サイト内の情報をキーワードで検索
私たちは愛知の子育てを応援しています!
  • 名古屋おやこセンターバナー
  • らららルーム
もどる   がんばる人みっけ!
あい・こどもネットの登録団体を、情報案内人が訪問し、どんな人たちが、どのような思いで、どのような活動をされているのかをレポートします。
NPO法人こころとまなびどっとこむ
投稿日時: 2014-09-18 (2082 ヒット)

取材日:平成26年9月11日
お話をうかがった人:理事 尾崎昭房さん

名古屋駅から歩いて約5分、KTC中央高等学院名古屋キャンパス内にある、
NPO法人こころとまなびどっとこむの尾崎さんにお話を伺いました。


こころとまなびどっとこむは、主に高校生のサポートをしているKTC中央高等学院設立の後、より広く不登校の小中学生やその家族を支援することを目的として、2003年10月に設立されました。

法人の活動としては主に、子どもと保護者の相談会、心理支援、進路情報の提供などを行っています。また、設立から4年目の頃にはフリースクールの運営も開始しました。
設立から数年の間は地道な広報活動が続いたそうですが、徐々に相談も増え、支援してくれる人々も集まって来てくれたそうです。

現在では、春日井、一宮、津島の保健所と共催で、子どもと家族、支援団体などが集まり意見交換等をすることができる場として、「不登校・ひきこもりフォーラム」を開催しています。このフォーラムでは、不登校を経験した子どもや家族の経験談を聞くことができ、また世代別のグループに分かれて互いに話し合ったりすることができます。保護者(主に母親)がこうした場で、今まで誰にも相談できずに一人で抱え込んでしまっていた悩みや不安を打ち明けることで心に余裕ができることで、子どもにもエネルギーが戻ってくるそうです。

そして、エネルギーが貯まり、家では元気が出てきた子どもたちの、家の外での居場所が欲しいという保護者の声を受けて、フリースクールを開室したそうです。フリースクールに通い始めた子どもは通室率も高く、どんどんエネルギーを貯めていくそうです。エネルギーを貯めた子どもたちは、それぞれの居場所を求めて、中学校に復帰したり、フリースクールを卒業して全日制、定時制の高校やKTC中央高等学院に入学したりして挑戦し始め、これまでに約100人が巣立っていったそうです。




また、「1000の居場所づくりプロジェクト」と題して、講師を招いて研修会を開いたり、子どもや若者、その家族を支援するサポーターの養成をしたり、屋久島ホリスティック体験ツアーを企画したりして、子どもたちとその家族を支援する環境づくりの取組みも行っているそうです。
11月には名古屋市でも「不登校フォーラム」を開催するとのことで、可能な範囲で少しずつ活動を進めていきたいとのことでした。


(左)こころとまなびどっとこむで活躍されている
   尾崎さんと熊崎さん


【連絡先】
NPO法人こころとまなびどっとこむ
〒453-0015 名古屋市中村区椿町12-7
TEL 052-452-1136
http://www.f-kokorotomanabi.com
http://ai-kodomo.net/aichi-kodomo/kodomo/group0/index.php?id=78


印刷用ページ 

サイトマッププライバシーポリシー事務局について
あいち・子どもNPOセンターが制作・運営しています
「あい・こどもネット」は愛知県(海部・尾張・名古屋・知多・西三河・東三河)の子育て・子育ち支援情報を収集したサイトです。
copyright「あい・こどもネット」all rights reserved.