サイト内の情報をキーワードで検索
私たちは愛知の子育てを応援しています!
  • 名古屋おやこセンターバナー
  • らららルーム


あなたの興味や得意なことを生かして情報発信しませんか?
子育てナビゲーターの登録はこちらへ
もどる   子育て情報案内人ブログ
愛知県内各地の子育てナビゲーターたちが、地域でのイベント、おススメの遊び場やお店、本やおもちゃの紹介、子育てや暮らし、食に関する話題など、子育て中のママ・パパに役立つ情報をブログ形式で発信します。
下の一覧からテーマを絞って読むことができます。


2015/11/24
たのしい川べ
テーマ: 絵本・本 : 
執筆者: ついでにペロリ (8:51 pm)
先月から仲間と輪読している本『ストーリーテラーへの道』−よいおはなしの語り手となるため(ルース・ソーヤ著 日本図書館協会)の序文にでてくる『たのしい川べ』を読んでみたくなった。

   たのしい川べ
    −ヒキガエルの冒険
    ケネス・グレーアム作
    石井桃子訳
    岩波書店


実は以前挑戦したのだが挫折して途中であきらめた本である。
今回、心して読み始めたのだが・・・
おもしろくて、イッキに読んだ。
なぜ挫折したのか?不思議に思ったくらい。

おはなしは主にモグラ・ネズミ・ヒキガエル・アナグマが登場。
副題なのかーヒキガエルの冒険となっているので確かに、なかなか興味深い登場人物だ。

まずはモグラが春の大掃除中がイヤになり穴から出たところ、ボートにのったネズミと出会い、おはなしがすすんでいきます。
モグラはアナグマやヒキガエルを紹介してもらい・・・
互いにいろいろとかかわってくるのです。

アナグマの言葉に「なるほど・・」と納得したり。
ヒキガエルのハチャメチャにあきれてみたり。
ネズミの友情に感動したり
モグラの純真な心にあこがれたり。

動物たちのおはなしのですが
私たち人間に置き換えてもおもしろい。
もっとも、途中で
ヒキガエルなどは、警察に捕まって裁判され、牢屋に入れられ、かわいい御嬢さんに「せんたくばあさん」に変装をすすめられ、牢屋から逃げ出すなんて・・・
動物たちのおはなしではないのね。

それにやはり文章がすばらしい。もちろん訳もすばらしい。
こんなに美しい表現があったのだろうかとおもうほどに、自然の描写や心の内があらわされている。

子どもは、動物たちのたのしいやりとりを、
大人は、あちこちにでてくる人生訓を感じながら読める

サイトマッププライバシーポリシー事務局について
あいち・子どもNPOセンターが制作・運営しています
「あい・こどもネット」は愛知県(海部・尾張・名古屋・知多・西三河・東三河)の子育て・子育ち支援情報を収集したサイトです。
copyright「あい・こどもネット」all rights reserved.