サイト内の情報をキーワードで検索
私たちは愛知の子育てを応援しています!
  • 名古屋おやこセンターバナー
  • らららルーム


あなたの興味や得意なことを生かして情報発信しませんか?
子育てナビゲーターの登録はこちらへ
もどる   子育て情報案内人ブログ
愛知県内各地の子育てナビゲーターたちが、地域でのイベント、おススメの遊び場やお店、本やおもちゃの紹介、子育てや暮らし、食に関する話題など、子育て中のママ・パパに役立つ情報をブログ形式で発信します。
下の一覧からテーマを絞って読むことができます。


2010/07/21
悪阻もそろそろ終了??
テーマ: その他 : 
執筆者: ゆりりん@名古屋 (6:22 pm)
えー、随分前に二人目妊娠の事を書いてから更新していなかったのですが、
ようやく一息つけそうな感じになってきました。
もうすぐ5ヶ月。
悪阻、そろそろ終わってくれそうです。


悪阻のピーク時にはどうにもこうにも家事・育児が散漫になってしまい、
結局実家のお世話になることに・・・。
一人目のときと二人目の違い。
それはずばり「生活ペースの主体者が誰であるか?」だと思います。
一人目の悪阻のときの私は、
ひたすら寝る妊婦でした。食事もそこそこに、寝る。
日中は旦那がいないのを良いことに、家事もせずひたすら寝るだけです。
夕方にゴソゴソっと起き出して、
「そろそろ活動するかー・・・。」とスーパーへ夕食の買出し。
味付け肉なんぞを買ってきては、お野菜と炒めるだけの手抜き食を毎晩作って旦那に食べさせていました。
とにかく、世界は妊婦様である私を中心に回っていたのです。


が、
今回は妊婦様なんてものでは行きません。
妊婦様の上には、大切に育てなくてはいけない息子様がいるのです。
たとえ妊婦様が「悪阻が辛くてご飯なんて食べたくない。」と思ったところで、
息子様はそんなのお構いなしに「腹が減ったぞー。」と泣きます。
大人には出していた手抜き食も、可愛いわが子にはきちんと作らなくてはなりません。

「できることなら一日中寝ていたい・・・。」
そんな妊婦様の気持ちは露知らず、息子様は
「外で遊びたいんだよー。」と玄関でウロウロして外出アピール。
妊娠していても、朝・夕2回の公園遊びは欠かせませんでした。

日中怠けられない私は、旦那が帰宅する夜以降は毎晩グロッキー・・・。
体調が悪くて悪くてたまりませんでした・・・。



そんな辛い悪阻生活ももうすぐ終了。
悪阻中は「自分が妊婦である」という感覚が悪阻によって意識されましたが、
今度は自分が妊婦であることを忘れる生活に巻き込まれています・・・。
この我が家に蔓延る「絶対息子制」。
二人目が生まれて入院する日までは当分続きそうです。

サイトマッププライバシーポリシー事務局について
あいち・子どもNPOセンターが制作・運営しています
「あい・こどもネット」は愛知県(海部・尾張・名古屋・知多・西三河・東三河)の子育て・子育ち支援情報を収集したサイトです。
copyright「あい・こどもネット」all rights reserved.