サイト内の情報をキーワードで検索
私たちは愛知の子育てを応援しています!
  • 名古屋おやこセンターバナー
  • らららルーム
もどる   イベント案内
カレンダーで確認
地域区分:西三河
担当者 aikodomo 登録日時 2018.09.05 16:47 (66 ヒット)

日時:11月10日(土)14:00〜15:30
会場:岡崎市せきれいホール(岡崎市朝日町3丁目36-5)
定員:500 名(先着順)
事前予約の有無:氏名、住所(豊田市、岡崎市、その他)、所属・職種(一般、教員・保育士、保護者、民生・児童委員、行政関係、その他)、連絡先(昼間連絡の取れる番号)を明記の上、FAXまたはメールでお申し込みください。
*参加証はお送りしませんので、そのまま会場へお越しください
参加費:無料
お問い合わせ先:特定非営利活動法人 あいちCAPプラス事務局
FAX : 0565-80-4930 Mail : aichi-cap@lily.ocn.ne.jp
http://www.geocities.jp/a_cap_plus/

地域のつながりが希薄になってきている昨今、子どももおとなも<安心してSOSを出せる>地域をつくっていくことがいま求められているのではないでしょうか。
子どもの虐待や、いじめ、ひきこもりなどのテーマを追い続けてきたルポライターの杉山春さんからお話をお聞きし、いま私たちに何ができるのか、一緒に考えましょう。


講師 杉山 春(すぎやま はる)さん

1958年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。
子育てや親子問題、あるいは子殺しなどをテーマに取材・執筆。著書に、『満州女塾』(新潮社)、『ネグ レクト 育児放棄 真奈ちゃんはなぜ死んだか』(小学館。第十一回小学館ノンフィクション大賞受 賞作)。さらに2012年に大阪で二人の子どもが餓死させられた事件を取り上げ、表面的なマスコミ報道ではうかがい知れない掘り下げ方で『ルポ虐待大阪二児置き去り死事件』(ちくま新書)を書き上げ、子どもの虐待問題の根底にあるものをあぶりだした。
他に『移民還流』(新潮社)、『家族幻想「ひきこもり」から問う』(ちくま新書)など。最新刊は『児童虐待から考える社会は家族に何を強いてきたか』(朝日新書)。

サイトマッププライバシーポリシー事務局について
あいち・子どもNPOセンターが制作・運営しています
「あい・こどもネット」は愛知県(海部・尾張・名古屋・知多・西三河・東三河)の子育て・子育ち支援情報を収集したサイトです。
copyright「あい・こどもネット」all rights reserved.