サイト内の情報をキーワードで検索
私たちは愛知の子育てを応援しています!
  • 名古屋おやこセンターバナー
  • らららルーム
もどる   がんばる人みっけ!
あい・こどもネットの登録団体を、情報案内人が訪問し、どんな人たちが、どのような思いで、どのような活動をされているのかをレポートします。
いのちと性を伝える出前講座はぐ
投稿日時: 2014-10-30 (1754 ヒット)

いのちと性を伝える出前講座はぐ
取材日:2014年10月23日
お話をうかがった人:いのちと性を伝える出前講座はぐ 代表 多川三紀子さん



今回、心理カウンセラーであり思春期保健相談士(日本家族計画協会の
認定資格)である多川さんにお話をうかがってきました。
笑顔がとても素敵な多川さん。以前は学校で養護教諭をしていました。

なにか新しいことがやりたい!と、養護教諭の仕事を早期退職し、
思春期保健相談士の仲間と一緒に「いのちと生を伝える出前講座はぐ」
(以下、「はぐ」と表記。)の活動をスタートさせたそうです。

「はぐ」は、2003年9月発足。
思春期保健相談士、保健師、助産師、養護教諭、看護学校教員等さまざまな職種の人が集まって、
名古屋を中心に活動しています。
主な活動目的・活動内容は、子どもが思春期を迎えるにあたって、性と生を自分のこととして考え、
幸せな人生設計を送るための自己決定力・判断力を育てることを支援します。
そのために性の健康について正しい知識を知ることの大切さや、生命の神秘・誕生の感動、
いのちの大切さを子どもと大人に伝える出前講座を実施しています。

親や担任の先生だとなかなかうまく伝えられないことを、
手作りの教材や体験活動を組み合わせ分かりやすく説明しています。
例えば、命のはじまり「受精卵」について。
大きな図で説明をした後、針で穴を開けた画用紙を配り、光に透かして見てみます。
「今お話した受精卵、本当はこの大きさなんですよ。」
子どもたちは驚きの声をあげます。何度も上を見て、光る小さな点を見つめます。
他にも、子宮袋を使った生まれる体験・模擬沐浴・妊婦体験。赤ちゃんだっこ体験などを行っています。

当初は、「こちらから話をしに行きますよ!」という意味で「出前講座」と名付けたのですが、
現在では多くの学校から講座の依頼が来て、忙しすぎて参ってしまうくらいだそうです。
いのちの大切さ、正しい性の知識について話してほしい等、依頼された講座のテーマや対象者の年齢に
合わせながら「はぐ」が大事にしているキーワードは、「思春期」。
体の変化とともに起こる心の変化も伝え、「大人になるということ」について話をしているそうです。










また、思春期の子どもたちへの講座だけでなく、親や教師を対象に子どもが思春期を迎えた時に、
性について自然体で話せる関係づくりを考える講座も実施しています。

時代の変化に伴いやり方は変わるかもしれないけれど、
やれる限りは活動を続けていきたいと、
多川さんはお話してくださいました。

取材をしていて、多川さんの温かく優しい人柄が伝わってきました。
誰もが経験する思春期ですが、説明するとなるとなかなかうまくできないものだと思います。
それを正しい知識を備えた専門家の方から分かりやすく伝えていただけることは、
子どもたちが大人になる上でとても大きな意味があるのだと感じました。
思春期を迎える子どもたちの「これから」を支える活動を、応援しています。

【連絡先】
いのちと生を伝える出前講座 はぐ
〒460-0012
名古屋市中区千代田二丁目16-10 アーバニア鶴舞第2-310
TEL 052-737-7980
FAX 052-737-7981
E-mail hagu@moon.dti2.ne.jp
http://ai-kodomo.net/aichi-kodomo/kodomo/group0/index.php?id=197


印刷用ページ 

サイトマッププライバシーポリシー事務局について
あいち・子どもNPOセンターが制作・運営しています
「あい・こどもネット」は愛知県(海部・尾張・名古屋・知多・西三河・東三河)の子育て・子育ち支援情報を収集したサイトです。
copyright「あい・こどもネット」all rights reserved.