズが出てくるパソコンがあったり、
でうちの子どもたち(特に男子)にはオオウケでした。


外にはバーベキューのできる場所があり、
子ども向けの遊具も多少あります。


遊具のある広場の横には水遊びのできる小さな池もありました。


いつもの公園に飽きてしまった時、ちょっと寄ってみても
楽しい公園かな。と思いました。
2009/08/18
執筆者: あつ@三河 (11:10 pm)
お盆を過ぎましたが、まだまだ毎日暑いですね〜。
こんにちは、情報案内人のあつです。

ほんっとぉ〜にとっても久々のブログ更新です。
沈黙していた2年弱(!?)の間に、家族が一人増えました
またまた男の子です。
これからは、二児の母の視点でブログを書いていければなぁ、
と思います。

さて、今回は残り少ない夏を満喫していただける
お勧めスポットのご紹介です。
瀬戸にある岩屋堂公園。
名古屋から1時間程度で行ける国定公園です。

名古屋の近くに、こんな緑いっぱいの場所があったの〜??
と驚きました
マイナスイオンばしばしです。
気温も名古屋より低く、涼し〜♪

そして、今回の目的は、渓流をせき止めて作った天然プール。
子どものひざ下位の深さなので、3歳の長男も安心して遊べました。
水温はかなり低いので、小さいお子さんはあまり長く入らない方がいいですね。
気づけば、長男も唇が紫色になってました、、、。

この公園のすばらしい所は、すぐ近くに50mプールもあり
なんと無料で入ることができます!
川で遊び足りなければ、プールも楽しめちゃいます。

交通手段は、車でということになりますが、
駐車場はがんばって早朝に行けば、無料Pが15台ほどありました。
うちは間に合わず、500円払って有料Pに

お弁当を持って行けば、ほとんどお金がかからずに遊べるので
とってもお勧めの場所です。

ただ、歩くことができない次男は、ほとんど私が背負って過ごしたので
ちょっとかわいそうだったかなぁ、、、
山の中なので、ハイハイできるような平坦で安全な場所はないし、
川の水は冷たすぎるし。
また来年、岩屋堂デビューしようね。

この天然プール、期間限定で今年は7月17日から8月31日
までやっています。
皆さん、ぜひ行ってみてくださいね
2009/08/08
執筆者: ゆりりん@名古屋 (2:04 am)
アウトドア派・活動派のご家庭にお勧めの夏休みスポット☆
白鳥高原のお勧め遊び場が、ウィングヒルズ白鳥高原です。
昨年の夏に初めて行ったのですが、最高です☆
http://winghills.net/green/

スキー場・温泉・宿泊施設がるのですが、夏も冬も年中遊べるのが魅力的です!!

冬はそのままスキーやスノボをして頂けばいいのですが、
夏は緑のゲレンデをマウンテンバイクで滑走できます!!

山をマウンテンバイクで下る体験なんてしたことなかったのですが、
主人も私もアドレナリン噴出しまくりの大興奮でした!!
体感速度が半端ないですよ〜〜。
コースも、初級・中級・上級とあり、お子様ライダーもいて、親子で滑走できます。
(バイクは現地でレンタル可)

これは、上級コースに迷い込んだものの後戻りできずに頑張って下っている写真です。
行く人はコース取りに気をつけて下さいね。
隣には温泉施設があり、遊んだ後にお風呂に入ってサッパリできますよ♪

私は体験してませんが、サイトを見るとキャンプやトレッキングもできるようですね。
日帰り・宿泊どちらでも楽しめる場所なので、
まだ夏休みのご予定がない方は白鳥高原へ行かれてみても♪
牧歌の里も車ですぐなので、ご家族で楽しんでください!
2009/04/10
執筆者: コハル@名古屋 (8:20 am)
ふたたびコハルです。
すみません、先程紹介しました
「中津川ふれあい牧場」の情報追加です。

HPをリンクさせていましたが
詳しくはこちらをご覧ください。

中津川ふれあい牧場

牧場名物、ソフトクリームの割引クーポンもGETできます。
(通常300円が→200円に!)
濃厚でとろける美味しさ。すごくおすすめです。

ぜひクーポンを持って遊びに行ってくださいね!

楽しい春をお過ごしください。
ではまた!
2009/04/10
執筆者: コハル@名古屋 (7:42 am)
こんにちは。情報案内人のコハルです。
桜の綺麗な季節。みなさんお花見していますか?
満開の桜はもちろんですが、散り際の桜も風に花びらが舞って
美しいですよね。
桜を眺めつつ、日本に生まれて幸せだなーと思う今日この頃です。

さて、家族で「中津川ふれあい牧場」へ行ってきました。
桜も見ごろで、素晴らしいロケーション。
どこまでも広々と続く芝生は思いきり走り回って遊べます。
小さいお子さん連れの方も、ここなら安心しての〜んびりできますよ。


入り口近くにはソフトクリームを販売しています。(美味しい!)
ちょっとした遊具コーナーもあって、コハルジュニアも
喜んで遊びに夢中。


ふれあい牧場ですので色んな動物たちが歓迎してくれました。
牛、馬、羊、ヤギ、アヒル、ウサギ etc・・・。
動物たちと至近距離で 遊べます。
私たちが行った時にはちょうどヤギの赤ちゃんに会えました。


日頃、こんな風に動物と直接ふれあえる機会も無いので
子どもにとっても刺激的で良い経験になったと思います。
恐る恐る近づいて体を撫でさせてもらったり、子どもなりに
楽しんでいた様です。


そして何より、空気も美味しくて、自然を体で感じることができ
大人の私たちにとっても良いリフレッシュになりました。
気持良いこの季節。皆さんもお出かけスポット候補に上げてみてください。

ちょっとした食事コーナーもあり、バーベキューやジンギスカンも頂くことができます。私たちはバーベキューを選びました。なかなか美味しかったですよ!
そして大事なポイント。
中津川ふれあい牧場は嬉しい入場無料です。
(施設維持のために、入り口で募金制となっていました)

「中津川ふれあい牧場」
〒508−0006
岐阜県中津川市落合1356−70
TEL0573-69-4822 FAX0573-69-4822
HP→中津川ふれあい牧場
2008/11/19
執筆者: ミルチル@尾張 (1:26 am)
どこか紅葉を楽しみつつ遊べる公園はないかなぁと思い、あいち健康の森公園に初チャレンジ!
思いがけず、四季桜も咲いていて、パパやママが子供たちと一緒に楽しんでいたのが印象的な公園でした。

ながーい滑り台は子供たちが何度もチャレンジ。ごつごつした岩をがんばってクライミングすると、細い釣り橋にチャレンジ!
渡り切ると複合遊具に到着。ワイルドに遊べます。
また、遊びに行きたいです!


健康の森公園のこどもの森で、遊んだあとは、健康プラザの温泉につかってきました。しょっぱいけどぬるぬるしていて、お肌がしっとりしましたよ!
2008/08/24
執筆者: えびふりゃー@名古屋 (11:50 pm)
今日はお友達家族とバーベキューをしに、
「半田運動公園」へ行ってきました。

半田市にある公園で、
車ではないとちょっと行きづらいところではあるのですが、
名古屋から高速で30分強。

陸上競技場や広場などがある広大な公園で
バーベキューのできる
デイキャンプ場の周りには
農産物の直売所、
芝生の広場、
滑り台や、ブランコのある子ども広場が
丘をはさんで2か所にもあり、
家族で1日満喫できました。

子ども広場の遊具も、
小さい子から、大きい子まで
どんな子でも満足できる内容のものがそろっていて、
飽きることなく遊べます。

バーベキューも1卓1000円とかなりリーズナブル。

大人も子どもも
「また行きたいなー」
という公園でした。

半田運動公園 公式ホームページ
http://www.city.handa.aichi.jp/sports/shigoto/shisetsu/undokoen/index.shtml

このほか、「半田運動公園」で検索すると、
いろんな方のレポートが見られると思います。
2007/08/01
執筆者: 狩野@尾張 (9:50 pm)
2007年7月28日(土)

愛知牧場のひまわり畑が見ごろです。
でも、すっごく暑いので水分補給に充分注意してください。
我が家も、ふれあい牧場+ひまわり畑+引き馬のお決まりコースをさっさと済まして、今日は岩屋堂に移動。

岩屋堂は、瀬戸市にある自然の川をせき止めて作ったプール。毎年行こうと思うんだけれど、夏休みの一ヶ月間しか営業しないので、いつも行きそびれてしまってた。念願かなってのGO!GO!

プールと聞いていたから、水深があるのかと思っていたら、かなり浅めで、怖がりの娘達も楽しむことができた。水も冷たいと思ったら、いりが池公園の水のほうがよっぽど冷たかった。いいかんじの場所です。

次回は、ビーチテントと食べ物と飲み物をいっぱい入れたクーラーボックスを持って行こうと思います。
2007/06/28
執筆者: みわ@海部 (11:20 am)
夏本番になってきましたね。田んぼを泳ぐオタマジャクシがうらやましくさえ思えてしまうこの暑さ!

小1と年長の娘をがいるのんびりママが、海部郡付近で子どもと楽しく水遊びの出来る場所を紹介しま〜す!

戸田川緑地
ここは小さい子でも安心してちゃぷちゃぷ出来ます。小さな池になっていて、ふじさんを見立てたような山が池の中にあって、そこから滑って楽しむことが出来ます。体育館もあるので疲れたら涼む場も。他にも遊具やデイキャンプが出来る場所もあるとか。

稲沢公園
小さな人工の川になってます。木陰もあってとってもゆったり過ごせます。遊具などは何もないけど大きな芝生広場があります。(木に毛虫がいることもあるので気をつけてね)ひからびそうになったら荻須高徳美術館で芸術に浸りながら涼んでから帰るのもちょっといいかも。すぐそばにログハウスのアットホームな喫茶店もありますよ。

次はかなり穴場。アウトドアー派の方にはもってこい!

木曽川
津島神社の前の道を立田方面にひたすら走ると堤防にあがれます。結構、河川敷に車がたくさん降りていて、シジミを捕ったり川遊びをしています。日よけになるものを持って行くといいかな。水は透明で砂地になっているので、とても気持ちがいいよ。
でも川(急に深くなっているところもあるかも)だから、お子さ
んからは目を離さないで気をつけてね!
祖父江の方にも木曽三川公園があって、川遊びやデイキャンプを楽しめます!

多度峡
多度神社の麓にある天然プールです。水はかなり冷たいです。森林浴をしながら、日頃の疲れをいやしてみてはどうでしょう。夏場は駐車場の場所によっては、料金がいります。300円から500円くらいです。私は4人のママ友と行って、ござ席を借りました。(1日1000円くらいだったと思うけど)みんなで割れば安いし、交代で子どもを見て、日頃の疲れをいやした覚えがあります。ハイキングコース(往復7キロ)や登山コース(結構山道)もあるので、挑戦してみてください。頂上まで登り切ったとき、子どもが一回り大きくなったような、いい達成感がありました。運がいいとお猿にもであえるよ(野生だからちょっと怖いい?)近くに足湯もあります。

まだまだ紹介したいスポットがありますが、今日はこれくらいで!
まちにまった夏休み!子どもが親に付き合って遊んでくれるのは今のうち!素敵な夏休みを過ごしてくださね!
2007/06/23
執筆者: 狩野@尾張 (12:10 am)
2007年6月17日(日)
昨日の農業センターでは満足できなかったようで、今日は牧場へ連れて行って、とリクエスト。
日進市の愛知牧場へ。

4月から一部リニューアルされ、「ふれあい広場」は週末と祝日は有料になった。(協力金、3歳以上200円 平日は無料)。
長女は、動物に餌をあげるのが大好きなので、絶対にはずせない。
餌を購入して、協力金を払って中へ・・・。
羊・ヤギ・ロバ・アヒル・豚・ウサギなど。怖がることなく、手のひらにのせて、はいどうぞ!
以前は、各動物の柵の中に人間が入っていく感じだったけれど、
リニューアル後は、少し動物を柵の外に出しているみたい。動物と近くなった感あり。

そして、いつもここに来ると食べてしまうソフトクリーム。
今は、期間限定で「ぶどう味」があり。結構美味しかった。
春にも同じように、期間限定の「いちご味」があったのだけれど、それはちょっと水っぽくて
普通のバニラの方が正解!なんて思ったけれど、今回はいいかも・・・。一度お試しあれ!

そして、帰り際。
園内にあるお花屋さんの、「イングリッシュラベンダーの鉢植え 500円」を迷った末に買うことに決定。

     長女 :「これください。」
花屋のおじさん:「あかん!、あかん!!」
      私 :「???(500円って書いてあるんですけど・・・)」
花屋のおじさん:「これはかなり腕が無いとこのへんでは育てられへん。
         日本でやったら北海道ぐらいや。
         自信あるんやったら、お金はいらんけど、腕が無いと売られへん。」
      私 :「・・・あきらめます・・・」

前から、変わった地味な花があるなぁ・・・と思っていたら、山野草の専門家さんみたい。
なるほどね、と思った。
今、お店に行くと、おじさんが2年がかりで種から咲かせた、標高2000メートル以上でしか咲かないエーデルワイスをみることができます。お店の隅っこに目立たないように置いてありますよ。
お話好きのおじさんなので、見てみたい人は声をかけてみるといいかも。

絶対に売ってくれないとは思いますけれどね。
2007/06/13
執筆者: 狩野@尾張 (10:30 pm)
2007年6月10日(日)

週末から続いた雨がやっとあがってきたので、三姉妹を連れて、図書館へ。
近い駐車場は満車で、少し離れた駐車場に停めた。
図書館までは、大した距離じゃないんだけれど、歩道橋があり、ベビーカーを押しての上り下りは、結構怖かった。
次回からは、少し待っても近いほうに停めようと思う。

図書館は、あまり大きくはないけれど、入り口は付近に子ども用の絵本のコーナーがあり、
その奥には、読み聞かせ用の部屋もあるので、子連れでも遠慮なく利用できるところが嬉しい。
我が家の娘達はというと、長女は「バーバパパ」がお気に入りらしい。
字の読めない次女はというと、動物が表紙に載っているという事が、何よりも大事なポイントみたい。


その後は、隣接する桧ヶ根公園へ。
ここは噴水や人口の小川があり、隣の図書館に避難することもできるので、夏にはオススメの公園。
小川といっても、足首ぐらいの深さ(一部、大人の太ももぐらいの所あり)なので、ヨチヨチ歩きの小さな子どもでも大丈夫!

雨上がりの後の強い日差しの中、上のふたりは案の定、水遊び&泥遊び。今日は、お着替えないんですけど・・・。
この公園に来る時は、やっぱりお着替えとシートと飲み物とおやつとタオルが必須やった、と思い出した。この夏、初めてだったから、すっかり忘れてたんだよね。(近くにコンビニとか無いです)

そして、最後に要注意!
土日祝は、駐車場が17時に施錠されてしまいます。陽が長いこの季節、ついうっかりしてしまう時間。気をつけましょう!!
2007/05/21
執筆者: 狩野@尾張 (11:20 pm)
2007年5月13日(日)

6月末までの無料招待券があったので、梅雨になる前に行っておくことにする。ここ南知多ビーチランドも、最近リニューアルされたはず。

まずは、イルカショーから。名古屋港水族館ほど優雅じゃないけれど、ここはイルカが近くて、ほのぼのした感じが好き!狭いプールで、人もイルカも怪我しないかと心配になったりもするけれどね。夏場は、プールの近くに座るとビチャビチャになるので、近くで観たい人は覚悟してね。

館内は、沈没船風になっていた。天井やら足元やらにある水槽に子ども達はワクワク度UPの様子。水槽の位置が低くなったので、ベビーカに乗ったままの子どもが、観れるのが嬉しい。

14時からの15分は、ふれあいタイム。”ふれあい”っていっても、ほんの一瞬触れるだけなんだけれど、それでも普段なかなかできない経験だから、大人でも楽しい。15分の間に、ペンギンに餌あげて、アザラシ触って、アシカ触って、イルカ触わることができました。一瞬だけれどね・・・

おもちゃ王国も隣接しているので、一日中遊べます。
気をつけないといけないのは、風の強い日。海からの風はすごいです。子どもが飛ばされそうになります。天気予報でチェックしてからのおでかけがいいかもしれません。
2007/05/21
執筆者: 狩野@尾張 (10:50 pm)
2007年5月12日(土)

名古屋の東山動植物園へ。
お天気がいいので、お昼前の到着じゃぁ、やっぱり駐車場はいっぱい。どうしようかなぁ、と思ってたら、臨時駐車場に案内された。ちょっと遠いけれど、なんと無料!歩くのが気にならない我が家はちょっと得した気分♪

まずは、植物園でお昼ごはん。コンビニで買ったおにぎりでも、お外で食べると美味しいね♪
すっごく大きくなった竹の子(っていうか、もう竹です!)みたり、とってもいい香りのバラの花を楽しんだりしながら、動物園へ移動する。

最近、リニューアルした園内。少し、動物に近くなったかな。
うちの子ども達が喜んだのは、”なかよし広場”。初めて触ったひよこがフワフワだったのが、嬉しかったみたい。


東山動植物園、6月3日までの週末は、開園時間を延長しています。4時半以降の入園は無料です(詳しくは、直接問い合わせてくださいね)。

そして・・・5時以降は園内ガラガラでした。昼間は長蛇の列になる動物の前も、気の済むまでゆっくり観れます。オススメですよ!
2007/05/14
執筆者: はんだ@知多 (2:00 pm)






半田市からちょっと抜け出して、
母(私)と娘(小3)で
知多市の 佐布里緑と花のふれあい公園 へ!


クラフト作りをしたり、
温室のお花を見たり、
プレーパークで思いっきり遊んだり・・・。

プレーパーク内の 「竹のスベリ台」
ちょっとスリルがあって楽しかったです!

自然がいっぱいで、のびのびと遊んできました!


■佐布里緑と花のふれあい公園
佐布里緑と花のふれあい公園webサイト
2007/04/26
執筆者: はんだ@知多 (6:50 pm)






100匹の こいのぼり が、
気持ちよさそうに泳いでいます。

ミツカン本社(お酢で有名)の蔵が、ずらりとならんでいて、
その黒い壁に、青や赤のこいのぼりが色映えて美しい景色です。

蔵が並ぶ町並みの中、こいのぼりを数えながら・・・、
親子でちょっとお散歩するには、とてもいいところです。


《 こいのぼり 》
■場所:半田運河沿い(JR 「半田」駅より徒歩5分ほど ミツカン本社近く)
■期間:4/20(金)〜5/6(日)まで。
■夜間ライトアップ時間:18時〜21時
■問合せ:半田市観光協会 0569-32-3264
■参照:半田市公式HP
http://www.city.handa.aichi.jp/

サイトマッププライバシーポリシー事務局について
あいち・子どもNPOセンターが制作・運営しています
「あい・こどもネット」は愛知県(海部・尾張・名古屋・知多・西三河・東三河)の子育て・子育ち支援情報を収集したサイトです。
copyright「あい・こどもネット」all rights reserved.