サイト内の情報をキーワードで検索
私たちは愛知の子育てを応援しています!
  • あんしんせいかつ
  • 東海子どもの文化研究所
もどる   がんばる人みっけ!
あい・こどもネットの登録団体を、情報案内人が訪問し、どんな人たちが、どのような思いで、どのような活動をされているのかをレポートします。
投稿日時: 2016-12-21 (398 ヒット)

取材日:2016年11月9日
お話をうかがった人:園長 福井 志保さん











名鉄本星崎駅から徒歩5分くらいのところにある療育園。
0歳から就学前までの子どもたちが通う療育園には、元気いっぱいの子どもたちの姿があります。
発達障がいやその不安のある子どもたちが、安心して集団生活を過ごし、日常生活動作を身につけられるよう子どもに寄り添った保育を実践されています。

はじめに伺ったのは、
●ろばのこ療育園「そら」
  








  【1日のスケジュール】
  9:00    開園
  9:30    受け入れ
  10:00   自由遊び(個別療育)
  10:30   おはじまり
  11:00   集団療育
  12:00   昼食(お弁当)(週1回創作ランチ)
  13:00   おひるね
  14:00   おやつ(週1回手作り)
  15:00   おかえり
  15:30   閉園

「おはじまり」では、今日の日付や、曜日、天気について、絵カードを使用しながら子どもたちと一緒に確認します。その後、登園の子どもの名前を呼び、子どもの顔写真と名前が書かれた写真カードをホワイトボードに貼り、視覚的にも分かりやすく工夫されていました。おはじまりの時間になると、子どもたちは自分の椅子に座って先生の話を聴く姿勢がきちんと出来ており、感心させられました。




言語や体育、生活、音楽、造形活動を取り入れた療育をされています。





今日は週に1回のランチ作りの日!メニューは「ピザ」です。
まずは、大きな食パンを包丁で切ります。以前は食材に触れることも出来なかった子が、先生に手伝ってもらいながら自分で包丁を握り切ったり触れたりできるようになったというエピソードも聞きました。そして、切った食パンの上にピザソースをぬり、ウインナーやチーズ、ツナを乗せて、後は焼くだけ。その表情は真剣そのものでした!!
「その前にちょっと味見を〜」と言わんばかりに、おいしそうにパンを頬張る子どもの姿があり、とっても可愛かったです。

●ろばのこ療育園「うみ」
海の家をイメージさせるような素敵な外観。ここは、0歳から就学前の子どもが通う通園施設で、保育園/幼稚園帰りの子どもたちが通う憩いの場となっております。外にはウッドデッキもあります。












●ろばのこ療育園「ほし」
JR笠寺駅のすぐ目の前にある通園施設で、外観はこのような感じ。










こちらの中を覗くと、見慣れない光景が。


個別空間になっており、壁紙や、空間もそれぞれ違うのです。
なぜこのように、個別空間を確保しているのかを尋ねると「それは、子どもたちが安心を得て、『遊び』に集中出来るよう工夫したのですよ」と教えて下さいました。

また、個々の部屋の入り口は、アーチ状になっています。
これについて尋ねると、この個別空間は子どもの部屋であり、大人はその部屋に入る時に自然と頭を下げて敬意を表すように敢えてアーチ状になっているのだとか。

「なるほど〜子どもの空間にズケズケと入るのではなく、入って良いかどうか確認し、敬意を払うことって大事なのだな」と感じ、子ども自身の居場所(空間)を大切にしている工夫を垣間見ることが出来ました。





最後に伺ったのがろばのこ療育園と姉妹関係の
●「こひつじ保育園」
こちらは0歳から2歳児までの乳幼児が通う保育施設であり、一時保育としても利用できます。
外観は大きな一軒家で、保育園というよりは自宅に近いイメージ。
1階部分が保育場所でピアノも設置されており、外には広い園庭に遊具等も完備されています。




ガイシホールが近いこともあり、遠方から来た方が子どもを預けてコンサート等を楽しむこともあるそうです。親自身が心身共穏やかに、ゆったりとした気持ちで子育てをするためにはこうした大人の余暇の時間を確保することって大切なのですね。






ろばのこ療育園、こひつじ保育園には、福井園長のアイデアや想いがたくさん詰まった工夫がなされておりました。

名前の由来について尋ねると、それはキリスト教の聖書の中に出てくるお話が鍵となっていました。
イエス様がエルサレムに向かわれる際、早くて強い馬ではなく敢えて「子ロバ」を要求されたのです。
馬と比べてロバは速くなく、大きくもないのですが「主が御入用です」と言ってロバを連れてくるように弟子に伝えたのでした。「主が御入用です」=主が子ロバを必要としているのですという意味であり、療育園に通う一人一人の子どもたちは、『かけがえのない大事な存在だよ』というメッセージが込められているそうです。

一人一人の個性を大切に、温かく見守りつつ想いを表出しながら、子どもたちや保護者からの想いも丁寧にキャッチされており、園に通う子どもたちの生き生きとした姿がそこにはありました。
卒園後は、小学校の支援学級や普通学級に進む子どもがほとんどですが、小学校や、地域にある放課後等デイサービスなどの職員とも情報共有するなどして切れ目ない支援を実施されています。
一人一人の子どもが、卒園しても安心して学校生活を送ることができるように、日々療育園の先生方は園の理念である「あたたかく やわらかく そっと じっと」の保育を、心を込めて実践されていました。

今回はお伺いできませんでしたが、えほんと木の玩具 絵本屋AHAVAの運営もされています。カフェスペースもあるとのこと、一度訪れてはいかがですか?











【連絡先】
児童発達支援事業 通園施設 「ろばのこ療育園」
〒457-0074 名古屋市南区本地通1-6-1
TEL 052-693-6098
FAX 052-693-6099
E-Mail  sel_corporation@lilac.plala.or.jp
URL  http://ろばのこ療育園.nagoya


投稿日時: 2016-10-24 (353 ヒット)

取材日:2016年10月9日、10日


10月9日(日)、10日(月・祝)の2日間、名古屋市立大学北千種キャンパスにて特定非営利活動法人名古屋おやこセンター主催の「こどものまち デザイン ちくちく」が催されました。

「こどものまち」とは子どもたちが市民となって、好きな仕事を選んで働き、このまちだけで使える通貨(ちくちく)をもらって自由に使う「あそびのまち」です。子どもたちだけでまちを運営し、仕組みを体験しながら学ぶことができます。

こどもたちは「ハローワーク」で仕事をもらいます。


市役所:市民登録やまちの説明
警察:まちの警備、落し物管理、迷子
税務署:決められた税金を徴収する
清掃局:まちの中の環境美化
放送局:呼び出し、宣伝放送、音楽
銀行:給料を渡す、通帳を発行する
工房:手作りの小物やおもちゃの製作
雑貨屋:工房で作られた小物やおもちゃの販売
バルーンアート:バルーンアートの製作と販売
写真館:写真の撮影や販売
宝くじ:宝くじの販売
ゲームセンター:ボーリングやお菓子釣り
新聞社:記者となって取材し記事にする
影絵:ペープサートによる影絵演劇の上映
レストラン:ホットケーキや焼きそばの調理、販売

それぞれ好きな職業に就いて決められた時間働きます。その後銀行でお給料をもらい、決められた税金を払います。働いた後は買い物をしたり、ゲームセンターで遊んだり、レストランでご飯を食べたりと好きなように過ごせます。ルールを破れば警察に注意されますし、罰金を払うなどということもあります。







これらは実行委員が意見を出し合い、一つひとつ企画されたものです。開催にあたって、実行委員の子どもたちが開催直前まで、どうしたらこのまちがより良いものになるか何度も議論を重ねてきました。

当日朝、天気予報では雨だったにも関わらず、開場時間には見事な快晴、絶好のイベント日和となりました。外には開場を待つ長蛇の列があり、実行委員の子どもたちは興奮した様子で最後の準備に取り掛かっていました。

オープニングセレモニーのクラッカーとテープカットの後、次々と入場する子どもたち。実行委員の子どもたちは自分が各ブースの責任者(店長)となり、働きに来た子どもたちに仕事の説明をして一緒に働きます。子どもたちは自らやりたい仕事をハローワークで選び、主体的に仕事に取り組んでいる姿が見られました。皆のいきいきとした表情がとても印象的でした。

こどものまちは2日間で合計約600名もの入場者があり、メインホールに設置された「感想の木」には「楽しかった」というメッセージがたくさん見られました。

働いて賃金をもらう、税金を納める、お金で物を買ったり楽しむなど、現実の社会生活で大切な事が学べたと思います。
大人の力に頼りきらず、自分たちで考え、行動することができる良い機会となったのではないでしょうか。


投稿日時: 2016-09-13 (302 ヒット)

取材日:2016年9月7日


9月7日、江南市民文化会館においてNPO法人子どもと文化の森が主催する「ベビー・ナーサリー養成講座」が行われました。

講師は開業助産師で自然な出産・育児を提唱する前田助産院「ら・くーな」の院長の前田弘子さんです。



ベビー・ナーサリーとは、生後間もない乳児のケアに特化した人を指す造語です。
今回は「赤ちゃん通訳〜出産直後のお母さんと赤ちゃんが心地よく過ごすために〜」をテーマに、出産直後の母体のことや赤ちゃんに対して気をつけたいことを赤ちゃんの目線で伝えることを目的に実施し、支援者の方たちが学ばれていました。

赤ちゃんに必要なものは
・安心できる場所
・信頼できる人がいること
・笑顔があること     です。


そして、子育てをする親に必要なものは、
・気持ちの余裕
・適切な情報  です。


参加者の皆さんは、子育てに関心のある方や、保育士さんや助産師さんといった子育て支援を行っている方が多く、赤ちゃんとお母さんをペアで見ていくために必要なことを学ばれていました。



育児スタート時点でのプロ支援を目指したい方は、ベビー・ナーサリーとして本物の知識・技術を手にする機会として参加してみてはいかがでしょうか。
そして、現在育児をされているお母さんは、子育てに困ったとき等に一人で悩みを抱え込まず、ベビー・ナーサリーとして活躍しようとしている人たちがいることを思いだし、頼ってみてはいかがでしょうか。


投稿日時: 2015-12-10 (738 ヒット)

取材日:2015年11月19日
お話をうかがった人:NPO法人安城まちの学校
     理事・事務局長 古靈枝子さん




安城まちの学校は2004年に文部科学省「地域子ども教室委託事業」としてスタートしました。
はじめは市民講師による子どもたちのまなびの場(MCふれあい講座)としての活動のみ
行っていましたが、2007年に自主事業として動き出してからは活動の種類がたくさん
増えていきました。

以下に活動内容を紹介します。

‐学生体験学習講座・行事企画運営事業
 ・MCふれあい講座
  ・・・市民講師による子どもたち(小学生)のまなびの場
 ・安城学園土曜講座
  ・・・市民講師による子ども(幼児)から大人までのまなびの場

不登校児童生徒保護者支援事業
 ・あとりえ・クレッシェンド
   ・・・障がいのある人たちが元気になるアートスペース

  



 ・畑の学校
   ・・・働く意欲はあるけれど働けない青年・休業労働者のための畑の学校  





3惺散軌藥抉膸業
 ・サイエンスフェスティバル・・・年一回の「川の学校」、「科学の学校」「森の学校」

 

 




ご覿函γ賃CSR事業等支援事業
 ・アイシン・エィ・ダブリュ()プレゼンツ「デンパークで  クリスマス」を
初めとした各企業の社員向けフェスや一般対象の販売フェアの子ども広場の開催

 ・中心市街地活性化事業の歩行者天国へ参加 




ダ人向け体験学習講座・事業企画運営支援事業
 ・リフレッシュ体験カフェ・・・ママたちのリフレッシュ体験イベント


安城まちの学校はこうしたたくさんの事業をしています。
古陲気鵑蓮△海Δ靴人諭垢併業もバラバラではなく、全てが繋がっているし
全てに無駄がないと言います。

困った人や困ったことと、行政や企業をつなげること、それがNPOとしての
安城まちの学校ができる役割だとおっしゃっていました。
そうすれば困ったことも困ったことじゃなくなる、困った人も助かるかもしれない。
その手助けがしたいと古陲気鵑聾世い泙后

助けたいけれど助ける方法がなかなか難しい行政や企業と、
助けて欲しいと思っている人をつなげる、そのハブ(つなげる
もの)としての役割を、安城まちの学校が担いたい。
そして皆が住みやすい、幸せな地域社会を創っていきたい。
そんな頼もしいお言葉をいただけました。





古陲気鵑鬚呂犬甍他襪泙舛粒惺擦離好織奪佞粒Г気鵑、困った人を力強く
バックアップしてくださる、そんな心強い雰囲気がありました。


【連絡先】
NPO法人安城まちの学校
〒446-0045 愛知県安城市横山町浜畔上33-1
MCスクエアビル1F
TEL&FAX 0566-76-9900
E-Mail mcfureai@anjo-mg.jp
URL http://anjo-mg.jp

日・月 定休
火〜金 10:00~17:00
土 9:00~16:00


投稿日時: 2015-12-03 (562 ヒット)

取材日:2015年11月6日
お話をうかがった人:日進・東郷おやこ劇場 運営委員の皆さん



今回は日進市・東郷町を中心に活動されている「日進・東郷おやこ劇場」
に取材に伺いました。
日進市民会館のほど近く、閑静な住宅街の中にある事務所を訪れると、
運営委員の皆さんが明るい笑顔で出迎えてくださいました。





日進・東郷おやこ劇場は1990年に日進市民会館ができたことをきっかけに発足しました。
現在の会員は子どもから大人まで合わせて400人ほど。
「例会」と呼ばれる年齢に合った舞台作品を年に4回観ています。
しかし、舞台を見ることが活動の目的ではありません。
舞台鑑賞を通じて人とつながり、「子育ち」「おや育ち」していく
ことを目指しています。

鑑賞する舞台芸術は、お芝居、コンサート、人形劇、狂言など様々!
さらに、舞台をより楽しむため、劇団と交流をしたり、
舞台に自分の足で立ってみたり、という事前活動もしています。
鑑賞会の様子を写した写真には、生の舞台を前に目をキラキラ
させる子どもたちの姿がありました。



日進・東郷おやこ劇場の活動は舞台鑑賞だけではありません。
地域や年齢ごとに少人数で作る「サークル」こそが、子どもと親が育ち合う場!
とおっしゃるのは、運営委員長の阪井さん。
少人数で活動するからこそ分かる、子どもたちの言葉や表情の奥の
「心」を見つめることを大事にしているそうです。

他にも、子ども市(子どもたちが自分たちで考えて自分たちで作るお店屋さん)や、
文化まつり(子どもから大人までやりたいことをステージで発表するおまつり)、
高学年キャンプ(小4〜社会人までの縦割り班で、遊びから買い出し・
調理まで一緒に考え、子どもたちの力で作り上げるキャンプ)等、
会全体での活動もあるそうです。
これらも、毎年実施するかどうかということから話し合い、
実行委員を募り取り組んでいるそうです。

子どもも親も、主体性をもったひとりの人間。
少人数での活動を通して、子どもも大人も自由に意見を出して、
ほかの人の声にもしっかり耳を傾ける。
そんな空気を大切にしているからこそ、子どもも大人ものびのびと
成長し、楽しんでいる様子が伝わってきました。


---------------------------------------------------
日進・東郷おやこ劇場
TEL  0561-72-0203
e-mail nissin.oyako@gmail.com
http://ai-kodomo.net/aichi-kodomo/kodomo/group0/index.php?id=179
http://oyako.littlestar.jp/


(1) 2 3 4 ... 8 »
サイトマッププライバシーポリシー事務局について
あいち・子どもNPOセンターが制作・運営しています
「あい・こどもネット」は愛知県(海部・尾張・名古屋・知多・西三河・東三河)の子育て・子育ち支援情報を収集したサイトです。
copyright「あい・こどもネット」all rights reserved.