サイト内の情報をキーワードで検索
私たちは愛知の子育てを応援しています!
  • 名古屋おやこセンターバナー
  • らららルーム
もどる
子どもの権利遊び本映画・ビデオ
食べものスポットいろいろ
2014/09/17
はすの花
執筆者: ついでにペロリ (11:05 am)
小学高学年から大人の方におすすめの文学作品を紹介します。

   夏の朝
   本田昌子 著
   木村彩子 画
   福音館書店


主人公莉子は祖父の一周忌に出席のため母の実家を訪れた。
その古い屋敷の庭には池がありそこにはみごとなはすの花がさいている。

その花をみていた年老いた小夜子おばさんから、莉子は
「あのふっくらしたつぼみの中には何が入っているか、あなた、ご存じ?」と問われ・・・
小夜子おばさんは
「あのつぼみの中のには『想い』がつまっているんですって」と教えられる。
そして、莉子ははすの花が咲くとき、ぽんとする音が聞きたくて、何日が泊まっていくことにする。

朝はやく咲くはすの花をみるため、にひとり縁側にたたずむ莉子がみたものは・・・・

昼間はこの古い屋敷を処分するための整理を手伝い、そこでみたもの、出てきたものが毎朝莉子のみたものとつながって・・・

そんな具合におはなしがすすんでいく。

朝はやく、人知れず咲くはすの花。
その時の空気や、静けさがそのまま再現され
私たちを物語の世界に連れて行く。


ずっとあのすがすがしい、けれども張りつめた空気の中にいる、そのことが気持ちいい作品だ。

そして、最後に莉子がわかったことは・・・




池の中に咲いているはすの花は、みんな玉のように真っ白で、その真ん中にある金色のずいからは、なんとも言えない良いにおいが絶え間なくあたりへあふれております。(芥川龍之介 著 蜘蛛の糸より)

私の頭の中にはずっとこのシーンが浮かんでは消えていた。

サイトマッププライバシーポリシー事務局について
あいち・子どもNPOセンターが制作・運営しています
「あい・こどもネット」は愛知県(海部・尾張・名古屋・知多・西三河・東三河)の子育て・子育ち支援情報を収集したサイトです。
copyright「あい・こどもネット」all rights reserved.