サイト内の情報をキーワードで検索
私たちは愛知の子育てを応援しています!
  • 名古屋おやこセンターバナー
  • らららルーム
もどる   がんばる人みっけ!
あい・こどもネットの登録団体を、情報案内人が訪問し、どんな人たちが、どのような思いで、どのような活動をされているのかをレポートします。
トルシーダ = 応援!
投稿日時: 2014-10-07 (1424 ヒット)

取材日: 2014年10月2日
お話をうかがった人: NPO法人トルシーダ 代表 伊東浄江さん

浄水駅からバスにのって約10分。
外国語で書かれた看板がちらほらとみられるような
異国情緒ある団地が見えてきます。


そんな団地の中心部に「トルシーダ」はあります。

「トルシーダ」は、外国につながる子どもたちの「居場所づくり」をしています。
ここにはブラジルを始め、中国やフィリピン、ペルーなど
様々な国から来た子どもたちがおり、
実際に取材中、様々なことばが聞こえてきました。

伊東さんはもともと、日本語を教えるボランティアをされていました。


その中で、家族で出入国を繰り返すことで継続的な教育を受けられず、
母国語でも日本語でも学力をつける機会を得られていない子どもたちがいることを知り、活動を始められたそうです。

ボランティアによる短期集中日本語講座から始まり、
2003年からNPO法人トルシーダとなりました。
日本語教室を中心とした幅広い活動とともに情報発信を続け、
これまでに行政からの委託事業も数多く行っています。

子どものための日本語教室CSNもその1つです。
日本の学校へ通っていない外国籍の子どもが日本語を学び、
昼間安心していられる居場所づくりを目指しています。
家庭科や技術といった授業がない国から来た子どもたちのために、
農作業を体験するといった体験学習も行っているとのこと。


今回、実際に日本語教室CSNの様子を見学させていただくことができました。
日本語のレベルによって大きく3つのグループに分かれていますが、
どのクラスもみんなリラックスして楽しそうに勉強している姿がありました。


1つのクラスの子どもたちに、将来何になりたい?と尋ねてみたところ、
「看護師」「デザイナー」「建築士」など日本語で教えてくれました。
一生懸命伝えようとする思いがとても印象的でした。
実際にここの卒業生には、中学や高校、中には大学に進学した
子どもたちもいます。

トルシーダとは、ポルトガル語で「応援」。
学校に行きたくても日本語が難しいために行けない子どもたちがいることを初めて知りました。
まずは知ることが子どもたちを「トルシーダ」するための第一歩なのかなと思いました。
みんなで「トルシーダ」してみませんか?

[information]
NPO法人トルシーダ
TEL/FAX  090-6462-3867 (日本語:湯原) 
TEL 080-3283-2395 (ポルトガル語:小寺)
Email torcidajpjp@yahoo.co.jp
http://torcida.jimdo.com/
http://ai-kodomo.net/aichi-kodomo/kodomo/group0/index.php?id=147


印刷用ページ 

サイトマッププライバシーポリシー事務局について
あいち・子どもNPOセンターが制作・運営しています
「あい・こどもネット」は愛知県(海部・尾張・名古屋・知多・西三河・東三河)の子育て・子育ち支援情報を収集したサイトです。
copyright「あい・こどもネット」all rights reserved.